子持ちのメールレディは注意!「ノンアダで安全に稼げる」体験談の嘘

子持ちのメールレディは注意

メールレディなら、子持ちの主婦でも簡単に稼げる!

ネット上にはそんな体験談・口コミが多いです。でもちょっと待ってください。

在宅ワークでそんな簡単に収入を稼げるなら、子持ちのママさんがすでに100万人くらい、メールレディをやっているはず…。

しかし実際には、子持ちのメールレディはそんなに多くありません

体験談のどこかに「」があるのです。
◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部

ノンアダルト専門サイトは稼げない!

子持ちの女性は、「ノンアダルト専門のサイト」に登録する方が多いようです。

例えば、「モバジョブ」や「ライブでゴーゴー」、「Eazy(イージー)」この3サイトが有名です。

子持ちの主婦だからエッチなことはしたくない…

その気持ちは分かります。
ノンアダ専門サイトに人気が集中するのも無理はありません。

しかし!
ノンアダのサイトやアプリにはデメリットもあります。

それは、

若い女性が多く、容姿のレベルが高い
メールの報酬が安い
男性会員が少ない=メールの数が少ない

以上つのポイント。

…こんな風に書いても、まだピントこないかもしれません。

主婦が稼げない(稼ぎにくい)理由を、詳しく説明していきますね。

若い女性が多く、容姿のレベルが高い

子持ちでメールレディを始めたい方の多くは、20代半ば~30代前半くらいの年齢だと思います。中には40代の方もいるかもしれません。

しかしノンアダルト専門サイトに登録している女性は、10代後半~20代前半がメイン。
若い女性が多いんです。

しかも美人が多くて、お客の争奪戦が厳しい…
よっぽど容姿に自信がある女性じゃないと、なかなかメールをゲットできません。

子持ちのメールレディは、年齢的に不利。
主婦をしながら安定した収入を稼げる女性となると、ほんの一握りしかいません。

メールの報酬が安い

これが一番大きなデメリット
ノンアダ専門アプリはメールの報酬が安いです。

1通受信して10円~20円くらい。

普通、大手のメールレディアプリは1通30円~40円くらいですから、倍以上も報酬に差があります。

一部の売れっ子しかメールを受信できないうえに、報酬も安い…これでは稼げる見込みが非常に薄いです。

男性会員が少ない=メールの数が少ない

実は、ノンアダ専門のサイトって、慢性的に男性会員が不足しています。
エッチな要素が少ないので、男性にとっては魅力に乏しいのかもしれません。

男性が少ないから、当然、メールの数も少ないです。
メールレディの報酬は「メールの数」によって決まるので、これは死活問題。

いくらモバジョブやライブでゴーゴーが大手でも、メールの数が少なければ収入にはつながりません。

それでも「ノンアダで安全に稼げる」体験談が多いのはなぜ?

ネットには、「メールレディをやってみた主婦」の体験談が多いです。

「ノンアダなら安全!」とか、「スマホで副業してます」とか、よく見かけますよね。
ヤフーの知恵袋にもそういう体験談が多いです。

しかし私の知る限り、メールレディの実情はそんなに甘くありません。
子持ちの主婦がノンアダで稼げるほど、簡単な仕事ではないのです。

では、なぜ主婦の体験談(それも成功体験)が多いのでしょうか?

実はネット上の体験談や口コミって、ほとんどが業者の書き込みなんです。
つまり宣伝(ステマ)ニセ情報です。

特にノンアダのサイトは女性が不足しているので、業者による宣伝が盛ん。

「ノンアダで簡単に稼げる」「主婦でも安全」、そんな嘘で女性を集めようと必死です。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

主婦はノンアダではなく「ミックス」系がおすすめ!

先ほども書きましたが、ノンアダは子持ちの主婦にとって厳しいサービスです。

では子持ちの主婦にメールレディは無理なのでしょうか?

実は「主婦の専門サイト」という選択肢があります。

例えば「グラン」や「ファム」では、登録者の多くが30代~40代の主婦。

妊婦・バツイチ・シングルマザーなど、色々な事情を持った女性が、常に数万人ログインしています。

ただし、グランとファムはアダルトもOKのサービス。エッチ目的で登録している男性もいます。

一方で、女性は半分以上がノンアダルト。

アダルトとノンアダルト、両方のサービスに対応しているので、こういうサイトは「ミックス系」と呼ばれます。

主婦がミックス系で働くメリット

グランやファムには、ノンアダルトの欠点がありません。つまり、

① 若い女性が少ない → 年齢を気にせず働ける

② メールの報酬が高額(1通36円~40円) → 高収入を稼ぎやすい

③ 男性会員が多い → メールが頻繁に届く

以上のような魅力があります。

しかも「人妻」「熟女」がコンセプトなので、「主婦大好き」なマニアックな男性が多いです。

ごく一部の「若い女性しか稼げない」ノンアダルトとは違い、子持ちの主婦でも無理なくメールレディを続けられるわけですね。

ファムの口コミ・評判・体験談はこちら!

グランの口コミ・評判・体験談はこちら!

グランとファムのデメリット

ただし、グランやファムにもデメリットがあります。最大の欠点は、エッチなメールが頻繁に届くこと。

アダルトな行為が禁止されていないので、これは我慢するしかありません。

とはいっても、自分が脱ぐ必要はないですし、エッチなメールは無視しても良いです。

エッチなチャットや電話も「着信拒否」できます。

つまり、「ミックス系に登録して、ノンアダルトで働く」方法こそ、メールレディにとっては最も効率の良い稼ぎ方なのですね。

ここまでのまとめ

ノンアダルト専門のサイトは稼げない(稼ぎにくい)

その理由は
① 若い女性に勝てない
② 報酬が安い
③ メールが少ない

「ノンアダで安全に稼げる」という体験談は大半がステマ

子持ちの主婦におすすめなのは「ミックス系」

ミックス系のメリットは
① 若い女性が少ない
② 報酬が高額
③ メールが多い

ただし、ミックス系はエッチなメールが多い

「ミックス系でノンアダルト」な働き方をすれば、一番稼げる(稼ぎやすい)

子持ちの主婦がメールレディをやるメリット

メールレディの体験談を読むと、本当に色々なタイプの女性が働いています。

主婦、妊婦、子持ち、バツイチ、シングルマザー…etc。

彼女たちの多くはノンアダルト。
しかも、メールレディという在宅ワークならではのメリットを上手く活用しています。

例えば、

ノルマがないので、家事や育児の「すきま時間」を利用できる

子持ちの主婦や妊婦に「萌える」マニアから頻繁にメールが届く

メールレディは容姿をごまかせるので、年齢や容姿がハンデにならない

家族と同居していてもメールなら内緒で働ける

産休や育児休暇などを自由に取得できる

以上のようなメリットがあります。

バツイチだから下に見られるとか、子持ちだと採用されないとか、そういう心配もありません。

メールレディは子持ちの主婦に優しい在宅ワーク

最近では、OLさんが副業で始めたり、専業主婦が「お小遣い稼ぎ」のために登録するケースも増えています。

子持ちメールレディの働き方・稼ぎ方

① 子どものいない時間に働く

スマホ片手に働けるメールレディは、子守をしながら働くこともできます。

ただ、メール中は仕事に集中した方が効率的。ときには子どもが邪魔に感じられることもあるかもしれません。

そんな場合は、保育園や幼稚園、または実家などを活用して、「子どものいない時間」を作るようにしましょう。

1人の時間はメールが捗りますし、子どもの目を盗んで働くために労力を割かずに済みます。

しかし場合によっては、保育園や幼稚園の利用料で「赤字」になることも…。
そのあたりの「コスパ」は慎重に考えてくださいね。

ある程度子どもが大きいのなら、他人には預けず、自分が「個室にこもる」、子どもを「外で遊ばせる」などして対応しましょう。

② 夫に内緒にする方法

もし旦那さんがいるなら、メールレディのバイトは内緒にしましょう。
ノンアダでも、男性の理解を得るのは正直厳しいです。

まず、スマホはロックした方が安全。
パスワードをかけて「覗き見」できないようにしましょう。

旦那さんの帰宅後は、着信設定をオフに。
またはマナーモードにする習慣を心がけてください。

③ 確定申告や扶養・母子加算・児童手当などは気にしなくてOK

主婦の収入は、確定申告や扶養に影響します。ただし、メールレディの場合は特に気にしなくても大丈夫。

年収で100万円を超える人はほとんどいませんし、仮に高収入でも問題ありません。

在宅ワークの収入って、税務署も把握してないんです。

確定申告は9割以上の人がしてません。
だから扶養から外される心配もないです。

母子加算や児童手当も同様。
減額されるようなことは、まずないと思います。

つまり、メールレディで毎月数万円~10万円くらい稼いでも、制度上のデメリットは実質ありません。

※ただし、副業や在宅ワークの収入も、本来は確定申告しなくてはなりません。
詳しくは下記ページをご覧ください。
メールレディは年末調整が必要?確定申告は?節税の基礎知識

子持ちの主婦におすすめのサイト一覧(ミックス系)

グラン
ファム
モコム
クレア
ガールズチャット

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部
最終更新日:2020年9月18日

商標登録出願済み 商願2020-035225
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事