• HOME
  • 当サイトの運営方針(専門性・権威性・信頼性 すなわちE-A-T)について

当サイトの運営方針(専門性・権威性・信頼性 すなわちE-A-T)について

  • 在宅ワークといえば低収入
  • 副業の求人は詐欺ばかり

約10年前、当サイトの編集者が直面していた「ITフリーランス」の実態です。

読者に正確な求人情報を伝えるために、私たち編集者は体当たり取材を決行。

ときには詐欺まがいの求人に応募し、「時給200円」の労働環境に甘んじ、「求人広告の裏側」を直に経験してきました。

労働力の「搾取」といっても過言ではない、極端な「買い手市場」がもたらす歪な構造。

とりわけライブチャット業界においては、

女性は低収入でも仕方がない

在宅で働けるのだから、職があるだけでも感謝すべき

そうした価値観が瀰漫(びまん)していました。

メールレディも「E-A-T」が求められる時代に

翻って現在、在宅ワーカーの求人市場は劇的に改善しています。
テレワークの普及に伴い、大手企業の参入も増えてきました。

人生100年時代」を見据えて、国や地方自治体も副業や兼業に基づく「多様な働き方」を推進しています。

【関連サイト及び資料】
総務省 デジタルで支える暮らしと経済
厚生労働省 副業・兼業の現状
内閣府「副業・兼業」の動向

しかし一方で、IT産業は寡占市場が常態化し、多くの企業やサービスが淘汰されました。

個人には「格差」という形で、その余波が暗い影を落としています。

YouTuber」「配信業」といった職業が人口に膾炙する過程で、いつしかそれらは「憧れの職業」となり、人気や収入が階層化し、巨大なピラミッド構造を形成。

競争原理によりコンテンツは洗練されましたが、収益化は困難を極めています。
(収益化に成功するのは、YouTuber全体のうち1割程度に過ぎません)

ライブチャット(メールレディやチャットレディ)業界でも類似の傾向が見られます。

すなわち、雇用環境が改善される一方で、

  • 極端な収入格差(顧客の争奪戦)
  • 高度な専門性
  • 計画的かつ長期的なアプローチ

以上の前提をクリアしてようやく「普通の正社員並み」に収益を確保できる。
これがメールレディやチャットレディの現状です。

数年前まで、

「お小遣い稼ぎ」
「主婦の暇つぶし」
「誰でも気軽に副収入」

といった謳い文句に嘘はありませんでした。

ニッチな需要だからこそ、思いがけず高収入を実現できた女性も(私たち編集者も含め)多くいます。

しかしライブチャットサービスの普及に伴い、人材やコンテンツの質が飛躍的に向上した今、企業間では過当競争が、人材間では能力格差収入格差が顕在化するに至りました。

そうした趨勢の中で、私たち「メールレディ・ハピ」もまた、

  • より正確かつ専門的な情報
  • 広範な知見と経験に基づくデータ
  • 独自取材による一次情報

これらの要件を満たす「E-A-Tに準拠したポータルサイト」としてのあり方が問われています。
すなわち、Googleの「検索品質評価ガイドライン」に提示された、

Expertise(専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)

が要求される分野としてライブチャットが認知された昨今、私たち編集部も厳しく評価・査定される立場にあります。

こうした現状を踏まえて、読者にE-A-Tの観点から何を保証できるのか、また、
メールレディやチャットレディに必要な「E-A-T」とは何か、当サイトの指針を以下に示します。

当サイトのExpertise(専門性)について

優秀なメールレディやチャットレディは、コミュニケーションのエキスパートです。

メールやチャットを通じて、時に癒しを、時に会話の愉悦を、そして性的な充足を、顧客にサービスとして提供する。

当サイトの専門性は、そのノウハウを経験者が執筆し、さらに、読者同士が体験談を共有することで担保されています。

体験談(いわゆる口コミ情報)は、枝葉末節を切り落とし、適宜新しい情報へと更新し、真偽をチェックする等、不断の編集作業が欠かせません。

日進月歩のライブチャット市場においては、スキルやノウハウの急速な陳腐化も避けられず、記事の執筆者も日々、専門性のアップデートが要求されます。

こうした読者の需要を満たすため、私たち編集者は、実際に求人へ応募し、働き、現役のメールレディにコンタクトを取り、より「広く」「深く」、スマートフォン向け在宅ワークの市場の「今」を詳報しています。

 

当サイトのAuthoritativeness(権威性)について

ライブチャットの求人市場は、様々な「建前」や「綺麗事」によって、実態を把握しづらい傾向にあります。

  • 誰でも気軽に
  • 自宅で簡単に
  • 未経験でも高収入

という風に謳われ、実際の就労環境や待遇と大きく乖離した求人広告が後を絶ちません。

そのような求人情報を発信しているのは「誰」か?

広告主であるライブチャット事業者に迎合し、甘言を弄し、詐欺まがいの求人情報ばかり提供しているのは、いわゆる「アフィリエイトサイト」です。

そうしたサイトの運営者(アフィリエイター)は、在宅ワーカーの厳しい側面には言及せず、極端な成功例や美辞麗句ばかりを喧伝します。

「月収100万円以上」「学歴・職歴不問」「やりがい」「自己実現」…

いわば誇大広告と紙一重の、求職者との情報格差を悪用した不作為の嘘(事実をあえて告げない宣伝手法)が、在宅ワーカーの間に混乱を招いています。

例えば、広告事業者が故意に言及しないメールレディやチャットレディの「不都合な実態」「求人市場のハードル」として、以下のような資質(前提条件)が挙げられます。

  • 人並み外れた容姿
  • 10代~20代であること
  • 徹底した自己管理と類稀なストレス耐性
  • 自己陶冶や工夫を怠らない積極性
  • タレントやアイドルと同等のコミュニケーションスキル

上記のうち1つか2つの条件を満たすことができれば(たとえその他のスキルや資質に不足があっても)、求職者の過半は、在宅で高収入を得るチャンスに恵まれるでしょう。

逆に言えば、ライブチャットは間違いなく「人を選ぶ」職業です。
適性のある求職者にとっては、まさに天職。

一方で、対人スキルやITリテラシーに問題がある女性は(性的にも金銭的にも)、搾取の構造に飲み込まれてしまう危険性を孕んでいます。

しかしもちろん、才能や条件の不足はノウハウによって代替できる部分もあり、メールレディやチャットレディも例外ではありません。

  • 取り立てて美人でもなく
  • 30代~40代以上の年齢で
  • あくまでマイペースに、ストレスフリーな環境で
  • 一般常識やマナーを踏まえ、過不足なく意思の疎通ができる

そんな「普通の女性」が、安定した収入を確保し、安全かつ健全な日々を実現できるよう、必要な技能の習熟をサポートし、回避可能なリスクの周知に努めること。

在宅ワークの市場で切実に求められているのは、いわば「普通のアルバイト」レベルの常識が通用する、真っ当な雇用環境およびその支援体制です。

雇用環境の改善は市場の原理や行政の施策に譲る他ないとしても、求職者の良き助言者たり得る「誰」かは、ポータルサイトやSNSの力を借りて、緩やかな集合知を発揮できるのではないか?

そのように考えたとき、私たち編集部は、先達としての権威性を軸に、さらには豊富な経験や取材力を糧として、日本最大級のライブチャット情報ポータルサイト「メールレディ・ハピ」を開設するに至りました。

在宅ワーク求職者の縁(よすが)となるべき安全性、信頼性、権威性の欠如は、尚もその求人市場に不正と不審を招いています。

しかし、私たち「メールレディ・ハピ」が活動を開始して約10年が経過した今、業界の自浄作用と政財官の取り組みや数々の規制によって、ようやく「普通のアルバイト」が在宅で可能となりました。

※その間、当サイトはGoogleの検索ランキングにおいて、単体ワード「メールレディ」「チャットレディ」「テレフォンレディ」1位~5位のいずれかを維持

微力ながらその一助となれたことは、当サイトの誇りであり、読者の皆さんに自信をもってお示しできる確かなブランドであると自負しています。

【関連(参考)サイト】
テレワーク モデル就業規則 – 厚生労働省
テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン 厚生労働省
副業・兼業の促進に関するガイドライン 厚生労働省

当サイトのTrustworthiness(信頼性)について

求人情報は「高単価な広告商材」として、メディア間での癒着を招きやすい側面を有しています。

メールレディやチャットレディの求人サイトにおいても、ステルスマーケティングが横行する現在、正確な「労働条件の実態」を把握することは困難です。

「評判」が操作され、「口コミ」が粉飾され、「体験談」さえフィクションによって捏造されています。

昨今ようやく「ステマ規制」の必要性が議論されるようになりましたが、テレビや新聞などの大手メディアすら商業主義の桎梏(しっこく)から逃れられない以上、まして個人の運営するアフィリエイトサイトが、打算的な姿勢を改めると楽観することはできません。

ネットメディアについては、かねてからその不透明性、匿名性、そしてSNSなどを通じた無責任・野放図な伝播力が問題視されてきました。

しかしながら、匿名性はときにユーザーの間に安心感を喚起し、暴力的なまでの拡散性も(いわゆる「炎上」などのリスクを孕むにせよ)効率的な情報の発信機能として次第に洗練され、新たなコンテンツとマネタイズの可能性を提供し続けています。

私たちメールレディ・ハピ編集部は、サービス開始当初より、ネットメディアの有するこれら「信頼性と匿名性のジレンマ」「新規性と加害性のゼロサム関係」に自覚的であり続けてきました。

利益至上主義が情報格差のもたらす危険性を覆い隠してしまうとき、そこにステルスマーケティングの侵入する余地が生まれる。

そのリスクを指摘・啓蒙し、専ら質の高い求人情報や、確かな経験に基づくハウツー記事のみ、厳選して提供する。

以上の命題を当サイトの指針として掲げ、編集者一同、個人情報保護法に則ったプライバシーポリシーの遵守と、消費者目線に立った客観的な情報の収集・分析に努めています。

例えば、数々のアンケートを実施する過程においては、統計的な事実を優先的に提示し、他の競合メディアとは一線を画した「読者参加型の信頼性」を担保しています。

また、賛否の別れるテーマに関しては両論を併記し、広告媒体に対してはその旨を明示し、より客観的なコンテンツのあり方を模索してきました。

さらに、当社はかねてよりSDGs(持続可能な開発目標)と在宅ワークの間に親和性・将来性を見出し、「貧困をなくす」「ジェンダー平等の実現」「働きがいの創出」といった観点から、過度な広告の代理業務、人材の斡旋行為等とは距離を置いています。

ときには採算性や経済合理性を度外視してでも、あくまで当事者意識に基づいた、CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)を全うしたい。

そのような理念を掲げるに至った経緯については、以下のページに記しています。
あわせてご一読ください。

【関連(参考)サイト】
メールレディ・ハピ とは
第1回 ステルスマーケティングに関する検討会(2022年9月16日) 消費者庁
女性と持続可能な開発目標(SDGs)

メールレディ・ハピ 編集部株式会社ユーテック
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています
最終更新日:2022年12月4日

※メールレディハピは、株式会社ユーテックの登録商標です 【登録商標 第6293416号