メールレディはいくら稼げる?本当に稼げるのか計算してみました

メールレディはいくら稼げる?

メールレディの報酬は歩合制(出来高払い)です。したがって、メールの数によって報酬は大きく増減します。

1.メール1通でいくら稼げる?

メールレディは本当に稼げるのか。
具体的に、いくら稼げるのか。

まずは大手サイト「クレア」の報酬額を例に、メールの単価を見てみましょう。

メールを受信1通 = 40
画像付きメールを受信1通 = 40
動画付きメールを受信1通 = 50

メールで稼ぐ場合の注意点は、メールを「受信」したときに報酬が発生するということ。

こちらから一方的にメールを「送信」しても、お金は稼げない仕組みになっています。

 クレアの無料登録はこちら! クレア

2.メールを「送信」するだけで稼げるケース

メール送信だけで稼げる
ただし、メールを「送信」するだけ稼ぐ方法もあります。それは「画像」や「動画」をメールに添付した場合。

例えばクレアでは、

画像付きメールを送信 1通 = 10
(画像が閲覧された場合)
動画付きメールを送信 1通 = 25
(動画が閲覧された場合)

以上のような報酬額になっています。

注意したいのは、画像や動画は「閲覧」された時点で報酬が発生するということ。

つまり、男性がメールを開封して、画像や動画を見なければ、報酬を稼げないわけですね。

したがって、かわいい猫の画像とか、美味しいスイーツの写真などをメールに貼るのはNG。

男性に需要があるのはあくまでメールレディの「自撮り」画像や動画です。

メールでお金を稼ぐ以上、「男性から喜ばれるメール」を意識することが大切。

必ずしも「エッチ」な写真や映像でなくても良いので、自撮りで男性にとって「付加価値の高い」メールを送信しましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

3.1日でいくら稼げるか

1日でいくら稼げるか
メールのみで1日にいくら稼げるのか」、簡単に計算してみましょう。

メール1通 40円の場合

1時間に20通と仮定して、時給は40円×20通 = 800円。
1日に3時間働いた場合、800円×3時間 = 2,400

この金額はあくまで目安。やや厳しめに計算しています。

実際には時給で1,000円を超える日もあるので、仕事に慣れてくればメールのみで日給3,000円以上を稼げる人も多いでしょう。

※上記の計算では画像や動画メールを加算していません。ですから実際にはもう少し高収入を稼げる日も多いです。

ただし、収入は日によってかなりのバラつきがあります。

1日で5,000円くらい稼げる日もあれば、1,500円くらいしか稼げない日もあるので、この金額はあくまで目安だと考えてください。

4.1か月でいくら稼げるか

1か月でいくら稼げるか
次に月収を計算してみましょう。
先ほど算出した「日給2,400円」をベースにシミュレーションしてみます。

1日2,400円で月20日働いたと仮定して、2,400円×20日 = 月収 48,000円。
1か月に10日働いた場合は半額で 月収 24,000円。

よくメールレディ平均月収はメールのみで3万円~5万円という風にいわれます。
今回計算した金額にかなり近いですね。

実際には、日による収入のバラつき、労働時間の変化もあるため、月収が3万円以下になる月もあれば、5万円を超える月もあると思います。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

5.労働時間を増やしても報酬はあまり増えない

メールのみで働くのは夜
では、労働時間を増やせば、その分だけメールで稼げる金額も増えるのでしょうか?

残念ながらそうではありません。

男性からのメールが多いのは、主に夜です。
朝~昼の時間帯は、あまりメールが来ません。ログインして待機しても、あまり効率が良くないわけですね。

例えば、朝からお昼まで6時間働くよりも、夜に3時間だけ働いた方が圧倒的に高収入を稼げたりします。

朝6時から昼12時まで働いた場合(労働時間は6時間)

1時間あたりのメール5通で、40円×5通×6時間 = 1,200円(時給換算で200円)

多くてもこの倍(時給換算で400円)くらいです。

夜9時から深夜0時まで働いた場合(労働時間は3時間)

1時間あたりのメール20通で、40円×20通×3時間 = 2,400円(時給換算で800円)

上記の計算は極端な例ですが、それでもかなり現実的な数字です。

夜に働いても、0時を過ぎたあたりから徐々にメールは少なくなるので、「倍の時間働けば倍の収入を稼げる」とは限りません。

効率を考えるなら、メールのみで働くのは夜、そして1日3時間~4時間くらいが最も「コスパが良い」働き方だと思います。
※常連のお客さんとメールの「ラリー」が続いても、長くて2~3時間が目安だと思います。

6.一番稼げるのは「週末の夜」

一番稼げるのは週末の夜
メールレディを始めてみたけど、なかなか稼げない…
そんな場合は「週末の夜」にログインしてみましょう。

週末の夜間は、受信するメールが最も多い時間帯。深夜までログインしているお客さんも多いです。

私の体験談から言うと、メールのみで時給1,000円~1,200円、1日の収入が4000円以上という日もありました。

逆に言えば、平日の朝~昼間にメールで時給1,000円を稼ぐのは、かなり厳しいです。

7.稼げるサイトはメールが高単価

稼げるサイトはメールが高単価
もう一つ、メールレディが稼げるかどうかは、応募する求人サイトにかかっています。
稼げるサイトの条件は、

① 利用者が多い(メールが多い)
② メールが高単価(15円以上)

以上の2つ。

さらに「安全」であること、デザインや仕組みが「使いやすい」ことも前提になります。

すべての条件を満たすサイトでおすすめなのは、

クレア … メール1通 40
キャンディトーク … メール1通 40
グラン … メール1通 40
モコム … メール1通 15
ファム … メール1通 24~36
ガールズチャット … メール1通 35

以上の6つ。

大手の企業が運営するサービスなので、高単価+安全性も抜群です。

これからスマホの在宅ワークを始める方は、とりあえずこの中から登録先を選ぶと良いでしょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

8.在宅で本当に稼げるのはチャットレディとテレフォンレディ

チャットレディとテレフォンレディ
先ほども書きましたが、メールのみで稼ぐ報酬は時給が上限1,000円くらい。

もっと高収入を稼ぎたい方は、チャットレディやテレフォンレディのバイトにも挑戦してみましょう。

1時間でいくら稼げるのかというと、

チャットレディ … 最大時給 7,200円(クレアの場合)

テレフォンレディ … 最大時給 4,200円(クレアの場合)

以上のようにかなりの高額報酬。

ただし、実際には無報酬の「待ち時間」がありますから、時給は上記の半額~7割程度だと考えてください。
※お客さんを待っている間は、チャットレディもテレフォンレディも報酬が発生しません。

つまり本当に稼げる金額は、

チャットレディ … 実質時給 4,000円~
テレフォンレディ … 実質時給 2,000円~

大体このくらいの報酬だと思います。

平均的な在宅ワークの時給は500円くらい。
ですからチャットレディやテレフォンレディは「超高収入」なバイトだと言っても過言ではありません。

興味のある方は1日1時間から始めてみてはいかがでしょうか。

9.確定申告はいくらから?

確定申告について
在宅ワークで得た収入も確定申告の対象になります。特にチャットレディやテレフォンレディで「高収入を稼いだ場合」は要注意。

いくらから課税されるのかというと、

在宅ワークを「副業」として働く場合 … 年間の収入が20万円以上

在宅ワークを「専業」とする場合 … 年間の収入が38万円以上

さらに、年収が103万円を超えたケースでは、家族の扶養から外れます。「保険料の支払」も必要になるので覚えておきましょう。

とはいえ、実際にメールレディやチャットレディで確定申告をしている人はほとんどいません。

ごく一部の「超売れっ子」を除いて、確定申告をそこまで気にする必要はなさそう。
「一応しといた方が良い」くらいに考えれば問題ないでしょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部
最終更新日:2020年3月27日
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事