メールレディで初めての内職!安全・簡単だから主婦にもおすすめ【口コミで1位の理由】

女性の為の簡単内職・口コミ

内職=在宅ワークに興味をお持ちの女性は、以下の点に注意。

「求人詐欺」「副業詐欺」の危険性
報酬が「安過ぎる」求人が多い
未経験だと求人に応募しても採用されない

以上のデメリットを回避できるのが「メールレディ」。
※略称「メルレ

簡単に言うと「男性客のメール相手を務める」アルバイトです。

スマホさえあれば手軽に始められて、しかも非常に安全。
採用率も100%なので、初めての内職におすすめです。

今回はそのメリットや「口コミで評判が良い理由」をご紹介します。
◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部

1.安全・簡単に内職を始めたいならメールレディ! 口コミで高評価の理由とは

自宅で働ける「内職」「在宅ワーク」の求人が増えています。

その中でも特に人気なのがメールレディ。
口コミで高評価の理由は、

スマホだけあれば、手軽に始められる

片手間感覚で働けて、特別な知識や技術は不要

月3万円~5万円を安定して稼げる

採用率100%のサイトが多い

応募が簡単。必要な手続きは全てネット上でできる

応募資格が「女性」で「メールができる」ことだけ

完全に「無料」。費用は1円もかからない
(だから求人詐欺の危険性がなく安全)

仕事内容が簡単。メールのみでもOK

以上のようなメリットがあります。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

2.メールレディの収入はいくら?メールの内容は? 求人に応募するのはどんな女性?

内職というと「低収入」なイメージがありませんか?

でもメールレディで稼げるお給料はなかなかの金額。報酬は出来高払いで、メールの数だけ収入がアップします。

メールの内容はごく普通の日常会話レベルでOK。

相手は「お客」ですが、感覚としては友達とメールをやり取りする感じに近いです。

常連さんがつけば時給換算で1,000円以上を稼げる日も珍しくありません。

しかも求人のハードルが低いです。実際に働いているのは、

資格や学歴に自信がない…
地方に住んでいるから求人が少ない…
車がないので通勤がキツイ…
年齢や容姿に問題が…

そんな女性でも消去法で選べるのがメールレディ。
住んでいる場所やスキルに関係なく、安定した収入を稼げます。

3.メールレディは主婦や学生に人気! 「女性のための内職」と言われる理由

メルレには「ノルマ」がありません。

「シフト」なども存在しないため、「好きなときに好きなだけ」働いてOK。

なので、家事や育児の忙しい「主婦」の方におすすめです。

学費を稼ぎたい「学生」さんにも最適。
実際に口コミでは、10代~40代まで、幅広い年齢層の女性から人気を集めています。

もう若くないから…
なんて「年齢」を気にする必要はありません。

コミュニケーションの手段がメールだけなら、容姿を気にする必要は一切なし。

お客にあなたの顔は見えません。30代~40代になっても無理なく働けます。

もちろん年齢はごまかしてOK。
メイクする必要すらありません。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

4.メールレディの稼ぎ方!家事の合間に。外出中に。片手間で

在宅ワークなら、自宅でテレビを見ながら働いてもOK。
洗濯や掃除をしながらだって働けます。

主婦だから労働時間が限られている」という方にこそおすすめ。

家事や育児を疎かにすることなく、空き時間を有効活用しましょう。

パソコンやインターネットが苦手な方でも大丈夫。スマホ(携帯電話)さえあれば普通に働けます。
※一部サイトは「ガラケー」にも対応してます

定額制のプランにさえ加入していれば、通信費が余分にかかることもありません。

実際に、スマホ片手に外出先で働いている女性もいます。
例えば、通勤電車の中や学校で。主婦の方なら、買い物や子どもの送り迎えの合間に。

「場所や時間を選ばず稼げる」のが、メールレディの大きなメリットです。

5.評判や口コミをチェック!優良サイトの選び方

メールレディを募集しているサイトは数多くあります。

しかし、求人が豊富に存在するからこそ「登録先に迷ってしまう」体験談も多め。
「適当に選ぶ」のは厳禁です。

必ず「稼ぎやすい」「働きやすい」優良サイトを選びましょう。

それが高収入をゲットするための最大の条件です。

ただ、優良サイトの選び方は少し面倒。
ネット上で「口コミ」や「評判」を調べる必要があります。

少し時間はかかりますが、情報収集は正しく行いましょう。

情報源としては、ブログ・SNS・掲示板・質問サイトなどがおすすめ。

「ランキング」や「まとめ」「比較」形式で情報を紹介しているサイトも便利です。

特に役立つのは、メールレディの「体験談」。

稼ぎ方のコツや、求人に応募する際の注意点などが、実体験に基づいて書かれています。

6.簡単なサイトの選び方! 内職の求人は「大手企業のサイトほど稼ぎやすい」

口コミを調べるのが面倒!
今すぐ求人に応募したい

そんな方は、とりあえず有名・大手のサービスに登録すればOK。
安全・確実に仕事をスタートできます。

内職や副業の大手として有名なのは、現在約10サイト。
※金額はメール1通の報酬額です

クレア 40
モコム 15
ライブでゴーゴー 35
ファム 24~36
ガールズチャット 35
エニィ 35
ビーボ(VI-VO) 32
グラン 40
キャンディトーク 40
キューティーワーク 20

以上のサイトに登録すれば、メールレディ初心者でも大丈夫。

高収入を稼げるテクニック、裏技や攻略法などは特に必要ありません。

普通にLINEをやる感覚で、1時間に数百円は稼げてしまいます。

メールレディの体験談や口コミ、おすすめサイトの一覧はこちら。
さらに詳しい情報を掲載しています。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

7.メールレディの稼ぎ方は色々! 「副業」や「掛け持ち」のアルバイトにも最適

働き方の自由度が高いメールレディ。
本業との「掛け持ち」も簡単です。

週末や休日にだけ在宅で働くOL
親に内緒で働く学生
家事の合間に働く主婦

など、様々な人が「初めての内職」にメールレディを選んでいます。

スマホさえあれば働けるので、場所や時間も選びません。

勤務先や家族に「内緒の副業」として始めるのも簡単。匿名性が高く「バレにくい」のも魅力です。

仕事の途絶えがちな「シフト勤務」「派遣社員」の女性にもおすすめ。

空き時間をメールで有効活用しましょう。
他の内職と並行して稼いでもOKです。

本業の時間が不規則な方ほど、ちょっとした「暇つぶし」の手段として最適。

「お小遣い」くらいの副収入なら、毎日1時間のメールできっちり稼げます。

8.メールレディはいつでも休める! いつでも辞められる!

本業が忙しくなってきた…
メールレディは自分に向いてないかも…

そんなときには自由に休めますし、キツイと思ったらいつでも辞められます。

休んでも辞めても、ペナルティなどは一切ありません。
事前の手続きも不要。
マイペースで取り組んでみてください。

そんな「緩さ」もメールレディが高評価の理由です。
仕事に慣れれば「自分に合った働き方」自然に把握できるでしょう。

9.さらに高収入な内職もおすすめ!チャットレディとテレフォンレディ

自宅で高収入を稼ぎたい!
という方には、類似の在宅ワークがおすすめ。

中でも「チャットレディ」と「テレフォンレディ」は、高収入な内職として有名です。

ともに女性向けの内職で、月収20万円以上を期待できる人気のアルバイト。
年収で数百万円を稼ぐ人も全然います。

副業や副収入といったレベルではなく、「本業」として生計を立てられる内職。

「スマホだけ」でこれほど稼げる在宅ワークは他にありません。

仕事の内容は、

チャットレディ ⇒ TV電話で通話する

テレフォンレディ ⇒ 音声のみで通話する

メールレディの求人に応募すれば、内職の種類は自由に選べます。

「メールのみ」で働いても良いし、「チャットのみ」で働いてもOK。
通話とメールを「兼業」することもできます。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

10.メールレディにはデメリットも!口コミで分かりにくい欠点とは

内職に関するアンケートでは、ここ数年間1位を維持しているメールレディ。

口コミでは主に「働きやすさ」「簡単な仕事内容」「安全性」が評価されています。

ただしデメリットもあるため注意。例えば、

◆ メールのみで高収入は稼げない
◆ エッチなメールが届く
◆ 家族に内緒で働くのが面倒
◆ スマホの操作で目が疲れる
◆ 他の内職で稼げるようになると、メールで稼ぐのが馬鹿らしくなる

そんな口コミもあります。
【参考リンク】
メールレディの怖いデメリット10コ!隠れた危険性・被害・トラブル

内職の中でも、特に「向き不向き」が出やすいのがメールレディ。

まずは1サイト登録してみて、自分に適性があるか試してみましょう。

同じサイト内で「メール以外の稼ぎ方」をするのもおすすめです。
【参考リンク】
メールレディの稼ぎ方は?常連客ゲット&収入アップのコツ30種類

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部
最終更新日:2021年10月15日

※メールレディハピは、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第6293416号
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事