「メールガールは安全」の落し穴!危険な理由と求人の実態

メールガールは安全の落し穴!

『安全な在宅ワーク』として人気のメールガール

しかしネット上では、

「女性向けの求人は危ない」
「危険な詐欺サイトが多い」

といった口コミも少なくありません。

実態はどうなのでしょうか。
体験談から分かる『メールガールの落とし穴』とは?

その「注意点」や「危険性」を詳しく見ていきます。
◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:ちはる

詐欺の被害や危険性は?求人に応募しても安全な理由

在宅ワークに関しては「求人詐欺」「副業詐欺」などの被害が多発。
例えば、

・求人に応募したら、費用や手数料を請求された
・資格が必要だと言われて、高価な教材や商材を買わされた
・PRに必要な「WEBサイトの制作費」を負担しろと言われた

そんな形で「お金を騙し取られる」トラブルが頻発しています。

しかしメールガールは別。
求人に応募しても「無料」なので、被害に遭うリスクがありません。

「メールガールは安全」といわれる最大の理由がこれ。
「無料なので詐欺の危険性がない」と覚えておきましょう。

ただし油断は禁物。

メールガールは時々「詐欺メール」を受信する危険性があります!

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

悪徳業者から届く「詐欺メール」の中身。「おいしい話」の落し穴

「もっと稼げるサイトがあります。登録しませんか?」
「相談に応じてくれたお礼をさせてください」
「援助したいので、振込先を教えてほしい」

そんな内容のメールを受信したら要注意。
確実に「詐欺メール」です。

「ポイントの購入を促すメール」や「システム利用料を請求してくるメール」も詐欺。
お金を騙し取ろうとする「迷惑メール」の典型です。

つい「私は騙されない」と考えがちですが、そんな女性ほど危険。
中にはお客のフリをして、巧妙に詐欺を働く「プロの悪徳業者」もいます。

「おいしい話」にはくれぐれもご注意を…。

個人情報は安全なの?メールガールの匿名性とセキュリティ

メールガールの安全性を支えるのは、ネット上のセキュリティ。

個人情報は厳重に管理され、「個人を特定できない」仕組みが用意されています。
その特徴は、

・匿名性が高い(本名や年齢は非公開)
・住所、メールアドレス、電話番号も非公開
・ネット上で「顔出し」せずに働ける

という風に、徹底した「身バレ対策」がメリットです。

「メールガールはアドレスを公開する必要がある」
「お客にメールアドレスがバレたら怖い」
と考える方も多いようですが、その点も安全性は問題なし。

メールガールは専用のアプリやWEBメールを利用します。
なので、プライベート用のアドレスをお客に知られる危険性はありません。

「仕事用のIDがあるから大丈夫」という風に覚えておきましょう。

※大手のサービスほどセキュリティは厳重です。
安全に働きたい方は「有名・大手サイト」への登録をおすすめします。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

身分証明書を提示するから危険?メールガールの「年齢確認」が必要な理由

メールガールの求人に応募する方法は「ネット上での登録手続き」です。
採用率は100%。履歴書も面接も不要です。

ただし、登録手続きを行う際には身分証明書(身分証)の提示が必要。
その種類は、

・保険証
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・住民票
・社員証や学生証

以上の身分証のうち「どれか一つ」を提示すればOKです。

メールガールが身分証の提示を行う理由は「年齢確認」。
国の法律によって「18歳未満の女性は応募できない」決まりになっているためです。

メールガールは「年齢確認があるからこそ安全」です。身分証を提示する方法は

「身分証の写真を送るのは危険!」「個人情報を盗まれる」
メールガールにはそんな評判もあります。

しかし実際には話が逆。
本人確認や身分確認を厳重に行うのは「優良サービス」の証です。

メールガールの求人を募集するためには、国の認可が必要。
その際、法律に従って行われるのが「女性の年齢確認」です。

実際に、有名・大手のサイトは年齢確認が必須。
国の許可を得てサービスが運営されているからです。

なので「身分証なしで登録できる」大手のサイトは存在しません。
働く女性の安全性を確保するためにこそ、こうした確認作業が丁寧に行われています。

でも、身分証を送るのは面倒くさいし…というのも勘違い。
「スマホで撮影して画像を送信するだけ」でOKです。
実際に身分証を郵送したりFAXしたりする必要はありません。

※個人情報の取り扱いについては、必ず各サイト上の、
「プライバシーポリシー」「利用規約」などで詳しく明記されています。
念のため、利用上のルールや注意点など、登録前に一読してみましょう

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

危険な「悪質サイト」の特徴と見分け方① 高収入な求人は危険!

メールガールは、基本的には安全なアルバイト。
しかし、求職者を騙そうとする「悪質サイト」も存在します。

最も多いのが「誇大広告」による求人詐欺。
「月収50万円」「日給1万円以上」とか、そんな求人広告を見かけたら要注意。
高給で女性の登録を促すサイトは危険です。

実際には、メールだけでこれほどの高収入を稼ぐことはできません。
チャットレディやテレフォンレディなどを「掛け持ち」すれば可能ですが…

メールのみでは月収3~5万円前後、時給1,000円くらいが上限だと考えてください。

「ありえない高収入で騙す」手口は、悪徳業者の常套手段。
登録は控えたほうが無難です。

危険な「悪質サイト」の特徴と見分け方② 有料のサイトにも注意!

高額な「手数料」や「登録料」などを請求するサイトも危険。

メールガールは「無料」なのが当たり前です。
「費用ゼロ」で始められるバイトで、お金は仕事中も一切かかりません。
お金を払うことは絶対に避けてください。

もしも何らかの名目で金銭を要求されたら、それは詐欺。
悪質サイトだと考えて間違いありません。例えば、

・「ポイント」の購入
・「会費」や「入会金」
・「利用料」や「手数料」

など、請求されても一切払わないでください。
「費用を請求するのは確実に悪質サイト」だと覚えておきましょう。

※ただし報酬の「振込手数料」はかかります。
金額は数百円程度。報酬から「天引き」されます。
先払いではないので、こちらは警戒しなくてもOKです

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

危険な「悪質サイト」の特徴と見分け方③ 登録しても「稼げない」サイト

メールガールは「報酬が安過ぎるサイト」にも注意。

「メール1通の単価が1円~5円くらいのサイト」には登録しないでください。
働いても稼げないし、時間が無駄になるだけです。

低すぎる報酬は「ブラックバイト」の特徴。
在宅ワークは「時給500円以下」の求人が横行しています。

特に危険なのが「出会い系のサクラ」。
最悪の場合、働いているつもりの女性が「詐欺の加害者」になってしまいます。

求人の実態。安全な求人は限られています

メールガールのバイトが成立する求人サイトは、現在10個くらいしかありません。
※2021年3月時点

「在宅ワーク初心者」や「副業デビュー」する方は要注意。
必ず以下のサイトの中から選びましょう。

・クレア
・モコム
・ライブでゴーゴー
・ビーボ
・エニィ
・ファム
・ガールズチャット
・グラン
・キャンディトーク
・キューティーワーク

これらは全て「スマホ向けサイト」。
画像や音声のコピーができないのでさらに安全・安心です。
映像や写真が「流出する」危険性がありません。

各サイトの詳しい口コミ・評判・体験談はこちら

チャットレディと「兼業」する場合の危険性

お客に顔が見えないメールガールは、「顔バレ」や「身バレ」の危険が少ないです。

そのため「内緒の副業」に最適。家族や友人に秘密で稼ぐことも難しくありません。

ただし、チャットレディと「兼業」する場合には注意が必要。
万が一にも顔から身元を特定されることがないよう、より慎重に行動してください。

安全な稼ぎ方としては「親しい常連さんとだけチャットする」という方法がおすすめ。
まずはメールで仲良なって「信頼できそうなお客とだけチャット」しましょう。

チャットレディは映像を配信する必要があります。
なので、メイクやウィッグを駆使して「変装コーデ」を意識するのもおすすめ。
プロフィールに顔写真を載せる場合も同様です。
「盛ったり」「変装したり」して、身バレ・顔バレの危険性を最小限に抑えましょう。

または徹底的に「相手を選ぶ」「お客を厳選する」働き方を心がけてください。

ライブチャットより匿名性の高い「テレフォンレディ」もおすすめ

匿名性や安全性を重視する女性には「テレフォンレディ」も人気。

「音声だけ」でコミュニケーションするため、顔出しが不要です。
だからチャットレディより安全。「身バレ」「顔バレ」の危険がありません。

「年齢」「容姿」がハンデにならない点もメリット。
メールガールと同じで、いくらでもごまかせてしまいます。

しかも報酬はメールガールの数倍~数十倍。
安全性に加えて、収入の面からもおすすめできます。

おすすめの求人情報一覧はこちら

結論。メールガールは「応募する求人さえ間違えなければ安全」

今回はメールガールの危険性について、やや大袈裟に解説しました。

しかし実際には、メールガールほど安全に働ける在宅ワークは珍しいです。

金銭被害や個人情報流出のリスクは、ほとんどないと考えてOK。
匿名性も抜群なので、「初めての在宅ワーク」「副業デビュー」におすすめです。

ただし、応募する求人だけは「厳選」しましょう。

「大手サイトに登録する」のがメールガールの鉄則。
求人の実態として、

・「本当に稼げる」サイトはごく一部
・ウソの求人広告でお金を騙し取る「詐欺サイト」が存在する
・在宅ワークや副業の求人を募集している「ブラック」企業も多い

以上の点を踏まえて、必ず有名企業のサイトにだけ登録してくださいね。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:ちはる
最終更新日:2021年4月11日

※メールレディハピは、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第6293416号
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事