チャットレディはなぜ危険?Yahoo知恵袋に書かれていない【闇】

知恵袋に書かれていないチャットレディの闇

チャットレディの初心者が、必ず参考にするYahoo!知恵袋
経験者の「体験談」や「求人情報」が紹介されているので、とても役立ちます。

しかし…
チャットレディには「知恵袋に書かれていない危険性」があります。

そして、経験者でも見落としがちな「」が存在します。
◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:さおり

チャットレディの9割は1年以内に辞めている

最大の闇は、その「離職率」。
チャットレディの勤務実態については、正確な統計が存在しません。

しかし、当サイトが実施したアンケートによると、回答者1000名のうち、

1年以内に辞めた」女性が割。
1週間以内に辞めた」女性も割以上います。

もともと、在宅ワークや「スマホの副業」は離職率が高いのですが、それでもチャットレディの離職率は異常です。

辞める理由は「キツイ」「稼げない」「危険だから」

辞める理由は、キツイ・稼げない・危険だから
離職者について「辞めた理由を」尋ねると、

1位 仕事内容がキツイから(ストレスが大きいから)… 45

2位 思い通りに稼げないから(収入が少ないから)… 31

3位 危険性を感じたから … 14

以上のような結果に。
ちょっと意外なデータです。

知恵袋では「意外と楽」「稼げる」「安全」といった回答も多いのですが、実態は違うようですね。
なぜこのような結果になったのでしょうか?

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

Yahoo知恵袋の回答者には「業者」が多い

Yahoo知恵袋の回答者には「業者」が多い
知恵袋には、チャットレディの「闇」の部分が書かれていません。

その理由は恐らく、業者による「ステマ」が横行しているから。知恵袋で「宣伝」している業者が多いのです。

業者が知恵袋を利用する理由は、女性の求人を募ること。経験者のフリをして、

「チャットレディは安全です」
「誰でも稼げます」
「仕事内容は簡単です」

そんな「ウソの体験談」を大量に投稿しているのです。

私が見たところ、「質問も回答も明らかに業者が書いている」ケースが約3割ありました。

中には広告(アフィリエイト)を貼っている回答も。

「おすすめの求人はここです」なんて紹介されていますが、実際には業者の「自作自演」でしかありません。

知恵袋に書かれていない「チャットレディの危険性」

知恵袋に書かれていない「チャットレディの危険性」
チャットレディには「隠れた危険性」もあります。これがもう一つの闇。
知恵袋にはほとんど書かれていないのですが、

「住所を特定されてしまった」
「勢いで脱いでしまった」
「チャットの映像が流出した」
「詐欺の被害に遭った」

など、トラブルの報告は後を絶ちません。

当編集部に寄せられる体験談だけでも、トラブルの件数は年間100件以上。

「チャットレディは安全」というイメージは、知恵袋の中だけに存在する「噂」に過ぎないのです…

実際のトレンドはチャットレディからメールレディへ

実際のトレンドはチャットレディからメールレディへ
在宅ワークのトレンドは、チャットレディから「メールレディ」へ急速に移行しています。

体験談の投稿件数を見ると、現役のメールレディはチャットレディの2倍以上。

メールレディは「顔出し不要」「チャットレディより安全」「求人の条件が緩い」など、その手軽さが魅力です。

実際に「働きやすい」からこそ、「メールのみで稼ぐ」女性が急増しているわけですね。

メールレディで稼げる月収は3~5万円くらいですが、チャットレディより仕事内容は圧倒的に楽。
お小遣い稼ぎ」が目的なら、「メールのみで十分」というのも人気の理由です。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

チャットレディとメールレディは「兼業」もできる

チャットレディとメールレディは兼業もできる
もう一つ、知恵袋に書かれていない「チャットレディの勤務実態」があります。

実は、チャットレディの大半はメールレディを「兼業」しています。完全に「チャットのみ」で働いている女性は、ほとんどいません。

チャットの空き時間にメールをやったり、日によってはメールだけしかしなかったり、実際の働き方には「幅」があるわけですね。

現状では、求人サイトの多くが「メールとチャットの両方」に対応しています。

「どちらの方法でも稼げる」となると、より楽な方を選ぶのは自然の流れかもしれません。

メールとチャットを「兼業」している女性は離職率も低く(1年間で約5割)、仕事上のストレスも少ないようです。

知恵袋ではほとんど触れられることのない「兼業」のスタイルですが、経験者の立場からは「チャットの息抜きにメール」または「メール中心の稼ぎ方」を強くおすすめします。

知恵袋を調べれば調べるほどイライラする理由

知恵袋を調べれば調べるほどイライラする理由
知恵袋で最も多いのは、チャットレディの「収入」に関する質問です。

チャットレディの収入については、
「稼げる人はしっかり稼げる」とか、
「売れっ子は月収50万円!」
という風によく言われます。

結局は「実力次第」のバイトなので、

初心者でも稼げるのか
売れっ子以外の女性はどうなのか
平均的な収入の相場はどれくらいなのか

以上のような「本当に知りたいこと」が分かりにくいです。

知恵袋を見ると、「極端な成功体験」か「悲惨な失敗談」ばかり。
しかし私たちが求めているのはその中間の情報です。

普通の女性が普通に働いて稼げるのか」ということを知りたいのではないでしょうか?

「売れっ子の成功体験」とか、「やる気のない人の失敗談」とか、例外的な体験談ばかり知りたいわけではありません。

なんだか「痒いところに手が届かない」感じですね。
だから

知恵袋を調べてもよく分からない
肝心の部分が書かれてなくてイライラする

そんな風に感じる方が多いようです。

実際のところチャットレディでどれくらい稼げるのか?

チャットレディはどのくらい稼げるの
収入については、体験談よりも統計(データ)が役立ちます。
当サイトのアンケート結果を見ると、

月収50万円以上 … 4
月収30万円以上 ~ 40万円未満 … 7
月収20万円以上 ~ 30万円未満 … 15
月収10万円以上 ~ 20万円未満 … 18
月収5万円以上 ~ 10万円未満 … 23
月収5万円未満 … 3

以上のような相場となっています。

知恵袋では「高収入が稼げる」という回答も多いのですが…

実際には、チャットレディの3人に1人は月収5万円未満。

月収で30万円以上を稼げるのは10人に1人しかいません。収入面でも意外に厳しい現実が見えてきます。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

チャットレディは「危険」で「稼げない」

チャットレディは危険で稼げない
ここまで、チャットレディ経験者の体験談やアンケートを詳細に見てきました。
そのうえで導き出される結論は、

「チャットレディは意外と危険で、しかもほとんどの女性は高収入を稼げない」

というもの。
これこそ知恵袋に書かれていない、チャットレディの「」の部分です。

副業としては何とか成立するかもしれませんが、チャットのみで生計を立てるのは困難。

「チャットレディは正社員並みに稼げる」
と言われていた時代も確かにありました。
でも、それは10年以上前の話。

「スマホで副業」が一気に流行し、ここ数年でチャットレディの競争は一気に激化。

今では「お客を奪い合う」過酷な市場となっています。

安全性については、動画が拡散したり、チャットレディのSNSや掲示板が炎上したり、「個人情報流出」「誹謗中傷」のリスクにさらされます。

「ノンアダルト」「顔出しNG」で、ある程度の安全性は確保できるかもしれません。

しかし、そのような働き方ではますます高収入を稼げない(稼ぎにくい)状況になります。

何とか「安全性と高収入を両立させる方法」はないのでしょうか?

賢い女性はメールレディで危険回避&高収入を狙う

賢い女性はメールレディで危険回避&高収入を狙う
先ほどのアンケートで月収50万円以上を稼ぐチャットレディは4%でした。

売れっ子の彼女たちには、共通するポイントがあります。

それは、「メールでお客を厳選し、信用できる男性とだけチャットしている」ということ。

チャットの待機時間(待ち時間)を限りなくゼロに近づけて、「親しい常連客と長時間チャット」しているわけですね。

この働き方には大きなメリットがあります。
それは、

チャットの嫌がらせ、暴言などを排除できる(ストレスが少ない

炎上や動画流出の危険性が少ない(安全性を確保できる

メールで副収入を稼ぎつつ、チャットでも効率良く稼げる

つまり「安全性と高収入の両立」が可能なのです。

知恵袋では「メールレディをおすすめする人」と「チャットレディをおすすめする人」が対立したり、微妙に食い違う意見を回答したりしています。

しかし実際には、「売れっ子」の女性は両方のバイトを上手に「兼業」している。

これが「知恵袋に書かれていない実態」のようです。

しかも兼業している女性は、離職率も低く、「在宅のバイトを長期間続けられる」傾向があります。

するとますます「稼ぎ方のコツ」や「テクニック」が磨かれて、収入も増えていく…

この好循環こそ、高収入を稼げる要因ではないでしょうか。

チャットレディやメールレディは出来高払い(歩合制)だからこそ、経験と収入が比例しやすいのですね。

しかし知恵袋の回答は、

チャットレディを始めたけど、すぐに辞めてしまった人

たまたま運が良くて(若くて美人だから)高収入を稼げた人

業者による宣伝

そんな投稿で埋め尽くされています。
これでは「知恵袋が役に立たない」のも仕方ありません。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

知恵袋に書かれていない「闇」まとめ

チャットレディは1年以内に9割が辞める

辞める理由は
「キツイ」「稼げない」「危険」

知恵袋の回答には業者の宣伝(ステマ)が多い

チャットレディには危険性がある。
安全に働くためにはコツが必要

チャットレディは減少傾向にあり、メールレディが急増している

現在の主流はチャットとメールの「兼業」

収入の実態は知恵袋に書かれていない極端な成功例と失敗談しかない

統計を見ると、チャットレディは「高収入を稼げるバイト」ではない

むしろ「危険」で「稼げない」

メールでお客を「厳選」すれば、安全性と高収入を両立できる

最後に ~ チャットレディの闇を把握したうえで~

最後に
チャットレディの実態を見ると、知恵袋には書かれていない「」があります。
しかしだからと言って、

チャットレディはやらない方がいい
危険だし稼げないから、おすすめできない
求人に応募する女性は騙されている

そんな風に考えるのも誤りです。(それもまた、知恵袋に多い典型的なウソ回答です

要は普通のバイト同じく、向き不向きがあって、

向いている女性は稼げる
向いていない女性は稼げない
普通の女性にとっては、普通のバイトと同じくらい大変

以上のような結論が見えてきます。

自宅で働きたい
職場の人間関係が苦手
ノルマや勤務時間に縛られたくない

そんな女性にとっては、チャットレディは魅力的なバイトです。

そして

「男性と話すのが苦にならない」
「多少はエッチなこともできる」

そんな女性には天職かもしれません。

過大な期待は禁物ですが、とりあえずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
無料で採用率は100%ですし…

向き不向きは「経験して初めて分かる」部分も多いです。

慎重にメールから始めれば、危険なトラブルに遭遇することもないはずです。
まずはメールレディから試してみてください(‘ω’)ノファイト!

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:さおり
最終更新日:2020年9月16日

商標登録出願済み 商願2020-035225
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事