• HOME
  • チャットレディ
  • チャットレディの9割が1年以内に辞める理由。デメリットだらけの闇が深すぎた…

チャットレディの9割が1年以内に辞める理由。デメリットだらけの闇が深すぎた…

一部プロモーションを含みます
チャットレディの9割が1年以内に辞める理由

  • 1年以内に止める人が9割
  • デメリットだらけなのに、続ける方がおかしい

そんな口コミが増えてきたチャットレディ

求人誌でもよく、
闇が深い
離職率が高い
バイトとして特集されるようになりました。

  • 辞めたいと感じる人が多いのはなぜ?
  • 我慢できないポイントとは?

納得しかない「辞める理由」9コを見ていきます。

メールレディハピ編集部 編集長/佐藤香織
編集責任者メールレディハピ編集長/佐藤香織(リモ活アドバイザー)
更新日:2024年5月25日
法人(株式会社ユーテック)設立後、2012年に運営を開始した「メールレディ」専門サイトです。
当サイトを通じてメルレ・チャトレを始めた女性は、約6.9万人。
現在では「日本最大級のメールレディ専門サイト」として、大手の広告代理店、IT企業とも提携しています。
メルレ・チャトレを体験して分かった事実、現実を、嘘偽りなく読者の皆さんにお届けすること
求人情報を調査・分析・透明化し、優良な企業(アプリやサイト)のみを紹介すること
まだ微力ではありますが、そうした活動を通じて、メールレディ市場の将来を、より明るく健やかな「女性活躍の場」にできればと願っています。
保有資格
・キャリアコンサルタント
・ファイナンシャルプランナー
・カラーコーディネーター
・Webライティング技能検定
・ウェブデザイン技能検定
・ネイリスト技能検定
メールレディ・ハピ とは?

スマホでカンタン無料登録!

編集部おすすめの大手求人一覧♡

労働条件をめぐる悩みや不安など相談してみよう。厚生労働省「ほっとライン」

辞める理由① 「月収たったの15万?」思ったより稼げない

辞める理由① 「月収たったの15万?」思ったより稼げない
チャットレディといえば高収入。
稼げるバイトとして有名です。

しかし実際には、週に5日働いて、収入は月15~20万円くらい

初心者の間はこれくらいが平均です。

常連ができると月30万円くらいは普通に稼げますが…
それまでに辞めてしまう人も多数。

「最初から高収入」を期待すると、ガッカリして長続きしません。

在宅ワークの相場は、月収が5万円以下。
チャットレディはまだ稼げる方ですが、収入の「格差」は覚悟しましょう。

稼げる人は稼げる
稼げない人はすぐ辞める
というのがチャトレの実態。

向き不向きがあるので、詳しくはこの記事もご覧ください。
「働いてから気づくデメリット」を先取りして紹介しています。

辞める理由② 「下ネタ&全裸は当たり前!」お客がキモすぎる

チャットレディといえば「エッチな副業」としても有名。

ただし「ノンアダルト」といって、健全な稼ぎ方もできます。

ノンアダルトの場合、会話内容は世間話・雑談・悩み相談など。
YouTubeの「雑談配信」みたいな感じですね。

お客から下ネタは飛んできますが、テキストが大半。無視も簡単なので、慣れると特に気になりません。

ただ一部には「変態」「超キモイ」お客もいます。
全裸の映像を見せてきたり、局部を露出して自慰行為を始めたり…

もちろん違法行為ですが、野放しにされてるサイトも多いです。

「キモイお客」に耐えられるかどうか、登録前に考えてみましょう。

そっちの方面でストレス耐性がないと、すぐ辞めてしまうことになります。

大手の求人なら、まだ健全。初心者の方は必ず大手サイトに登録してください。

安全安心な老舗ノンアダ求人♡

完全ノンアダルトのライブでゴーゴー

辞める理由③ 「なんで動画サイトに私の映像が…」流出が怖い!

まずは、アダルトの動画サイトで「チャットレディ」と検索してみましょう。

配信中の女性の映像が大量にヒットします。

そういう映像の大半は、無断でアップロードされたもの。
お客が勝手に録画して、拡散している「流出映像」です。

一度アップされた映像は、ネット上で「永遠に残る」危険性も。

チャトレには「消せない黒歴史」が常にデメリットとしてつきまといます。

一度でも被害に遭遇すると「即辞める」女性が大半。

ただ、最近は「録画できない仕組み」のサイトも増えてきました。
大手の求人ならまず安全。

画像・音声・映像、全て「コピーできない仕組み」になっています。

動画を録画できない大手の求人一覧

辞める理由④ 「課金し過ぎじゃない?」常連客が怖くなる

チャットレディは男性を弄ぶ(もてあそぶ)バイトでもあります。

詐欺ほど悪質ではなくても、

  • 男性の恋心を利用して長時間通話する
  • プレゼントやチップを「おねだり」する
  • 「会えそうで会えない」関係のまま「疑似恋愛」を提供する

そんな形で、女性に「ハマる」「依存する」お客が大量にいます。

中には1人の女性に毎月数十万円を「貢ぐ」男性も。

私も何度か経験しましたが、嬉しい反面、罪悪感との戦いになります。

こんな大金を受け取っていいのか…
自分でも気づかないうちに、お客を騙しているのではないか…

稼げれば稼げるほど、メンタルを病むような、複雑な心境に。

次第にお客の存在が「重く」なり、引退してしまう人もいるようです。

メール1通40円の大手求人♡

クレアのメールレディ

辞める理由⑤ 「ハイ放置!」辞めたいと思ったらすぐ辞められる

チャットレディは「辞めやすさ」も大きな魅力。
辞める時に手続きなど一切不要です

ログインせずに、ただ「放置」するだけでOK。
辞表を書く必要もないし、会社に連絡する必要もありません。

「責任ゼロ」で「気軽に辞められる」のは、在宅ワークだからこそ。

実際にチャットレディの3割は、1週間以内に辞めます。
ただ、すぐに辞めるのは、もったいないかも

続ければ続けるほど収入が増える」バイトなので、1ヵ月は続けてみましょう。

少しコツをつかめば、驚くくらいハイペースで収入が増え始めます!

認可済みの安心な求人情報一覧!

口コミ・評判・体験談はこちら!

辞める理由⑥ 「もう月収20万超えたわ」すぐに復帰できる

チャットレディの中には「辞めたり復帰したりを繰り返す」人も多いです。

コツさえ覚えてしまえば、辞めるのも復帰するのも簡単

だからこそ、離職率が異常に高く、また再開する女性も多いです。
例えば、

とりあえず月に20万円稼ぐ
目標額を達成したら辞める
翌月~数か月後、欲しいものができてまた始める

という風に、短期のバイトとして稼ぐ方法も一般的です。

ただ、辞めるたびに「常連との関係が切れてしまう」というデメリットに注意。

稼ぎ方として効率が悪いので、頻繁に辞める行為はおすすめできません

若年女性専用の相談窓口はこちら

一般社団法人・社会的包摂サポートセンター「若年女性支援これからプロジェクト」

辞める理由⑦ 「そんなバイト恥ずかしいから辞めろ!」親、夫、家族に反対される

チャットレディといえば「秘密の副業」「家族にも内緒のバイト」。

仕事の内容を打ち明けると、99%反対されます。
なので基本的には「身バレ」「顔バレ」厳禁。

世間的なイメージが非常に悪いので、家族や恋人の理解は得られません。

ネット上の体験談を見ても、
バレた途端に辞めさせられた
続けるなら別れると言われた
というような口コミばかり。

「バレる原因がたくさんある」のもデメリットです。
例えば、銀行口座の振込、スマホの履歴やアプリ、声バレ、音漏れなど。

必ず対策を講じて、より安全・安心な稼ぎ方を徹底しましょう

関連記事はこちら♡

辞める理由⑧ 「チャトレとか効率悪くない?」パパ活の方が稼げると気づく

お客の中には「出会い」を求めている人も多いです。
なので「お小遣い」目当てでお客と「実際に会う」女性も多数。

当サイトのアンケートでは、チャットレディの2割がパパ活の経験者でした。

確かに効率は良いかもしれません。
「食事するだけで2万円」
「半日のデートで5万円」
そんな体験談が増えてきました。

チャットで稼ぐのが馬鹿らしくなって、パパ活に「転職」する人も急増中。

ただし、パパ活はデメリットだらけです
「愛人契約」「支援」なんて言葉に騙されないでください。

多額の収入は得られるかもしれませんが、副業の選択肢としては最悪!

あまりにも危険性が高過ぎます。
パパ活に手を出すとどうなるのか…

詳しくは経験者のインタビュー記事をご覧ください。

辞める理由⑨ 「もうサバ読みするしかないわ… 映像なしで」30代~40代の厳しい現実

  • チャットレディは若いうちしか稼げない
  • 10代~20代の女性にばかりお客が集中する

接客業ならではの厳しい現実です。
30代~40代の女性に残された稼ぎ方は、

  • メールレディやテレフォンレディで「顔出しなし」で稼ぐ
  • メイクでがんばって「サバ読み
  • 30代~40代専門の「熟女系」サイトで稼ぐ

主に以上の3つ。

または、上記の方法を組み合わせて稼ぐこともできます。
コツさえつかめば、30代を超えても引退する必要なし

ただし、それぞれの方法にデメリットがありました。
私が1年かけて試行錯誤した体験記を以下にまとめています。


スマホでカンタン無料登録!

国から認可を受けている求人一覧

口コミ・評判・体験談はこちら!

安心安全な大手ノンアダ求人♡

完全ノンアダルトのライブでゴーゴー

悩みや不安を抱えてるなら相談してみよう!(厚生労働省)

関連記事