メールレディ経験者に聞いた!危ない体験談【出会い、詐欺、性病…】

メールレディ経験者に聞いた体験談・経験談

メールレディ・ハピでは、これまで様々な方の体験談をご紹介してきました。

その中でも特に印象深かったのが、メグミさん(仮名)のお話。

今回、スカイプでさらに詳細な経験談を伺うことができました。

売れっ子メールレディは、どのようにして「危険な副業」に手を染めてしまったのか…

サクラの実態、詐欺の被害や「出会い」の危険性とは…
経験者の語る怖いエピソードを取材しました。
◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部

Q.早速ですが、メールレディを始めたきっかけを教えてください。

もともと在宅ワークに興味があって。
ネットで調べてみると、メールレディが一番簡単そうだったので、「これなら自分にもできる!」そう思って求人に応募しました。

Q.どのサイトに登録しましたか?

クレア」ですね。
当時はまだメールレディが有名になる前で、大手の企業が運営するサイトは多くありませんでした。

口コミを調べると、クレアの評判がダントツで良くて、それで登録を決めました。

安全な大手サイト一覧はこちら!

口コミ・評判・体験談はこちら!

Q.不安や心配はありませんでしたか?

ネットでは「悪質な求人に騙された」とか、「在宅ワークは危ない」とか、そういう体験談が目立ちました。

だから、求人に応募する前に情報収集だけはきっちりと。
とにかく安全性を最優先で、クレアなら大丈夫かな、という感じで始めました。

安全性でクレアを選択

Q.メールレディを始めてみてどうでしたか?

知恵袋とかの口コミで言われているほど簡単じゃない、そう思いました。

最初のうちは、サイトを掛け持ちする方法も知らなくて、全然稼げない日が続きました。

Q.他にどんな点で苦労しましたか?

とにかく大量のメールをやり取りしないとダメなこと。
当時は報酬が今よりも安くて、収入はなかなか安定しませんでした。
多いときは1日100通とか200通とか、ひたすら営業メールしてましたね。

Q.どのくらいの収入を稼げましたか?

最初の月は、クレアだけで1万円くらい。
そのあと5つくらいのサイトに登録して、月収が5~6万円くらいになりました。

あの頃はまだメールレディが少なくて、今より楽に稼げる状況でした。
女性1人で10人以上の常連さんを抱えることも珍しくなかったみたいです。

当時の収入

Q.メールレディ以外の在宅ワークに経験したことは?

実は、出会い系でサクラのバイトをやったことがあります。
経験者の体験談がすごくて、1日で1万円稼げるとか書いてあって。
人を騙す悪い仕事だと知ってはいたのですが、高収入の誘惑に負けて…

Q.実際にサクラとして働いてみてどうでしたか?

高収入は体験談の通り、本当でした。
メールレディの月収を数日で稼げる感じ。

出会い系で男性を騙すわけですが、メールならそれほど難しくありません。

簡単なマニュアルを渡されて、あとはその通りに働けば簡単。1日3時間~4時間くらいメールして、月収は15万円くらいでしたね。

Q.サクラのバイトを通じて、危険な目にあったことは?

特にありません。
ただ、メールでは最終的にすべての出会いを断る形になるので、男性から「殺す」とか「訴えてやる」とか、そんな風なことはよく言われました。

あとはやっぱり、相手を騙しているという罪悪感があって。

辞めたい、辞めたいと思いながら、高収入に釣られて続けてしまう、そんな感じで半年くらい働いていました。

危険な目にあったこと

Q.サクラを辞めたきっかけは?

会社から一方的に解雇されました。
当時はちょうど出会い系サイトの規制が厳しくなり始めた頃で。
私の登録したサイトも、すぐに閉鎖されてしまいました。

やっていることは詐欺なので、逆に「よくこれだけ続いたな~」と。
逮捕される危険性だって、あったと思います。

ネット上での評判は散々だし、掲示板でも炎上、大炎上で。
正直、騙される方もどうかと思いましたが…。

Q.サクラのバイトを辞めて、その後は?

メールレディに復帰しました。
でもやっぱり、報酬はサクラと比較して安いので、収入面では満足できず…
クレアでチャットレディやテレフォンレディも始めてみました。

Q.チャットレディやテレフォンレディのバイトをやってみてどうでしたか?

仕事の内容自体は、サクラよりも大変ですよね。今みたいにノウハウを知らなかったし、ハウツーサイトもなかったし。

ただ、サクラみたいに違法なバイトではなかったので、気持ち的には楽になりました。
悪質なお客さんには時々イラッときましたけど(笑)

チャットレディやテレフォンレディ

Q.チャットレディは特にどのような点が大変でしたか?

ほとんどの男性がアダルト目的なので。「脱げ」、「見せろ」、「脱がないなら死ね」、とか言われる。

精神的にきつかったですね。悪口や暴言が毎日ですし。

あと、全身タトゥーの、いかにも危ない雰囲気のお客がいたりとか。じきに慣れましたけどね。

Q.アダルトとノンアダルト、どちらで働いていましたか?

ノンアダ」です。
でも体験談に書かれているほど楽ではなくて…「お喋りだけで稼げる手軽な在宅ワーク」ってウソじゃん!と思いました(笑)

エッチ目当てのお客を上手くかわして、下ネタで応酬したり、ひたすら愚痴を聞かされたり…。
「体験談に騙された!」「口コミは当てにならない!」と思いましたね~

Q.チャットレディやテレフォンレディのデメリットてなんだと思いますか?

私が一番心配だったのは、「顔バレ」とか「身バレ」ですね。

当時付き合っていた彼氏がいて、もちろん彼には内緒でしたけど、いつかバレる、話さないといけない、そういう強迫的な思い込みがありました。

いま考えると、実際には結構、安全なバイトだったと分かるのですが…。
映像が流出したりとか、個人情報がさらされたりとか、よく聞くじゃないですか。

そういう危険性、心配が、常に頭の片隅から離れませんでした。

顔バレ・身バレ

Q.メグミさんは詐欺の被害にも遭われたと聞きました。そのときのことを教えてください。

あー、それは悪質サイトに登録したときです。
当時はちょうど在宅ワークの詐欺が流行していて、悪質な業者に騙される主婦とか、結構多かったみたいです。

私も引っかかって、「副業で高収入!月収20万円以上確約!」みたいな、怪しいサイトに登録してしまって。

Q.金銭的な被害は?

マニュアルの費用と登録料、あわせて2万円くらいです。

登録した翌月にも請求されたけど、その時点で全然収入を稼げない状態が続いていたので、ようやく「これは怪しい!」と気づいた感じ。

もっとネットでそのサイトの評判とか体験談を調べて、注意してれば良かったんですけどね。手遅れでした。

Q.その後、メールレディやチャットレディのバイトは?

在宅ワークも副業も、大手サイトじゃないとやらない!」と決めて、もっと安全性を優先するようになりました。
騙された経験は経験として、自分の中で教訓にしようと。

最終的に、働くサイトはクレア、ライブでゴーゴー、モコム、ファム、グラン、この5つに絞りました。

安全な大手サイト一覧はこちら!

口コミ・評判・体験談はこちら!

Q.他にも注意した点はありますか?

チャットや電話の相手を、もっと慎重に選ぶようになりました。

例えば、メールで仲良くなった男の人としかチャットはしない、とか。

あと、紳士的な男性だけ選んで、変な人とはできるだけ関りを持たないようにする、とか。

この方法だと精神的に楽ですし、稼ぎ方としても効率が良いんです。
待機時間をどんどん減らしていって、常連さんとピンポイントでチャットする感じですね。

他にも注意した点

Q.じゃあ、そのあとは順調に?

ところがそうもいかなくて。
ここから危ない話の連続です(笑)

まず、チャットの常連さんと、実際に会うことになってしまいました。どうしても断り切れなくて(笑)

今までにチャットで数十万円という金額を使ってくれた常連さんだったので、会うだけなら仕方ない、じゃあ食事だけ、という話になりました。

Q.え! 危ないとは思いませんでしたか?

いや~、とても感じの良い人だったので。
それでも会いたくはなかったんですけど、私、流されやすい性格なんです(笑)

断われませんでしたね~
いま考えると危険な話だと分かるんですけど…

Q.実際に会ってみて、どうでしたか?

本当に食事だけのつもりでしたが、結局は押し切られて… ホテルに行きました。

お酒に酔ったせいなのか、恐怖心とか後悔の気持ちは、不思議となかった。

お互いのことはチャットで知りすぎるくらい知り合っていたので…
あとは勢いで、悪い意味でスムーズに進みました(笑)

Q.そのあと、二人の関係は?

LINEを交換して、チャットレディとお客としての関係は終わりました。

でも、話していて悪い気のする相手ではなかったし、友達というか、セフレというか、腐れ縁になってしまった(笑)

たまに会って2~3万円の「お小遣い」をもらう大人の関係です。半年くらい続いたのかな?

そのあとの二人の関係

Q.メールレディとかチャットレディとか、在宅ワークの方はどうなりました?

続けてましたよ。
メールとチャットと、あと掲示板も。

クレア、ライブでゴーゴー、モコム、ファム、グラン、5サイトで稼げる収入は毎月15~20万円くらい。

当時はチャットレディの全盛期で、意外と楽に稼げました。特に売れっ子というほどではなかったんですけど。

安全な大手サイト一覧はこちら!

口コミ・評判・体験談はこちら!

Q.仕事のコツをつかんだわけですね。

はい。在宅ワークやスマホの副業って自分に向いてる、そういう実感はありました。

ただ、出会いに関しては悪い意味で慣れてしまって。「実際に会ってもそんな危険じゃないかも」と考えるようになりました。

「相手次第では会ってもいいじゃん! お小遣い稼げるし」そんなノリですね。

Q.じゃあ、そのほかのお客さんとも会いました?

はい。トータルで10人くらい。
本当に食事だけのときもあれば、大人の関係になった人も数人います。

そんなつもりはなくても結果的には、「パパ活」とか「愛人契約」みたいな、危険な行為を繰り返していました。

今になって実感します。
ずいぶん危ないことやってたな~と。

危険な行為

Q.罪悪感や後悔の念などありませでしたか?

それはもちろん、常にありました。
違法なこと、危険なことだと自覚もしていました。

でも、当時はちょうど彼に振られた時期で、ちょっと自暴自棄になっていた部分もあって。
自傷癖みたいなものかもしれません。

Q.男性とトラブルになったことは?

いえ、それは一度もありません。
知り合ってから最低でも1か月くらいは、チャットでじっくり相手との関係を深めていったので…。

まずはメールやチャットで常連さんになってもらって、本当に安全そうな、信頼できそうな人としか会いませんでした。
その点は慎重でしたね。

Q.あくまでメグミさんが相手を選んでいたわけですね。

う~ん。それがそうとも言い切れなくて。

メールだと普通に断われるんですけど、チャットだと押し切られて、嫌々会ってしまうことも何度かありました。
自分、本当は押しに弱いので(笑)

あと、お金持ちの人って、やっぱり頭が良くて、口が上手いんです。

チャットを長時間してくれるような人は大体リッチだし、話も面白い人が多い。

会社の社長さんとか、お店の経営者とか…
口説き上手な人に弄ばれた感じもあります。

相手に弄ばれる

Q.じゃあ恋愛対象として見ていた部分も…

それはないです!
私にとっては、体とお金だけの関係。

ただ、告白されたり、同棲しようと誘われたり、そういうことは何度かありました。
全部断りましたけど…
正直、迷った人もいます。

Q.「パパ活」体験を通じて、危ない出来事は?

恥ずかしい話ですけど、性病に感染したことがあります。ちゃんとゴムは付けて、最低限の安全に配慮はしていました。

パパ活の体験談とか読むと、性病のエピソードって定番なんです。でもまさか、自分がその当事者になるとは(笑)

かゆみと腹痛の自覚症状が出て、すぐ病院に行きました。
治療が早かったので悪化はしませんでしたが、それからパパ活が怖くなって、男性と会うことはやめました。

やっぱりこういう関係は危ない
副業は在宅ワークだけにしとこう
そう思って。
今さら、という感じですが(笑)

Q.メールレディの経験者として、最後に一言お願いします。

メールレディ自体は、とても安全なバイトだと思います。

でも、私みたいに流されやすい人がチャットレディやテレフォンレディをやってしまうと、色々な危険性があることを覚えておいてほしい。

お客に口説かれて実際に会うと、ストーカーの被害に遭うとか、性病に感染するとか…

ネット上には出会いの体験談も普通にありますけど、デメリットの部分が強調され過ぎてて、逆にウソくさい。

経験者から言えることは、危険が1で、安全が9、そのくらいの体感がリアルだと思います。少なくとも私の場合はそうでした。

でもだからと言って、出会いでお金を稼ぐことをおすすめはしません。
大部分が違法なことだし、1の危険が十分に人生を脅かすから。

あと、在宅ワークと言ってもメールレディやチャットレディの場合、接客業なので、結局は人間関係です。

それもSNSとかより濃密な人間関係になりやすくて、一線を引くのが難しい。お金のせいで冷静さを失う人も多いと思います

そんなときは、仕事を頑張れば頑張るほど、泥沼になってしまう。

自分を見失わないためにも、休む勇気、辞める勇気を持ってください。

メールレディもチャットレディも、いい加減にやるくらいがちょうど良い、そう思います。

休む勇気・辞める勇気

編集者より【2020年追記】

実は、メールレディの危険性を指摘する体験談は、他にもたくさんあります。
「クレアやモコム、ファムのような大手に登録すれば安全」とは限りません。

「悪質な詐欺の被害」、「危ない副業の求人」など報告が多数。

安全に働くことはなぜ難しいのか?
メールレディの隠れた危険性とは?

口コミ情報を中心に、その実情を次のページにまとめました。

安全な大手サイト一覧はこちら!

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部
最終更新日:2020年4月2日
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事