メールレディが日払いで稼げる!大手求人の最低支払額ランキング

日払いで稼げるメールレディ

メールレディの大きな魅力は「日払い」で報酬を稼げること。
その日稼いだお給料をすぐ受け取れます。

ただしデメリットに注意。
日払い対応のサイトには、共通するデメリットがあります。例えば、

振込手数料
タイムラグ
最低支払額

など、知らないと損をしたり、「振込できない!」とパニックになってしまう人も。

「振込が早い」「稼ぎやすい」大手求人のランキングと合わせて、まずは日払いのデメリットから見ていきます。

※当サイトで紹介しているサービスは、全サイト「メールのみ」で稼げる求人です

※日払い対応のことを「自由精算」と表記しているサイトもありますが、意味は同じです
◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:ちはる

日払いのデメリット

デメリット① 振込のたびに手数料がかかる

メールレディの報酬は、銀行口座への振込が一般的。そのため振込のたびに「手数料」がかかります。

金額は数百円~500円程度。

たいした金額ではありませんが、「チリも積もれば山となる」点に注意。

日払いで「報酬を受け取る回数が増えれば増える」ほど、多額の手数料が発生します。

例えば毎週振込すると、1ヵ月で「500円×4回 = 2,000円以上」の手数料がかかることに。

手数料を節約したいなら、振込の回数を減らした方がお得です。

デメリット② 金銭感覚が狂いやすい

好きなタイミングで報酬を受け取れるメールレディには、「月末のピンチ」がありません。

必要なときに必要なだけ、稼いだ分だけお金を使えます。
だからこそ「金銭感覚の乱れ」に注意。

つい贅沢をしてしまう人が多いです。
稼いだ分だけ使ってしまって、「明日また稼げばいいや」となりがち。

順調に稼げている人ほど陥りやすいデメリットです。

デメリット③ 実際の支払いは手続きの1~2日後

「日払い」という言葉には、「その日稼いだ分を即日受け取れる」イメージがあります。
しかし実際は違います。

日払い(自由精算)を選択しても、報酬を受け取れるのは翌日または2日後。

週末をはさむと、銀行が休業のため振込は月曜日以降になります。
※通勤タイプの求人は例外。その日稼いだ報酬を「即日手渡し」で受け取れます

デメリット④ 「最低支払額」を超えないと振込できない

メールレディの報酬は、合計額が「一定の金額」を超えるまで振込できません。

その金額を「最低支払額」と言います。
最低支払額はサイトによって様々。

例えば最低支払額が5,000円のサイトでは、

稼いだ報酬の合計額が5,000円を超える ⇒ 振込手続き ⇒ 手数料で500円引かれる ⇒ 実際に振り込まれるのは4,500円

という流れが一般的です。

口座を登録する方法はこちら。
メールレディの給料は銀行に振込!口座を登録する方法と手数料

大手求人の最低支払額ランキング

最低支払額は、各サイトによって違います。
金額が少ないほど「すぐ受け取れる」ので、日払いを利用するときに便利。

「すぐにお金が欲しい」という方は、「最低支払額の低い求人」に応募しましょう。

日払い対応の大手求人をランキングにまとめました。
ランキングのポイントは、

稼ぎやすさ(メールのみで稼げる金額の多さ)
振込の早さ
最低支払額
手数料の安さ

総合的に見て、
メールレディ初心者がすぐにお金を受け取れるサイト
を上位にしました。
※振込手数料は税込みです

1位 キューティーワーク

最低支払額 1,000円
手数料 110円(3万円以上の振込は330円)
支払日 翌日
メール1通の報酬 20円

最低支払額が「最も安い」求人サイト。
三菱東京UFJ銀行を利用すると、手数料も110円です。
※送金アプリのプリン(pring)を利用した場合も110円。
その他の銀行は手数料550円。

日額1,000円くらいなら、メールレディ初心者でも無理なく稼げる金額。
今すぐお金が欲しい!」という方は、キューティーワークに応募しましょう♪

2位 クレア

最低支払額 5,000円
手数料 550円
支払日 翌々日
メール1通の報酬 40円

メールの報酬は国内最高額。キューティーワークの2倍です。
メールレディを長く続けたい方、週払いや月払いを検討している方にはクレアがおすすめ。

クレアは「最大手の求人」なので、お給料は確実・安全に入金されます♪

3位 ライブでゴーゴー

最低支払額 5,000円
手数料 525円
支払日 翌日
メール1通の報酬 35円

メールレディ初心者に一番人気の求人サイト。
完全ノンアダルト」「メールのみOK」です。
エッチな行為は男女ともに禁止。振込が早いのも魅力です♪

4位 ビーボ

最低支払額 5,000円
手数料 550円
支払日 翌日
メール1通の報酬 32円

チャットアプリとして有名なビーボですが、メールレディも多数。

メールの報酬も高額で、振込も早いです。
「顔出しなし」「メールのみ」「SNS」色々な稼ぎ方ができますよ♪

5位 グラン

最低支払額 5,000円
手数料 550円
支払日 翌々日
メール1通の報酬 40円

「30代~40代」「主婦向け」の大手求人といえばグラン。
メールの報酬はクレアと同じで国内最高額です。

最低支払額を「最短で稼げる」サイトの一つ。
安全・確実に入金される「長年の運営実績」もおすすめの理由です。

6位 キャンディトーク

最低支払額 5,000円
手数料 550円
支払日 翌々日
メール1通の報酬 40円

クレアとグランの姉妹サイト。同じ会社が運営してます。
メールの報酬額・最低支払額・手数料ともに3サイト同額。支払日も同じです。

ただし「届くメールの数」に少し差があるので、この順位となりました。
※メールが多いのは、クレア > グラン > キャンディトークの順

7位 ガールズチャット

最低支払額 5,500円
手数料 525円
支払日 翌々日
メール1通の報酬 35円

メールより「SNSで稼ぐ」イメージが強いサイト。20代の女性が多いです。
求人には30代でも応募できますが、年齢は「サバ読み」した方が良さそう。

プロフにウソを書いても、報酬が没収されたりすることはありません。
※ただし登録時だけは本当の年齢を記入してください!

8位 モコム

最低支払額 6,050円
手数料 220円~330円(楽天銀行なら50円)
支払日 翌々日
メール1通の報酬 15円

最低支払額は6,050円と高めですが、振込手数料が安いモコム。
楽天銀行を利用すればたったの50円です♪

メールの報酬は15円と安めですが、その分大量のメールが届きます!

9位 ファム

最低支払額 6,050円
手数料 220円~330円(楽天銀行なら50円)
支払日 翌々日
メール1通の報酬 36円

楽天銀行に口座を持っている方は、ぜひモコムとファムの両方に登録しましょう。

週払いでも手数料を合計1,000円節約できます(1ヵ月で4,000円、1年で約5万円)!

30代~40代のメールレディからは一番人気のサイト。主婦やママさんにおすすめです♪

10位 ベリー、モアなど

サイトを「掛け持ち」する時の候補としておすすめ。報酬を「Amazonギフト券」で受け取ることもできます。
※最低支払額541円から

おすすめサイトの一覧はこちらで詳しく紹介してます。

おすすめの求人情報一覧はこちら

振込手数料を節約する方法

方法①「週払い」や「月払い」にする

振込手数料は「振込の回数が少ない」ほど節約できます。

メールレディは自由精算が基本。
「週払い」や「月払い」も選べます。
振込の回数はできるだけ減らしましょう。

「数ヵ月~半年に1回の振込」を選ぶのもおすすめです。

方法② 手数料の安い銀行に口座を作る

サイトによっては、振込手数料が銀行によって違います。
例えばモコムやファム。楽天銀行を利用すると手数料が50円になります。

ついでに楽天カードも作って5,000~8,000円分のポイントもゲットしましょう!

楽天銀行はネット上で手続き可能。
通帳もないので「親バレ」「家族バレ」予防にも最適です。

方法③ 報酬をアマゾンのポイント(ギフトカード)やプレゼントで受け取る

メールレディの中級~上級者が実践している裏技。
お客にプレゼントやギフトカードを「おねだり」しましょう(笑)

例えば「Amazonギフト券」なら、手数料0円。全額が「Amazonポイント」としてチャージされます。

手順

お客にコンビニでAmazonギフト券を購入してもらう

メールで「ギフト券番号」を教えてもらう

あなたのAmazonアカウントにログインして番号を入力

Amazonポイントのチャージが完了します

受け取ったプレゼントやギフト番号を「転売」するのもおすすめ。
メルカリ等で簡単に売れます♪

メールレディは他にも稼げる方法があります。
詳しい稼ぎ方はこちら。
メルレの稼ぎ方30種類!「メールのみで月3万」の壁を突破するコツ

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:ちはる
最終更新日:2020年8月5日
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事