クレアのメルレに必要なスペックとは? タイプ別の稼ぎ方3つ

一部プロモーションを含みます
クレアのメルレに必要なスペックとは?タイプ別の稼ぎ方3つ

クレアメルレは「スペックに合わせた稼ぎ方」が必要です。

  • 完全にノンアダで稼ぎたい
  • 顔出しはしたくない
  • 30代~40代だけどメールのみで接客したい

など、自分に合った方法を選びましょう。

ベテランのメルレ(Sさん/30代)に体験談とコツを聞きました。

メールレディハピ編集部 編集長/佐藤香織
編集責任者メールレディハピ編集長/佐藤香織(メルレカウンセラー)
更新日:2024年6月6日
法人(株式会社ユーテック)設立後、2012年に運営を開始した「メールレディ」専門サイトです。
当サイトを通じてメルレ・チャトレを始めた女性は、約6.9万人。
現在では「日本最大級のメールレディ専門サイト」として、大手の広告代理店、IT企業とも提携しています。
メルレ・チャトレを体験して分かった事実、現実を、嘘偽りなく読者の皆さんにお届けすること
求人情報を調査・分析・透明化し、優良な企業(アプリやサイト)のみを紹介すること
まだ微力ではありますが、そうした活動を通じて、メールレディ市場の将来を、より明るく健やかな「女性活躍の場」にできればと願っています。
保有資格
・キャリアコンサルタント
・ファイナンシャルプランナー
・カラーコーディネーター
・Webライティング技能検定
・ウェブデザイン技能検定
・ネイリスト技能検定
メールレディ・ハピ とは?

スマホでカンタン無料登録!

編集部おすすめの大手求人一覧♡

労働条件をめぐる悩みや不安など相談してみよう。厚生労働省「ほっとライン」

Q.まずはあなたのスペックを教えてください

私自身は普通の人で、特にスキルとかない。
大体で言うけど、

  • メルレ歴は8年
  • 年齢は30代前半
  • 主婦で子持ち
  • メールのみで年収は50~60万円くらい

こんな感じ。

Q.クレアのメルレに必要な「最低限のスペック」は?

とりあえず、

  • 顔は関係ない
  • 年齢も40代まではいける
  • プロフィールを手抜きしない人
  • スマホで「映える」顔写真を撮影できる

このくらいは必須。

Q.顔は本当に関係ないの?

もちろん「美人の方が稼ぎやすい」というのはある。
でもだからと言って、私みたいなオバサンが、稼げないわけではない
少しのコツで、収入は伸ばせるし安定する

Q.年齢的に40代の人とかはキツくない?

チャットレディだと難しい。
でもメルレならいける
サバ読みも簡単だし。

あと、クレアはアプリを入れると40代でも楽。
グランと同時待機できるから、熟女好きな客層がつきやすい。

Q.プロフは作り込まないとダメ?

最初は頑張るべき
1個だけしっかり作ったら、あとは同じプロフを使い回せば良い

特に「完全ノンアダ」の人は、プロフ次第、みたいなとこあるし。

Q.「映える顔写真」とか無理なんだけど… 顔出ししたくない人は?

さっきも言ったけど、容姿と年齢は関係ない。
「映える」というのは、修正した後の話。

ガンガン盛って、インスタにいそうなキラキラ女子に見えればOK

プロフにだけ詐欺写真を載せれば、普段は顔出しゼロでいける。

Q.顔写真は何枚くらい掲載すべき?

私は5枚くらい上げてた。
何年も前に撮ったやつ。

若い頃の写真を使い回してた。
最低3枚くらいあれば何とかなる。

Q.他に必要なスキルとかある?

最低限のウソをつく」スキルは必要。
「秘密」とか「内緒」とかプロフに書くのはダメ。
お客にメールで言うのもNG。
印象が悪くなる。

Q.アタメは何百通も必要?

メルレが増え過ぎて、最近はアタメしても返信が少ない。
効率を考えて、私は掲示板をよく利用してる。

自分にとって「奇跡の1枚」みたいな顔写真があって、それを定期的に投稿するだけ。

あとは、足あとにお礼メールするくらい。

Q.「バレにくいウソ」をつくコツは?

私はウソをつく度、メモをする習慣がある。

そうすれば、前後の矛盾とか話の辻褄が合わないとか、そういうリスクを回避できる。
例えば、

  • 年齢は26歳
  • 独身
  • 職業は教師(教員免許は本当に持ってる)
  • 所在地は東京

みたいな感じ。
ほとんどウソだけど、もう何年もバレてない。

Q.もう一度「3つの稼ぎ方」を教えて!

特に大切なのは、

  • 数枚は顔写真を載せること
  • プロフは1個だけ作り込む
  • ウソをつくときはメモる

この3つ。
特に「ウソのつき方」が大事だと思う。

参考記事はこちら♡
【メールレディのプロフィール】いい嘘とダメな嘘

安心安全な大手ノンアダ求人♡

完全ノンアダルトのライブでゴーゴー

悩みや不安を抱えてるなら相談してみよう!(厚生労働省)

関連記事