メールレディは経費が多いので税金ほぼナシ!簡単な計算方法

メールレディの経費

メールレディで稼いだお金は、課税の対象になります。副業でも在宅ワークでも、税金はかかるのですね。

収入が課税されるということは、「経費」が認められるということ。
経費の仕組みを正しく理解して、賢く節税しましょう。

1.経費とは?

経費とは、仕事に必要なお金(費用)のこと。
例えばメールレディの場合、

スマホ料金
パソコンの購入費用
メイク代や洋服の代金

以上のような出費が経費として考えられます。

2.経費が多いとどうなる?

経費が多ければ多いほど、納税額は少なくなります。つまり、「節税」できます。

ただし、経費は「自己申告」なので、確定申告時に手続きしないと、税務署に認められません。

3.税金を計算する方法は?

まずは、

報酬-経費で「所得」を計算します。

所得から基礎控除の38万円をマイナスします。

税率を掛けます。

最後に、金額に応じた控除額をマイナスします。

単純計算で簡単にまとめると、
(年収-必要経費-38万円)×税率-控除額=納税額
となります。

※所得額が195万円を超えた場合は一定額が控除されます。ただ、メールのみの収入で控除の対象になることはほぼありません。

税率は下記の通り。

所得金額 税率 控除額

195万円未満 5% 0円 ← ほとんどのメールレディはココ!
195万円以上?330万円以下 10% 97,500円
330万円以上?695万円以下 20% 427,500円

4.メールレディの納税額はどれくらい?

実は、ほとんどのメールレディは納税不要です。

確定申告が必要なのは、年間の収入額が38万円以上になった場合。

副業の場合は年収が20万円を超えた場合です。

メールのみでこの金額(年収)を稼ぐ女性は、あまりいません。

ただし、チャットレディやテレフォンレディは高収入なので、兼業すると確定申告(納税)の対象になる人も多いです。

それでも納税額は数千円~数万円程度。
きっちり経費を計上すればさらに「節税」できます。

求人サイト比較一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

5.確定申告&納税しないとどうなる?

ほとんど影響はないと思います。
「税務署にバレる」という心配もないはず。

税務署が取り締まるのは、あくまで年収数百万円~数千万円という高額所得者。
年収数十万円程度なら、確定申告をしなくても99パーセント問題ありません。

ただし、だからといって「確定申告しなくても良い」というわけではありません。

必要な手続きは、きちんと行いましょう。
もし課税されても金額は少額ですし、気持ち的にもスッキリするはずです。

6.実際の計算方法は?

以下に具体例を見ていきます。

①メールレディで毎月3万円を稼ぐ人

3万円 × 12ヵ月 = 年収36万円

年収38万円以下なので非課税。

②毎月5万円を稼ぐ「売れっ子メールレディ」やテレフォンレディ

5万円 × 12ヵ月 = 年収60万円

年収60万円 - 基礎控除38万円 = 課税所得 22万円

課税所得は195万円以下なので、税率は5%

22万円 × 0.05 = 1万1,000円

控除額は0円

所得税は1万1,000円 となります。

③毎月20万円を稼ぐチャットレディやテレフォンレディ

20万円 × 12ヵ月 = 年収240万円

年収240万円 - 基礎控除38万円 = 課税所得 202万円

課税所得は195万円~330万円以下なので、税率は10%

202万円円 × 0.1 =20万2,000円

控除額は97,500円

所得税は20万2,000円 - 97,500円 = 10万4,500円 となります。

求人サイト比較一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

7.経費として計上できる費用の種類は?

上の計算方法では、経費を0円として計上しています。
つまり、経費を計上すれば、さらに税金を安くできるわけですね。

では、メールレディはどんな費用を実際に経費として計上できるのでしょうか?

■スマホ代(スマホ購入費用やパケット料金など)  →  全額経費です!

メールレディにはインターネットやスマホが欠かせません。
したがって、携帯の料金は全額を経費として計上できます。

本当はバイト以外で使うことの方が多いけど…
などと心配しなくても大丈夫。
普通の会社でも、スマホ代は「私用」と「仕事用」で区別なく、全額を「通信費」として計上しています。

確定申告は結構「適当」なのが普通。
1円単位で神経質に考える必要はありません。

■パソコンやカメラなどの購入費  →  10万円まで経費です!

チャットレディやテレフォンレディは、パソコンを利用して働く場合も多いです。
したがって、その購入費用も「消耗品費」として経費に計上できます。

ただし、10万円以上するパソコンは「備品」や「固定資産」となり、「減価償却」という制度の対象に。

減価償却は計算式が難しくなるので、今回はとりあえず無視して、「10万円まで経費にできる」と覚えておきましょう。

「実際にはスマホしか使っていない」場合でも、パソコンを買ったら経費で計上してOK。
税務署はそこまで細かくチェックしないので、まずバレません。

■家賃  →  一部が経費です!

全額は無理ですが、在宅ワークの場合は一部を経費として計上可能です。
働いている時間に応じて、最大で3分の1くらいを計上すると良いでしょう。

例えば、

1日8時間働く場合は24時間÷8時間=3 → 家賃の3分の1が経費

1日3時間働く場合は24時間÷3時間=8 → 家賃の8分の1が経費

といった感じです。

自宅ではなくネットカフェなどで働く場合は、その料金を計上しましょう。

■光熱費  →  一部が経費です!

家賃と同じく、一部を経費として計上できます。
計算方法も家賃の場合と同じです。

■洋服やメイクにかかった費用 →  一部が経費です!

画像や動画を撮影する場合は、その時に着た洋服の購入費用も経費になります。
メイクにかかったお金も同様。
写メやチャットレディで「オシャレ」するなら、必ず計上しましょう。

■通勤して働く場合 →  会社に「丸投げ」してOKです!

通勤タイプの求人では、確定申告や納税額の計算など、特にしなくても大丈夫です。
必要な手続きは、会社が代わりにやってくれるはず。
税金は給料から「天引き」されます。
お給料が「手渡し」される場合でも、何もしなくてOKです。

8.経費を計上するために必要なことは?

経費を計上するためには、ただ口頭で「説明するだけ」では不十分。
必ず「領収書」が必要です。
領収書が費用の「証拠」になって、初めて経費が認められるわけですね。

領収書として使用できるのは、

・レシート

・各種伝票、明細など

・通帳に記載されている各種の金額や詳細

などです。

もし領収書がなくても、「経費を証明できる書類」があればOK。
いずれにしても、「レシートや明細は捨てずに取っておく」ことを
習慣として心がけましょう。

■その他に経費として認められる可能性が高いもの

・カラーコンタクト、ウィッグなどの購入費

・通勤する場合の交通費

・チャット時に使用したソファ、ライト、マイクなどの購入費

経費の判断は、最終的には税務署の担当者が行います。
判断の基準は担当者によって違い、甘い人もいれば厳しい人もいます。

ただ、経費が認められない場合でも、特にペナルティはありません。
ですから「扱いのよく分からないものはとりあえず経費として計上する」、そんな姿勢でOK。

メールレディやチャットレディ程度の収入であれば、それほど厳しく審査されることもないはずです。

※当記事は脱税を推奨するものではありません。納税に関する所定の手続きは正しく行ってください。

求人サイト比較一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

関連記事

  1. メールレディの報酬は即金

    メールレディの報酬は即金・日払いのはずが振り込まれない!

  2. メールレディの給料

    お給料の受け取り方は?入金の方法や手数料について。日払いの注意点

  3. メールレディの報酬

    メールレディが収入・報酬ゲットの仕組みは?お給料の稼ぎ方まとめ

  4. メールレディで稼げる金額

    メールレディのもらえる金額どれくらい?メールのみでいくら稼げる?

  5. メールレディとチャットレディの違い

    メールレディとチャットレディの違いは?仕事内容や収入を比較すると

  6. メールレディはいくら稼げる?

    メールレディはいくら稼げる?本当に稼げるのか計算してみました

  7. メールレディは日払いOK

    メールレディは日払いもOK!報酬受け取りの条件や注意点は

  8. メールレディの報酬が高額なサイト

    メールレディの報酬1通40円!高額な求人サイトのランキング一覧

  9. メールレディで儲かるはウソ

    メールレディで儲かるはウソ!稼げない理由を徹底解説

人気記事ランキング

  1. メールレディ・モコム
  2. メールレディは稼げる?稼げない?
  3. メールレディ・クレア
  4. メールレディ・ファム
  5. メールレディの口コミ
  6. メールレディが怪しい
  7. メールレディ・グラン
  8. ハッピーメール
  9. メールレディのテンプレ
  10. メールレディ・キャンディトーク

ピックアップ記事

  1. メールレディの危険な行動1 危険な行動① 個人情報の扱いと詐欺(サクラ)の求人、架空請求に注意
  2. メールレディの費用 安全・快適に働けるサイトの特徴③ 費用・セキュリティ・誇大広告
  3. チャットレディ チャットレディとは?安全に稼げるおすすめの求人サイトは8つ
  4. メールレディ・ファム メールレディ・ファムの口コミ・評判・体験談
  5. メールレディ誕生の歴史 メールレディの歴史① 誕生のきっかけは出会い系サイト?
  6. 子持ちのメールレディは注意 子持ちのメールレディは注意!「ノンアダで安全に稼げる」体験談の嘘
  7. メールレディの裏側 メールレディの裏側!みんなやってる10のこと…実は危険な方法も
  8. メールレディの営業メール メールレディに登録したらまず営業メール!文章内容のコツと文例

特集記事

  1. メールレディはいくら稼げる?
  2. メールレディのデメリット
  3. メールレディ・ガールズチャット
  4. メールレディの始め方
  5. メールレディってサクラじゃないの?

最近の記事

  1. チャットレディは安全な副業 「チャットレディは安全な副業」のウソ!本当はおすすめできない理由
  2. メールレディの報酬は、現金で支払われるとは限りません。 報酬を受け取る方法は3つあります。 ①ポイントを【お金】に換金するサイト → オススメ! ②ポイントを【商品】と交換するサイト → 現金はもらえません! ③ポイントを【クーポン(楽天ポイントなど)】に交換するサイト → 現金はもらえません! メールレディはバイト目的で始める方が多いので、おすすめは①のタイプ。 サイトに登録する前に、報酬が「現金でもらえるかどうか」必ずチェックしてくださいね。 報酬を現金でもらえるサイト一覧 私が知っている限り、ポイントを現金に換金できるサイトは以下の8つ。 意外と少ないですよね。 メールレディの報酬を「現金でもらいたい」「ポイントを換金したい」という方は、下記サイトへの登録をおすすめします。 ※ 全サイトが即日払い(日払い)に対応しています ※ 金額はメール1通でもらえる報酬です ◆ モコム 36円 ◆ クレア 40円 ◆ ファム 36円  ◆ ガールズチャット 35円 ◆ キャンディトーク  40円 ◆ グラン 40円 ◆ キューティーワーク 20円 ◆ VI-VO(ビーボ) 32円 ポイントを現金に換金する方法 報酬は最初ポイントで支払われます。 サイト内に「換金する」と書かれている部分があるので、そこをタップして振込の手続きをしてください。 ※換金の流れは全サイトほぼ同じです お金はどうやって受け取る? 受け取る方法は銀行振込です。 現金を手渡しで受け取れるサイトはありません。(通勤で働く場合は例外ですが) 受け取るタイミングは「日払い」か「月払い」の2種類。 日払いなら即日で、月払いなら月に一度のタイミングで入金されます。 利用できる銀行の種類 現金の振込に利用できるのは、全国の銀行やネットバンク(楽天銀行など)。 サイトによっては「信用金庫」や「ゆうちょ銀行」の口座でも受け取れます。 注意点は、必ず本人名義の口座が必要なこと。 メールレディ登録後に口座情報を入力するので、必ず本名(実名)で登録してください。 ※ 登録時に必要な情報は、銀行名、支店名、口座番号など。 記入ミスにご注意ください。 暗証番号は不要なので、お金を引き出される危険はありません。 ※ 支払日が銀行(金融機関)休業日の場合は、翌営業日に入金されます 振込の手数料は? 手数料は自己負担となります。 金額は各サイトによって違いますが、大体500円くらい。 振込時にお給料から「自動的に差し引かれる」ので、事前に入金する必要はありません。 手数料を節約する方法 手数料は振込の回数ごとに発生します。 ですから「受け取りの回数を減らす」ことで節約可能。 例えば、日払いで頻繁にお金を受け取るより、月払いで月に一度だけ振込した方がお得です。 換金の回数はできるだけ減らして、手数料は上手に節約しましょう。 日払いは「どうしても今すぐお金が欲しい!」という場合にのみ、利用をおすすめします。 本当に日払い&即金? 先ほど紹介した大手サービスは、全サイトが報酬の「日払い」に対応しています。 「即金」「即日払い」という風に紹介されることもあるのですが、実際には振込まで12時間~48時間くらいかかるようです。 土日は金融機関がお休みなので、月曜日まで振込がないことも。 「今すぐお金が欲しい!」という方は振込のタイミングに注意しましょう。 手続きしたけど「換金できない」「振込されていない」という場合は、以下に挙げるポイントをチェックしてみてください。 換金できない理由① 報酬の合計が「最低支払額」に達していない メールレディの報酬には「最低支払額」が設定されています。 最低支払額とは、「報酬を現金で受け取れるようになる最低金額」のこと。 例えば最低支払額が5,000円なら、報酬の合計が5,000円以上にならないと、現金を銀行振込できません。 「ポイントを換金できない!」という方は、報酬が最低支払額に達しているかどうか、チェックしてみましょう。 ※ 最低支払額は「清算可能額」と呼ばれることもあります ※ 最低支払額はサイトによって違いますが、大体5,000円~6,000円くらいです 換金できない理由② ポイントの「換金率」を間違えている メールレディで稼いだポイントは、1ポイント1円で換金できる… とは限りません。 サイトによって「換金率」が違い、1ポイント0.5円だったり、0.1円だったりします。 少しややこしいですね(;^_^A 具体例を見てみましょう。 【1ポイント0.5円の場合】 1000ポイントGET → 換金 1000×0.5 → 現金に換算して500円GET 【1ポイント0.1円の場合】 1000ポイントGET → 換金 1000×0.1 → 現金に換算して100円GET …以上のように、ポイントは同じでも振込される現金は換金率によって大きく違います。 最低支払額5,000円 = 5000ポイント稼げば振込できるとは限らないので注意しましょう。 ※ とはいえ、ほとんどのサイトは1ポイントを1円で現金と交換可能です。 一部の「出会い系サイト」は換金率が低いのでご注意を。 換金できない理由③ 出会い系サイトに登録してしまった 出会い系サイトは、ポイント制度が面倒な(ややこしい!)ところが多いです。 例えば、ポイントを「商品」としか交換できなかったり、 報酬が現金ではなく「クーポン」で支払われたり、 換金率が女性のグレード(人気)によって「変動」したり… しかも、メール1通の報酬が1円とか2円くらいなので、最低支払額にもなかなか到達できません。 ですから、メールレディ初心者は出会い系サイトへの登録は控えて、先ほど紹介した「大手サービスへの登録」をおすすめします。 ※ 大手サイトは、お給料の現金振込、日払い対応、1ポイント1円が基本。 だからこそメールレディ初心者に最適です(*^-^*) 現金を受け取る方法と流れ メールレディの報酬を現金で受け取る方法は以下の通りです。 ①サイトに登録する ②男性とメールをやり取りする ③「最低支払額」まで稼ぐ ※メールの報酬は1通30円~40円くらいなので、150通~200通くらい受信すれば換金できるようになります ④「精算する」「ポイントを換金する」などと書かれている部分をタップ ⑤24時間以内に登録した銀行口座へ振込(入金)される ⑥全国の銀行またはATMから出金 ⑦現金ゲット! ※最短で登録後12時間以内に現金を手にできます 現金以外の報酬も意外におすすめ? サイトによっては、報酬の種類を選べる場合もあります。 クーポンの方がポイントの換金率(還元率)が良かったり、手数料がかからなかったりと、意外にメリットも大きいです。 「どうしても現金が良い!」というのでなければ、お金以外の報酬で受け取るのもおすすめ。 特に、ネットで利用できる「電子マネー」や「通販サイトのポイント」が人気です。 お金を稼ぎながらプレゼント(商品)やギフトがもらえる! もう一つ、メールレディの報酬として嬉しいのが、お客さんからもらえるプレゼント(ギフト)。 種類は様々で、高級お菓子、ブランド品、家電、お酒、衣類、アクセサリーなど、女性向けの商品が数百種類以上も用意されています。 送料は無料で、お客(男性)が費用を全額負担。 運営会社を経由して配送されるので、住所や本名がバレる心配もありません。 中には上手に「おねだり」して、毎月数万円分のプレゼントをゲットする女性も… メールレディで現金を稼ぎつつ、ちゃっかりプレゼントも狙っていきましょう('ω')ノ サイト内に「欲しいものリスト」を作成できる仕組みなので、興味のある商品からどんどん登録しましょう。 おすすめはモコムの「モコムギフト」、そしてファムの「ファムギフト」です! ※ プレゼントを受け取ると家族に内緒のバイトがバレてやばい! そんな場合は事前に受け取りを断ることも可能。 プレゼントの発送は「女性の許可」があった場合にのみ行われます。 無断で商品が送られてくることはありません。 メールレディで稼いだお金に税金はかかる? メルレのお給料は課税の対象になります。 ただ、実際に税金を払っている女性はほとんどいません。 税金がかかるのは、 ・年収が38万円以上 ・副業の場合は年収が20万円以上 ・チャットや電話もやって高収入を稼いでいるケース 以上のような例外的なメールレディだけです。 「メールのみ」で働いている女性は、税金について気にする必要はありません。 もし確定申告や納税を忘れてしまっても、特に影響はないと思います。 (私は一度もしたことがありません) さすがに年収数百万円の「超売れっ子」は、取り締まりの対象になるかもしれませんが…(;^_^A ネットの体験談を見ても、「税務署にバレた!」とか「脱税で罰金を加算された!」とか、そういう情報はないようです。 例えば「毎月数万円のお小遣いを稼ぎたい」くらいの働き方なら、税金のことを心配する必要はないでしょう。 今回のまとめ ・報酬を現金で受け取りたいなら登録するサイトに注意! ・お金は銀行振込で、手数料が500円くらいかかる ・「最低支払額」「換金率」は事前に確認を! ・出会い系サイトは、なかなか換金できない!(だから初心者は登録しない方がいい) ・メールレディはお客からプレゼント(商品)も受け取れる ・税金の心配は不要 換金できない!メールレディの報酬を即日現金で稼げるサイトは少ない
  3. チャットレディのひどいデメリット チャットレディのひどいデメリット10コ!実際には危険で稼げない!
  4. 50代のメールレディを募集する求人に注意!「メールで副業」は危険
  5. 知恵袋に書かれていないチャットレディの闇 チャットレディはなぜ危険?Yahoo知恵袋に書かれていない【闇】
  6. メールレディにメール来ない理由 メール来ない!なぜ?理由は7つ。メールレディの返信が増えるコツ
  7. メールレディで不安に思うこと メールレディやってるけど不安しかない!安全?危険?本当に稼げる?
  8. メールレディのやり方 メールレディのやり方【超初心者編】登録の方法から稼げるコツまで
  9. メールレディで儲かるはウソ メールレディで儲かるはウソ!稼げない理由を徹底解説
  10. メールレディにおすすめの一斉送信 メールレディ初心者におすすめ!【一斉送信】&【定型文】で稼ぐコツ

おすすめ記事

  1. メールレディのトラブル メールレディの遭遇するトラブル一覧!迷惑行為や金銭の被害など
  2. メールレディは稼げる?稼げない? メールレディは本当に稼げる?稼げない人の口コミがひどすぎる…
  3. メールレディおすすめ メールレディ初心者向けのおすすめサイト!【初心者が稼げない理由】
  4. メールレディとチャットレディの違い メールレディとチャットレディの違いは?仕事内容や収入を比較すると
  5. メールレディはいくら稼げる? メールレディはいくら稼げる?本当に稼げるのか計算してみました
  6. マナー違反に要注意1 マナー違反に要注意① 返信スピードや文章量、絵文字について
  7. メールガールの口コミ情報 メールガールの口コミ情報!収入や安全性、求人と仕事内容について
  8. ライブでゴーゴーの口コミ・評判・体験談 チャットレディ・ライブでゴーゴーの口コミ・評判・体験談
  9. メールレディが怪しい メールレディが怪しい5つの理由。「スマホで副業」の危険性
  10. メールレディ・アドレスを教えない方法 メールレディでアドレスを教えたくない!会いたくない!回避する方法
PAGE TOP