メールレディが旦那にバレる10の原因!バレない方法と対処法のウソ

メールレディが旦那にバレる10の原因

メールレディは「内緒で働く」必要があります。その理由はイメージが悪いから。

ノンアダルトでエッチなことは一切してない!
求人を募集してるのは大手企業!
だから安全性も大丈夫!

…という風にいくら説明しても、家族や友人の理解は得られないと思ってください。
(私の場合もそうでした)
◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:さおり

旦那や家族にバレるとどうなる? デメリット5つ

メールレディは普通に始めると、旦那にバレます。
バレたときのデメリットは以下の5つ。

仕事を辞めることになる(辞めるように説得・お願いされる)
浮気や不倫を疑われる
稼いだお金を自由に使えなくなる
スマホを見せるように言われる(プライバシーを侵害される)
親や友人などに暴露される危険性も

…というような感じで、ケンカやストレスは確実に増えます(-_-;)

メールレディが旦那にバレる10の原因

私は注意してるからバレない
スマホをロックしてるから大丈夫!

そんな油断は禁物。

メールレディが旦那にバレる原因は10コもあります。

「バレない方法」「内緒で働くコツ」がネットでよく紹介されてますが、ウソが多いので注意。

対処法を実践しても、やっぱりバレる
その理由も含めて、バレる原因を私の体験談から紹介します。

原因① アプリでバレる

メールレディは「アプリを落として稼ぐ」働き方が一般的。
なので、

旦那さんがスマホを見る ⇒ 不審なアプリに気づく ⇒ アプリの名前をネットで検索する

私はこの形でバレました。

対処法のウソ① スマホをロックすれば大丈夫 ⇒ 指紋認証やパスワードは簡単に破られる!

スマホにロックはかけていたのですが、私の旦那はパスワードを知っていました。
内緒にしていたのに…

恋人や夫くらい親しい関係になると、相手のパスワードは、

何となくわかる(記念日や生年月日から予測できる)
解除のとき盗み見して覚えている
指紋認証も、寝ているとき勝手に解除される危険性がある

以上のような原因で破られてしまいます。

私の場合は誕生日を逆から並べた数字だったので、夫が言うには「簡単に分かった」そうです(-_-;)

本当にバレない対処法① ロックは「顔認証」が最も安全

スマホのロック機能を使うなら「顔認証」がおすすめ。
iPhoneの「フェイスID」やAndroidの「Smart Lock」ですね。

顔写真を使えば解除できる
指紋と同じで寝ている間に無断で解除される
というウワサがありますが、これはデマ。
写真や寝顔では解除できない仕組みになっています。

ただ、顔認証は一部のスマホしか対応していません。
お持ちのスマホが非対応の場合は、

とにかくアプリを入れまくるアイコンだらけにしてメルレアプリを見つかりにくくする

「隠しフォルダ」を作って、そこにメルレのアプリを入れる

アプリを入れたフォルダに鍵(パスワード)をかける

以上のような方法で対策しましょう。
二重三重に対策すれば、よりバレにくくなります。

原因② スマホの履歴からバレる

メールレディはアプリなしでも働けます。
でも「アプリを入れなければバレない」と安心するのは間違い。

様々な「履歴」が旦那にバレる原因になるからです。
スマホに保存される履歴は以下の通り。

サイトのアクセス履歴
検索履歴
アドレス(URL)の自動入力機能
文字の予測変換、自動学習(辞書)機能
ログイン用パスワードの自動入力機能(一部のスマホではパスワードを保存したサイト名が表示されます)

1つでも履歴が残っていると、怪しまれること間違いなし。
ネットは「情報収集するだけ」でも履歴が残ります。

例えば私のスマホだと、「め」と入力するだけで「メールレディ」まで自動表示。

YahooやGoogleの検索履歴にも「メールレディ」の文字がずらりと並んでいます(笑)

対処法のウソ② 全ての履歴を削除すれば安心 ⇒「削除を忘れる」危険性あり

履歴は全て削除できますが、毎日手作業で消すのはかなり面倒。
そして、いつかは必ず「消し忘れ」てしまう日がきます。

「明日消せばいいかな…」
という油断もバレる原因に。

よほど几帳面な方以外「毎日履歴を消去する」作業は続きません(-_-;)

本当にバレない対処法② 「プライベートブラウズ」「シークレットモード」なら履歴が残らない

スマホやPCには「履歴を残さずネットにアクセスする方法」があります。

それは「プライベートブラウズ」や「シークレットモード」と呼ばれる機能。
iPhoneやAndroid、ほぼすべてのスマホで利用できます。

【iPhoneの場合】
Safari を開 ⇒ 画面右下「ブックマークボタン」 ⇒ 画面左下「プライベート」 ⇒ 「完了」をタップ

【Androidの場合】
Chrome アプリ を開 ⇒ アドレスバーの右の「その他アイコン」 ⇒ 「新しいシークレットタブ」をタップ

メールレディは「履歴を残さず稼ぐ」という働き方を徹底しましょう。

原因③ 着信通知でバレる

メールレディを始めると、「着信通知」が頻繁に来ます。

通知の種類は主に2種類。

アプリの「メール受信」や「通話着信」
登録したサイトから来る各種「お知らせメール」の受信通知

アプリで稼ぐ場合も、サイト上で稼ぐ場合も、
稼げる女性ほど大量の通知がある」点に注意が必要です。

※メールレディはアプリかサイト上でメールをやり取りします。
なので、あなたのアドレスに直接メールが届くことはありません。
電話番号に着信が入ることもないです。その点はご安心を(‘ω’)

対処法のウソ③ 「非通知設定」にすれば良い ⇒ 余計に怪しまれる場合も!

通知のオン・オフはスマホで簡単に設定できます。
ただし、スマホの設定画面を見れば「非通知に設定しているアプリは誰でも見れる」点に注意。

例えば「メールレディのアプリだけ」を非通知にしていると、怪しまれること間違いなし(・_・;)!

または、

メールレディのアプリを含む「一部のアプリだけ」非通知にしている

お知らせメールを「迷惑メールフォルダ」「ゴミ箱」に入れて放置している

通知のオンオフを頻繁に切り替えている
(仕事中はオンにして、旦那の前ではオフにしている場合など)

以上のような方法もおすすめできません。
全て「旦那にバレる大きな原因」になります。

本当にバレない対処法③ 全てのアプリを非通知に

バレないコツとしては、「スマホに入っている全アプリの通知をオフにする」が最も安全。

受信メール(メッセージ)も含めて、通知を完全にオフするくらい徹底すれば安心です。

※バナー、サウンド、バッジ全てオフ!

または、1つか2つのアプリを除いて全通知をオフにしましょう。

私の場合はLINEと電話以外、すべてのアプリや機能を非通知にしてます。

先ほど紹介した
アプリを入れまくる
アイコンだらけにする
という方法と組み合わせれば、さらにバレにくくなります♪

原因④ 通帳(銀行口座)に振込があるからバレる

メールレディの報酬は「銀行口座に振込」される形が一般的。

なので、旦那さんが通帳を見たら「怪しまれる確率が非常に高い」です。

振り込み元の会社名など、分かりにくい表示にはなっていますが、ネットで検索すれば出てくる(-_-;)!

特にサイトやアプリを「掛け持ち」している方は注意。
多い人では毎月10社くらいから振込があるので、これはさすがに怪しいです…

対処法のウソ④ 「ヘソクリ用の口座を作る」「Amazonポイントで受け取る」 ⇒ バレる原因が増えます

「旦那に内緒で新しく口座を作る」という対策は、個人的にはおすすめできません。

手間がかかるし、銀行から書類やDMが届くようになるし、新しい通帳を隠さないといけないし…
逆に「バレる原因が増える」ことになりかねません(;^_^A

サイトによっては報酬を「Amazonポイントで受け取る」方法も選べますが、これもイマイチ。

Amazonでしか利用できない
無駄遣いが増えやすい
Amazonの「ポイント獲得履歴」からバレる恐れあり

以上の理由があるからです。

Amazonポイントはサイトやアプリから誰でも簡単に閲覧可能。
数万~数十万ポイントなんて貯め込んでいると(稼げば稼ぐほど)、怪しまれるリスクが高くなります。

本当にバレない対処法④ ネットバンクに口座を作る(バレたときの言い訳も考えておく)

メールレディ専用の口座を作るなら、ネットバンクインターネット銀行)がおすすめ。
以下のようなメリットがあります。

手続きが楽(ネット上で開設できて、即日利用可能)

通帳不要(スマホやサイト上で管理できる)

書類やDMが来ない(開設時のみキャッシュカードが届きます)

報酬振込時の手数料が安い(例えばモコムやファムは数百円の手数料が50円に!)

手数料だけ見ても、年間で数千円を節約できる計算になります♪

ただ、慌てて口座を作る必要はないかもしれません。
口座の必要性は「旦那さんがどこまで家計に関与しているか」によります。

世の中には「家計の管理は妻に丸投げ」「通帳は全く見ない」という旦那も多いので…

そういうご家庭でも念のために、振込がバレたときの「言い訳」は考えておきましょう。

懸賞サイトで稼いだ
在宅ワーク(文字入力など)で稼いだ
メルカリで要らないものを売った

などなど。

ヘソクリをしていた事実については、素直に謝るのがおすすめ。

「どうしても欲しいものがあって…」
「隠れてコツコツ貯めてたの…」

旦那の関心を「仕事の中身」から「ヘソクリしていた妻の気持ち」にずらしてしまえば、
あなたの勝ちです(笑)

あとは、実際に「複数の在宅ワークや副業を掛け持ち」する方法もおすすめ。
振り込みがあっても他のバイトを口実にしてごまかせますよ~♪

原因⑤ プレゼントが届くからバレる

メールレディやチャットレディは、お客さんから「プレゼント」をもらうことがあります。

「プレゼント」または「ギフト」機能と呼ばれる仕組みで、受け取れるのは、

高級ブランド品(バッグや腕時計、香水、衣類など)
アクセサリー
お菓子などの食品
家電
美容アイテム

など。
贈る商品はお客が選びます。

対処法のウソ⑤ 「ネットで買った」とウソをつく ⇒ 「高価なもの」「買うはずのないもの」に注意

プレゼントやギフトは、匿名で安全に受け取れます。本名や住所がお客にバレる心配はありません。

また、段ボールなどの梱包材に貼ってある送り状を見ても、「誰からもらったか」は分からないようになっています。

パッと見は「通販で買った商品」と同じ。
「ネットで買った」とウソをつけば、家族や旦那を騙せると考える方も多いようです。

ただ、問題は中身。
自分の趣味に合わない衣類
お小遣いで買えるはずのない高級品
など、不審に思われる商品も少なくありません(・_・;)

本当にバレない対処法⑤ 怪しまれそうなモノはすぐに売る!

プレゼントされた商品を受け取るかどうかは、メールレディが決める仕組みになってます。
なので、旦那にバレないよう、

必要最小限のモノしか受け取らない
プレゼントは全て断る
送付先を実家にする

などの対策を実践しているメールレディも多いです。

でも上記の方法だと高級品をGETするチャンスを逃すことに(-_-;)
親バレ」「家族バレ」の危険性も増えます。

しっかり商品を受け取って、しっかり稼ぐ方法、それは転売!

売れそうなものは即日売って、すぐにお金に変えましょう。梱包材もその日のうちに処分です!

新品のままリサイクルショップやメルカリで売れば、良い金額になりますよ~♪

原因⑥ 贅沢をするからバレる

メールレディで稼げる金額は、月2万~3万円くらい。売れっ子でも5万円です。

贅沢ができるような金額ではありませんが、予想外の「臨時収入」を稼げることも。

リッチなお客が「チップ」を弾んでくれたり、長時間「通話」してくれたり…

私も数回だけ「月収数十万円」を達成できた月がありました。

そうなるとやっぱり、つい贅沢をしてしまい…ブランド品を複数購入。

ファッションに疎い旦那にはバレませんでしたが、友人からはかなり驚かれました(笑)

対処法のウソ⑥ 贅沢をしない ⇒ 金銭感覚がマヒするので難しい

いくら収入を稼いでも「贅沢をしない」「無駄遣いを控える」ことさえきれば、特に問題ありません。

ただ、毎月しっかり稼げている人ほど、これが難しい…

次第に金銭感覚がマヒしてきて、
ちょっとだけ贅沢しちゃおうかな~」となりがちです。

または、自分でも気づかないうちに、

生活の質が徐々に上がる ⇒ 旦那だけがその変化に気づく

というパターンもあります。

特に旦那さんが家計を管理している場合は要注意。かなりの高確率で怪しまれます!

本当にバレない対処法⑥ 「モノ」ではなく「コト」で贅沢する

「たまには贅沢したい!」
「自分へのご褒美が欲しい!」

そんな場合は、証拠が残らない形で「コト」「サービス」を購入しましょう♪

友だちとランチをしたり、日帰り旅行に行ったり、エステに行ったり…

または、旦那さんが疎い分野の商品を購入するのもおすすめです。

先ほども言いましたが、私の旦那も含めて、男性の多くはファッションブランドに疎いです。

コスメ、アクセサリー、バッグなど、よっぽどの有名ブランド以外は大丈夫。

ただ、ネットで検索されると値段もバレるので、「メルカリで半額で買った」「友達からもらった」など、言い訳は考えておきましょう。

「どうしても贅沢(無駄遣い)が我慢できない!」という方は定期預金がおすすめ。

ネットバンクにも定期預金があります。コツコツ貯めておきましょう♪

原因⑦ 画像や動画からバレる

メールレディは画像や動画を投稿する機会が多いです。
数百枚単位の画像をスマホに「撮り貯め」している女性も珍しくありません。

特に多いのが「自撮り画像」。
メールレディは「投稿すればするほど稼げる」ので、プロフ画像だけでもすぐ数十枚に。

旦那さんにスマホ(アルバムやカメラロール)を見られた場合、
かなり怪しい「自撮りだらけの一覧」が表示されてしまいます(-_-;)

対処法のウソ⑦ 画像や動画はすぐ削除 ⇒ 使い回した方が効率良く稼げます

「撮影してもすぐ削除すればバレない!」
…確かに予防策としては効果的です。

ただ撮影と削除を繰り返していると、効率良く稼げません。
画像や動画は「使い回し」が基本。

例えば日替わりでプロフ画像を変更したり、1ヵ月おきに同じ画像をブログに上げたり…

いちいちメイクや修整をやり直すのは大変です。
できるだけ同じ画像を使い回して、「手抜きして稼ぐ」方法を意識しましょう。

本当にバレない対処法⑦ クラウドサービスを利用する

撮影した画像や動画は「クラウドサービス」でネット上に保存すれば安全。

クラウドに保存したデータはログインしないと閲覧できません。
旦那さんに「内緒で大量の画像・動画を所有する方法」としておすすめです。

無料で利用できるクラウドサービスは以下の通り。

iPhone  ⇒ iCloud Drive
Android ⇒ Google Drive
Galaxy  ⇒ Galaxyクラウド

その他、Dropbox、OneDrive、AmazonDriveなどが大手サービスとして有名。
数百枚~数千枚の画像でも余裕で保存できます。

クラウドに上げた画像や動画は、必要なときいつでもダウンロード可能。
プロフ、掲示板、ブログの更新時に活用しましょう♪

原因⑧ スマホを気にし過ぎてバレる

メールレディを始めると、スマホを利用する機会は確実に増えます。

稼げる人ほど「スマホが気になって仕方ない」状態になりがち。一種の「職業病」ですね。

メールが来てないか、着信がないか、数分おきにチェックしてしまう…

稼げるからこそ「依存性」もあるのがメールレディの怖いところです (;^_^A

ただし、旦那の前でスマホを触り過ぎるのはNG。

浮気を疑われる ⇒ 旦那がスマホの中身を見る ⇒ メールレディがバレる

そんな体験談が少なくありません。

対処法のウソ⑧ トイレや個室で(旦那に隠れて)チェック&返信する

旦那に隠れてスマホを操作すれば安全…
とは限りません。
今度は「謎の時間」が問題になります。
例えば、

トイレにこもってなかなか出てこない妻
深夜遅く(自分の就寝後に)別室へ行く妻
外出先でこまめに席を外すようになった妻

などなど、どれも怪しすぎます(-_-;)

自分に隠れて何をしてるんだろう?
と不審に思われたらアウト。
在宅ワークどころか、不倫や浮気を疑われて、悲惨な事態を招きかねません!

本当にバレない対処法⑧ 旦那の外出中に集中して稼ぐ

メールレディを始めたら、

旦那の前では絶対にメールをチェックしない
旦那が家にいるときは返信も控える(音漏れするので通話も絶対ダメ!)
一緒に外出した時はメールのことを考えない

くらいの意識を持ちましょう。

働き方にメリハリをつければ、自然と「バレにくい稼ぎ方」ができるようになります。

例えば旦那の出勤時など「外出中に集中的に稼ぐ」スタイルがおすすめ。

または、あなたの方が外出して、Wi-Fiのつながるファミレス、カフェなどで稼ぎましょう。
コーヒー代くらいならすぐ元が取れますよ♪

オシャレな環境で働くと集中力もアップするのでおすすめです(*’▽’)

原因⑨ 家族や友人を介してバレる

メールレディには「紹介制度」があります。
友達をサイトに招待すると、1人につき数千円の報酬ゲット。

そのため友人同士で情報を共有している女性も多いです。

ただし、友人のせいで「旦那にバレる危険性が増す」ことも。
例えば、

リア友とLINEのグループチャットなどで情報交換している
旦那と共通の知人にメールレディについて話した
SNSや掲示板で不特定多数のメールレディと交流している

以上のようなリスク要因が考えられます。

または、子どもがゲームをしようとして、何気なく私のスマホを開いた結果…

「ママ誰かとメールしてるみたい」
「パパかと思って返信しちゃった」

なんて「事故」も普通に起こります!

他意や悪気がないからこそ、子どもの行動は予測不能。
私はいつもヒヤヒヤさせられてます(;^_^A

対処法のウソ⑨ 親や旦那には打ち明けた方が良い

ネット上の口コミを見ると、

メールレディをしていることは、家族に打ち明けた方が良い
むしろ旦那には話した方が働きやすい

という風な体験談もあります。

しかし実際には、打ち明けるべきかどうかはケースバイケース。

打ち明けた結果、
絶対に辞めてほしいと言われた
夫婦ゲンカが増えた
出会い系じゃないと言っても信じてもらえない
そんな体験談も少なくありません。

私の体験から言っても、旦那さんの理解を得ることは困難。

以前にバレたときは、「すぐに辞めてほしい」「子どもが可哀想」と大反対されました。

打ち明けるかどうかは、旦那さんの反応を予測して、慎重に検討する必要があります。

少なくとも
旦那さんは凹む」(または怒る)
かなりの高確率で辞めることになる
くらいの覚悟は必要だと思います(・_・;)

本当にバレない対処法⑨ 「誰にも言わない」がおすすめ

メールレディをやるなら「内緒で稼ぐ」働き方を徹底しましょう。

旦那、家族、親、子ども、友人、誰にも言わない方が安全です。

紹介制度を利用するなら、「友だち」の募集はネット上限定で。

SNSは「募集専用のアカウントを取得する」くらい慎重な行動をおすすめします。

LINEの利用は、基本的にはNG。
使うならメールレディ関連のメッセージはこまめに削除しましょう。

メールレディは「本当に稼げる人」ほど、
「友だちにおすすめしたい」「おいしい話を共有したい」となりがち。

時々は誰かに愚痴を聞いて欲しくなることもあるかもしれません。

そこはぐっと我慢して、「誰にも話さない」姿勢を貫いてください(‘ω’)ノファイト!

原因⑩ 確定申告するからバレる

確定申告をすると「自宅に書類が届くからバレる」「扶養から外れてバレる」リスクがあります。
ただ、多くのメールレディは確定申告をしていません。
必要ない」人が多いからです。
確定申告が必要になるのは、

① メールレディが「本業」で年間の所得が38万円以上

② メールレディが「副業」で年間の所得が20万円以上(複数のバイトを掛け持ちしている場合)

例えば専業主婦の場合はが該当します。
ただし、年間の「収入」ではなく「所得」が対象となる点に注意。

「所得 = 年収-経費」です。

収入とは「報酬の全額」。
所得とは「収入から経費を引いた金額」です。

メールレディは経費が多いので、「確定申告不要」な人も少なくありません。

家賃、スマホ代、電気代、自撮り撮影時に使用した化粧品、衣類の購入費など、全て経費にできます。

例えば、

毎月約3万円の収入で、年収が36万円くらい
毎月約5万円の収入で、年収が60万円くらい

メールレディで稼げる人の年収はこれくらいですが、いずれも「申告するほどの所得がない」ケース。
もし年収が60万円くらいあっても、

家賃の2割~3割
スマホ料金の3~4割(インターネット利用料、端末の購入費など)
衣類の購入費
美容院(ヘアカット)代
電気料金の1割~2割
パソコンやタブレット端末の購入費
ネイルやウィッグにかかった費用
チャットに使用したソファ、机、ライトなどの購入費

これくらいは問題なく経費に計上できます。
所得とは、年収(報酬)からこれらの経費を差し引いた金額。

なので、普通のメールレディは「非課税」「確定申告不要」の人が大半です。

対処法のウソ⑩ 確定申告しないと税務署にバレて罰金を取られる ⇒ 売れっ子だけ

税務署から指摘を受けるのは、年収が数百万円~1000万円以上の「売れっ子」が多いです。

特に「長年チャットレディをやっている人」は注意。
在宅ワーカーとしてはかなり高収入な部類に入るので、調査も厳しくなります。

でも、普通に稼いでいる99%のメールレディには無関係。
経費もガンガン計上して問題ありません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

本当にバレない対処法⑩ 確定申告はスルーできる

メールレディは確定申告が必要になるほどは稼げない
と言われると、嬉しいような悲しいような…

もし稼ぎ過ぎてしまったら?
そのときは経費を増やしましょう。

経費として認められるのは「仕事にかかった費用」だけですが、あくまで自己申告。

ガンガン計上してOKです(税務署からNGが出ることは滅多にありません)。

「それほど稼いでないから適当で良い」
「経費が多くて所得は0が当たり前」
くらいに余裕をもって考えましょう♪

メールレディが旦那にバレる原因と対策まとめ

原因① アプリでバレる
対策⇒ 顔認証で「ロック」。アプリを入れまくる、隠しフォルダに入れる、フォルダに鍵をかけるなど

原因② スマホの履歴からバレる
対策⇒ 「プライベートモード」「シークレットモード」を利用する

原因③ 着信が多いせいでバレる
対策⇒ 全アプリを非通知にする

原因④ 通帳(銀行)に振込があるからバレる
対策⇒ ネットバンクに口座を作る

原因⑤ プレゼントが届いてバレる
対策⇒ 怪しまれそうなモノはすぐ売る

原因⑥ 贅沢をするからバレる
対策⇒ モノを買い過ぎず「コト」「サービス」で贅沢する

原因⑦ 画像や動画でバレる
対策⇒ 無料の「クラウドサービス」に保存

原因⑧ スマホを気にし過ぎてバレる
対策⇒ 旦那の外出中に稼ぐ

原因⑨ 家族や友人のせいでバレる
対策⇒ メールレディをしていることは誰にも話さない

原因⑩ 確定申告をするからバレる
対策⇒ 所得が少なければ確定申告は不要!

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:さおり
最終更新日:2020年7月1日
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事