チャットレディは初期費用が高額!全額で10万円以上かかる人も

チャットレディの初期費用を計算してみた結果

チャットレディは無料で始められる
・仕事中も費用がかからない
・必要なのはスマホだけ

そんな求人情報や口コミを見たことはありませんか?

でも実際には、意外と初期費用がかかります。
しかも高額。10万円以上かかる人もいます。

全額を計算してみました。
◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部

チャットレディは「初期費用0円」の落し穴

「初期費用が無料のチャットレディ」には条件があります。

自宅にWi-Fiがある(またはパケット無制限のプランに加入している)

スマホを持っている(旧型はNG)

WEBカメラやマイクを持っている(パソコンで働く場合)

仕事部屋や「快適に働ける環境」がある

以上の条件を満たしていない人は、意外と出費が増える場合も。
詳しく計算していきます。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

初期費用の例(毎月の出費も含む)

Wi-Fi(ネット回線)… 月額4,000円~5,000円

パケット代 … 月額6,000円~7,000円(無制限のプランに加入する場合)

スマホの端末代 … 平均で4万円~7万円(またはパソコン代5万円~10万円)

WEBカメラやマイク … 平均で5,000円~1万円(パソコンで働く場合のみ必要)

工事費や手数料 … 1万円程度(自宅に光回線を引く場合)

平均で「月に1万円程度の出費は必要」だと覚えておきましょう。

チャットレディには「便利グッズ」もあって、多くの女性が利用しています。

揃えるといくら必要か、その平均額も見ていきましょう。

あった方が良いもの(便利グッズや美容アイテムの平均額)

照明(ライト) … 2,000円~3,000円

ウィッグ … 3,000円~4,000円

ソファや椅子、机など … 1~2万円

チャット時のメイク代 … 月額5,000円~1万円

観葉植物やアクセサリー … 2,000円~5,000円

便利グッズも「初月は1万円くらい」の出費を想定しておきましょう。

※ただし必須ではないので、節約は可能です

初期費用を節約する方法

初期費用は「ほとんどかからない」チャットレディもいます。

スマホをすでに持っている
自宅にWi-Fiがある
Wi-Fiはないけどパケット無制限のプランに加入している

以上に該当する人は、便利グッズや美容アイテムを揃えるだけ。

「すでに所有しているもの」を買い直す必要はありません。

まずは「必要最小限の物」だけ購入して、費用を節約しましょう。

購入先は通販がおすすめ。
安くて質の良いものが揃います。

通勤タイプの求人に応募する」のもおすすめ。
初期費用を0円にできますし、様々なサポートを受けられます。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

「実際に稼げる」と分かったら出費を増やしていく

チャットレディは「すぐに辞める」人もいます。なので、初期費用は「無駄になってしまう」恐れも。

いきなり高額の出費をするのは危険です。

まずは仕事を始めてみて、
「実際に稼げる」か「長く続きそう」かを確認しましょう。

「私に向いてそう」「続けられそう」だと確信したら?
徐々に出費を増やしていくのがおすすめ。

光回線や、高性能なスマホ、PC、ウィッグなど、
あったら便利なもの
収入につながりそうなもの
を揃えましょう。例えば、

「快適に働く」ための環境づくり
高収入を稼ぐための「先行投資」
お客の満足度を高める「自分磨き」

以上3つの条件に当てはまったら、出費は増えてもOK。
稼げる人は後で回収できます。

私が使用しているスマホ、通信プラン、便利アイテム

私も初期費用やスマホ代は、限界まで節約しました。
毎月の出費も1万円以下。チャットレディ初心者の方は参考にしてみてください。

スマホ … iPhone7(約2万円)

通信プラン … UQモバイル(毎月約1,500円)

Wi-Fi … UQモバイル(毎月約4,000円)

照明(ライト)… Sunhop LEDリングライト(約3,000円)

ソファ … アイリスプラザEJ-2107(約1万円)

テーブル … 武田コーポレーション OTB-6045(約3,000円)

ウィッグ … FESHFENシリーズ(約3,000円)

※便利アイテムは全てAmazonで購入できます

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

チャットレディは税金もかかる!

初期費用を安く抑えても、翌年には税金の支払いが待っています!

金額の目安として「収入の10%が税金になる」と考えておきましょう。

「稼げば稼ぐほど増える」のが税金の特徴。
高収入を稼ぐチャットレディは、収入の4割くらいを税金で引かれてしまいます…

でもご安心を。
チャットレディの多くは税金を10万円以下にできます!

初期費用は「経費」になる!経費が増えると税金が減る!

仕事に必要な費用を「経費」と言います。

初期費用は全額が経費。
毎月必要な「スマホ代」「パケット料金」なども経費になります。

先ほど紹介した「便利グッズ」「美容アイテム」の購入費も経費。
さらに、

家賃
光熱費
外食代
交通費

など、一部を経費として計上できます。

「経費が増えると税金が減る」ので、遠慮せずにどんどん計上しましょう。

税務署から厳しくチェックされることはありません。

「経費を計上する方法」は簡単。
レシートや領収書を保管しておけばOKです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください
メールレディは経費が多いので税金ほぼナシ!簡単な計算方法

確定申告はしなくて済むチャットレディも多いです。
チャットレディで確定申告してない!バレた!でも大丈夫だった体験談

チャットレディに必要な費用の一覧

【初期費用が必要な人の目安】

スマホを買い替える … 2~4万円

新しい通信プランに加入する … 5,000円~1万円(工事費、手数料など含む)

パソコンを買う … 5~10万円

WEBカメラやマイクを買う … 5,000円~1万円(PCを購入する場合のみ必要)

【毎月の出費】

Wi-Fiや通信プランの利用料 … 5,000円~1万円

美容アイテムの購入費 … 5,000円~1万円

【あると便利なもの】

照明 … 3,000円~5,000円

ソファや椅子 … 1万円~2万円

デスク(テーブル)… 5,000円~1万円

ウィッグ … 3,000円~4,000円

【税金】

収入の1割程度(実際に稼げた人だけ)

【参考リンク】
チャットレディにおすすめの照明ランキング!使い方のコツと選び方
チャットレディのウィッグ【本当に必要?】おすすめする理由と選び方

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部
最終更新日:2021年10月15日

※メールレディハピは、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第6293416号
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事