チャットレディは何を話す? 実際は「何を聞くか」が大事! 会話内容のコツ

チャットレディは何を話す?

何を話せばいいのか分からない…
お客と会話が続かない…
人見知りがあるから、つい黙ってしまう…

チャットレディ初心者によくある悩みです。

でも大丈夫。
「自分が何を話すか」は、接客時に考えなくてもOKです。
実際に大事なのは「お客に何を聞くか」。  

会話内容のコツを「質問力」「聞き役」の視点から見ていきます。

◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部

チャットレディ求人一覧はこちら

男性が「自分の話を聞いてくれる女性」に依存する理由

売れっ子のキャバ嬢や、高級クラブのママさん。彼女たちは例外なく「聞き上手」です。

「自分の話を聞いてくれる」人が好かれるのは、カウンセリング効果があるから。

心理学ではこの作用を「社会的報酬」といいます。
簡単に言うと、
自分の話を聞いてくれる ⇒ 良い人 ⇒ 好き
という風に感じるのだそう。

このとき、脳内では快感物質が分泌されています。
その結果、男性は女性に「依存」する状態に。
常連客」のできあがりです。

チャットレディの詳細についてはこちら

チャットレディが男性に「聞くべきこと」とは?

男性と女性は、話題の「選び方」が全然違います。

チャットレディに必要なのは「男性に合わせる」姿勢。

男性が「聞かれて喜ぶ話題」を選んで話しましょう。
大手女性誌に掲載された「男性が喜んで話す話題」は下記の通り。

話題に困ったら、この中から選んで男性に何か質問してみましょう。

趣味に関すること

男性は女性と比較して、圧倒的にオタク気質の人が多いです。

私の経験上も、趣味に関することは「話し出すと止まらなくなる」男性が多数。

1~2時間くらいぶっ続けでお喋りしてくれる人も何人かいました。

アニメ、漫画、映画、小説、鉄道、車、バイク…
対象は何でもOK。
相手の「詳しそうなこと」を聞いてみましょう。

チャトレの大手求人一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

仕事に関すること

高収入な人ほど「自分の仕事」について語りたがる傾向があります。

まずは「興味のあるフリ」をすることから。

業界の事情や仕事の実態について、積極的に質問してみましょう。

話の合間には、相づちをオーバーに返します。

「そうなんですね!」
「すご~い!」
「知らなかった!」

この繰り返しで、
会話が自然に盛り上がっていきます。
メールレディの安全についてはこちら

自慢したいこと

人は誰しも「他人に自慢したい」という欲求を持っています。

収入、学歴、過去の成功体験、珍しい経験、貯金額、などなど。

自慢話を延々聞かされるのは、苦痛ではありますが…

チャットレディにとっては「稼げる話題」です。
話題を選ぶときのコツは、事前の情報収集。

男性の「自慢したいトピック」は、プロフを見れば大体分かります。

プロフィール上、メインに掲げられている事柄は何か…
その人の第一印象から分析してみましょう。

共通の話題

お客と共通の話題を見つけたら、
積極的に質問してください。例えば、

  • 地元が同じ
  • 年齢が近い
  • 共通の趣味がある

など、ネタになれば何でもOK。

あの駅の近くにスタバありますよね?
行ったことありますか?

私たち高校生のとき、AKB流行してましたよね~

私も鬼滅見てます!
他におすすめのアニメありませんか?

という感じ。
共通の話題は広がりやすく、ごく自然にネタ切れを回避できます。

プロフィールに書いてあること

チャットをする前、またはチャットの最中には、お客のプロフをチェック。

話のネタが簡単に見つかります。

例えば、住んでいる場所や、趣味、職業、年齢、顔写真など。

会話の流れとしては、

○○県に住んでるんですね!
××が名物ですよね♪

食べ歩きがお好きなんですね!
おすすめのお店教えてください!

公務員さんですか!すごいなぁ~

といった感じです。

男性のプロフィールは、会話のネタとして最強のツール。
ぜひ活用しましょう。

認可済みの安心な求人情報一覧!

質問のコツは「相手が知ってそうなこと」「詳しそうなこと」を聞く

チャットレディにとって「何を話すか」は、
優先順位の高い問題ではありません。

大切なのは「何を聞くか」。

なので、男性から聞くべき「話題の選び方」がポイントになります。

例えば「答えにくいこと」「知らないこと」を聞くのはNG。

男性が「気軽に答えられること」「確実に知っていること」を質問するのがコツです。

特に会話が弾みやすいのは、男性が「詳しいこと」。
マニアやオタク系の男性に質問がヒットすれば、長時間のチャットを期待できます。

本当は「自分も知っている」「自分の方が詳しい」ことでも、質問してOK。

「知らないフリ」をしましょう。

男性に教えてもらって、あえて「マウントを取らせる」テクニックです。

質問が途切れたら何を話す? 困ったときは「たちつてとなかにはいれ」

チャットが数時間も続くと「質問するネタが切れてしまう」ことも。

そんなときは会話の基本「たちつてとなかにはいれ」を活用しましょう。

たちつてとなかにはいれ」とは、誰でも喋れる話題の頭文字。

… 食べ物、飲食店、お酒、料理
… 地域、出身地、住んでいる場所
… 通勤、通学、交通手段、車、鉄道
… 天気、温度、季節、風物詩
… 富、景気、経済、お金、収入
… 名前、ユーザーネーム、ID
… 体、ダイエット、健康、毎日の習慣
… ニュース、テレビ、SNS、雑誌や本で読んだこと
… 流行り、時事ネタ、最近の出来事
… 異性、好きなタイプ、好きな芸能人、恋愛話
… レジャー、旅行、休日や週末の過ごし方

など、無難に盛り上がる話題ばかり。
チャットレディ初心者におすすめです。

※ぜひ当記事をお気に入り登録してください。
チャット中、
このページを開いて話題を探しましょう。

安全な大手チャトレ求人はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

逆に「男性から質問されたら」何を話す? 答えにくいこと5種類

お客から好意を持たれると、今度はあなたが「質問される」頻度が増えていきます。

プライベートなこと、答えたくないことを聞かれる場合も。例えば、

  • 本当は何歳?
  • どこに住んでるの?
  • 彼氏はいる?結婚してる?
  • 電話番号教えて!LINE交換しよう!
  • 実際に会える?パパ活に興味ない?

などなど。
「よく聞かれる質問」にはパターンがあります。
あらかじめ返答内容を用意しておきましょう。

チャットレディに必要なスキル「上手なウソのつき方」は?

「とっさに上手なウソをつく」のは、チャットレディ上級者でも困難。

でも返答を前もって考えておけば、ごく自然にチャットを続けられます。

ウソをつくコツ」は、以下の記事にまとめました。
※メールレディ向けの記事ですが、全てチャットレディにも応用できます



否定的な「口ぐせ」に注意! まずは肯定から始める

相手の話を聞いて、返事が「否定から入る」クセのある人は要注意。

「でも」「いや」「だって」は禁句です。
もし反論したい点や、自分の考えと合わない部分があっても、

  • そうですよね! / ですよね! / そうそう! / うんうん!
  • なるほど~ / たしかに! / そうなんだ!
  • 分かります / 分かる分かる! / 私もです!
  • ウソ~! / 本当? / マジで? / すご~い! / え~! / やばい!

という風に「肯定」「相づち」から会話を始めましょう。
会話が盛り上がりやすくなります。

チャトレの求人比較一覧はこちら

お客に「聞かない方が良いこと」「質問を避けるべき話題」

何を話すかネタに困っても「余計な質問」だけは避けましょう。

お客のプライベートに踏み込むような質問はマナー違反です。

例えば、

  • 匿名の男性に本名を聞く
  • 年齢非公開の男性に年齢を聞く
  • プロフに掲載されていないのに、居住地や家族について尋ねる

など。
お客が伏せていること、隠していることを聞くのはNG。
もっと仲良くなって、お客の方から話始めるまで待ちましょう。

男性が「苦手な話題」「興味のないジャンル」に注意!

女性同士で盛り上がる話題と、男性が喜ぶ話題は違います。

特に下記のジャンルは、苦手な男性が多め。
話題にするのは避けましょう。

  • 占い、血液型、星座、美容
  • 悩み相談、愚痴、過去にあった不幸話
  • 恋愛話、元カレや旦那、家族、子ども、ペットの話

人によっては、アイドル、芸能人、テレビやネットの話題も興味なし。

さらに、音楽、スポーツに関心のない男性も意外と多いです。
政治に関する話題も避けた方が無難。

これらは「好き嫌い」がはっきり分かれるジャンルです。
男性の方から話し始めるまで、言及することは控えましょう。

常連客が増えたら「盛り上がる話題のメモ」を作成する

常連が2~3人できたら「顧客メモ」を作成しましょう。

メモの内容は、

  • 好きなこと、嫌いなこと
  • 盛り上がった話題、苦手そうな話題
  • 年齢、趣味、仕事、家族構成
  • 出身地、住んでいる場所、誕生日

など。分かる範囲で構いません。

私はメモの作成を習慣化して、ネタ切れの回避に成功。
何を話すべきか、迷うことがなくなりました。

答えにくい質問が来た時に備えて「ウソの一覧」も、メモがあると便利。

  • 会いたくない
  • 見せたくない
  • 教えたくない

そんなときどうやって断るか、あらかじめ決めておきましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部
最終更新日:2022年12月4日

※メールレディハピは、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第6293416号
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事