メールレディでアドレスを教えたくない!会いたくない!回避する方法

メールレディ・アドレスを教えない方法

メールレディをやっていて困ること。
それは、

アドレス教えて!
LINE交換しない?
君の電話番号が知りたいな!

そんな風に聞かれること。

わたしたちは仕事でメール相手をしているのに、個人情報を聞かれても困ります。中には「会いたい!」なんて言ってくる男性も…

どのような方法で回避すべきでしょうか。
私が実践している「断わるコツ」をご紹介します(‘ω’)ノ
◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部

素っ気なく断るとメールが来なくなるので注意!

断わる方法として、「相手に本音をぶつける」のはNGです。

「メールはただのバイトです!あなたに恋愛感情はないので、教えたくありません」

「メールレディとの出会いは禁止されてますよ!危険だし、会うつもりはないです!」

…こんな断わり方はおすすめできません。男性から「メールが来なくなる」可能性が高いです。

断わるときのコツは、相手を傷つけず、不快な思いもさせないこと。

もう少し仲良くなれば教えてくれるかも…」「もしかしたら会えるかも…」

そんな風に「勘違い」させる方法がおすすめです。メールのラリーを少しでも長く続けて、報酬を稼ぎましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

回避する方法① もう少し仲良くなってから…

最も無難な断り方ですね。男性に「チャンスあり」と思わせて、さらに多くのメールを誘発できます。

言い方は悪いですが、アドレスや電話番号をエサに、「男性を釣る」わけです。

あなたにとって「嫌なこと」を聞かれたら、とりあえずこの言い訳で断りましょう。

回避する方法② 夫(または彼氏)にスマホをチェックされているので…

ほとんどの「出会い」やアドレス交換を断れます。ただし、プロフィールで「彼氏ナシ」「独身」としている方は注意。恋愛感情を持っているお客は離れてしまいます。

逆に、主婦や人妻向けサイト(グランファム)ではおすすめ。既婚者であることがむしろステータスになるので、積極的にこの理由を使いましょう。

※チャットや電話は「実家に住んでいるから…」という理由で断ることも可能。学生さんなら「スマホを親にチェックされる」という理由もアリです。

回避する方法③ 前に嫌なことがあったので…

相手の同情心に訴える断り方。

「どんなことがあったの?」と聞かれたら、メールのラリー確定です( *´艸`)

ストーカー被害にあった」「迷惑メールが大量に届くようになった」など、適当なエピソードを用意しておきましょう。

※アドレスや電話番号を教えると、実際に「嫌なこと」に遭遇する可能性は高いです。だからこそ、「本当に仲の良い男性」「恋愛対象になり得る男性」が見つかっても、個人情報は教えないでくださいね。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

回避する方法④ 人見知りだから…

会うのは恥ずかしい」「人見知りな性格だから、いきなりは無理
出会いはそんな理由で「先延ばし」にするのもおすすめ。

「心を開いてくれるまで、もう少しメールを続けてみよう」
男性にそう思わせたら、あなたの勝ちです。

がんばって口説き落とそうとするお客からは、大量のメールが届くようになるかもしれません。

もちろん、どれだけ仲良くなっても(メールが長続きしても)、実際に会うことはしないでくださいね。
※チャットの誘いや電話番号の交換も、同じ理由で断れます。「お話するのは恥ずかしい」「お喋りが苦手で…」そんな風に人見知りな女性を演じましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

回避する方法⑤ 運営会社に注意されたことがあって…

メールレディは「出会い」や「個人情報の交換」を禁止されています。サービス上のルールなので、違反するとペナルティを受けることも。

男性もそのあたりの事情は知っています。
だから、「以前、注意された経験があって…」とか、「アカウントを停止された」とか、それらしいエピソードを話せば、相手を傷つけずに断れます。
※実際に、メールアドレスや電話番号、LINEの交換は規約違反。最悪の場合、報酬が没収されることもあります。ご注意ください。

回避する方法⑥ 誰にも教えたことがないので(会ったことがないので)…

あなただけ断っているわけではない、誰にも教えるつもりはない(会うつもりはない)、遠回しにそう伝える断り方です。

このままだと素っ気ないので、続けて①の方法「もう少し仲良くなってから…」と組み合わせるのも良いでしょう。

あくまで「申し訳なさそうに断わる」のがコツです。

回避する方法⑦ チャットや通話がメインなら「フリーアドレス」を教えるのもアリ

チャットレディテレフォンレディで稼いでいる場合に限り、「常連客にはアドレスを教える」のもアリかもしれません。

フリーメールなら無料で利用できますし、アドレスを教えても、個人情報が流出する危険はありません。

どうしても断れない感じになったら、メールレディで稼ぐことは諦めて、より高収入を狙えるチャット&通話に狙いを絞りましょう。

フリーメールを「待ち合わせ」や「営業」に利用すれば、かえって収入はアップするかも。

ただしLINEには通話機能もあるので注意。最悪の場合「無料通話」が増えて、収入が途絶える危険性もあります(;^_^A

チャット代を節約しようとする「ケチなお客さん」も多いため、LINEの交換はおすすめできません。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

「完全に断わる」のは最後の手段

何度ごまかしても「会いたい」「教えて」としつこい男性に対しては、「完全に断わる」方法もアリです。

あなたとは絶対に会うつもりはありません!」「アドレスは誰にも教えたくないです!

そんな風にキッパリ断れば、諦める男性が大半です。(そもそもメールレディにハマる男性には気弱な人が多いので…)

ただしこれは最後の手段。その後は、メールが来なくなる可能性が高いです。

できる限り「会えそう」「アドレスを教えてくれそう」な雰囲気は出し続けましょう。

脅迫メールや暴言メールは「ブロック」「通報」で対処

「会いたい」「教えて」を断り続けていると、中には脅迫してくる人や、暴言メールを送信してくる人もいます。

精神的にキツイと感じたら、嫌なお客は「ブロック」「通報」で対応しましょう。

ブロックはメールの受信を拒否する機能。通報は運営会社に迷惑行為を報告する機能です。

どちらの機能も「嫌なお客との関係を断つ」方法としておすすめ。

もちろんメールは途絶えますが、精神的なストレスを抱えるくらいなら、お客との関係を清算した方が良いと思います。

教えなくてもバレる!アドレスや電話番号がバレた意外な原因3つ

実はメールアドレスや電話番号って、意外な原因でバレる危険性があります。メールレディの個人情報が流出する原因3つをチェックしておきましょう。

SNSのアカウントを教えた

「常連さんが相手だから、SNSくらい教えてもいいかな。別に変なこと書いてないし。実名で登録してないし…」

そんな考え方は危険です。

SNSの種類によっては、電話番号やメールアドレスが「連動」している場合も。

お客のスマホに個人情報が「自動登録」される危険もあるので、絶対に教えないでください。

画像検索でバレた

メールレディの画像はコピーできない仕組みになっています。ただし、裏技やアプリを使えば、コピーできるサイトもある模様。

コピーした画像は検索サイトで「画像検索」できることをご存知でしょうか。

画像検索すると、同じ画像が投稿されているブログ、SNSなどが表示されます。

そこから個人情報が特定される危険があるので、「画像の使い回し」は控えてください。

プロフィールや画像メールに載せる写真は、メルレのサイトだけで使用しましょう。

通学先や通勤先を教えてしまった

お客の中には探偵なみの調査力を発揮する人がいます。

例えば、何気なく「通学先」とか「通勤先」をほのめかすだけで、本名、電話番号、メルアドなど特定される危険性も。

知り合いのフリをして会社に電話してきたり、SNSの「友達」「所属先」からさかのぼってメールレディ本人を特定したり…。

時間と労力を惜しまず、少しでも多くの個人情報を把握しようとする、ストーカー気質の人っているんです。

その時間と労力をメールに使ってくれればいいのに…(;^_^A

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

「会うフリ」をしてドタキャンは危険!

断わるときのコツは、「好意があるフリ」をすること。男性に期待させて、

「もう少しでアドレスを教えてくれそう…」「仲良くなったら会えそう…」

そんな風に恋愛感情を煽るわけですね。ただし「会う」と断言はしないでください。約束だけしてドタキャンするのもNG。

「出会い行為」はサイトのルール(規約)違反です。違反すると女性の方がペナルティを受ける立場に…

最悪の場合は報酬が没収されたり、アカウントが凍結されたりしてしまいます。

念のためもう一度。
「好意があるフリ」はOKですが、「会うフリ」はダメです。

出会いを断わるときのコツは、「もう少し仲良くなったら…」という感じで「曖昧に応じる」こと。
「いずれ会いたい」とさえ断言しなければ問題ありません。

「断り方」次第でメールは増える!もっと稼げる!

「実際に会いたい!」「アドレス教えて!」そんなリクエストを断るのは面倒ですが、実は収入アップのチャンスでもあります。

上手に断われば(はぐらかせば)、
もっとメールして気を惹こう」「チャットで口説いてみよう
… と惜しみなくお金を費やしてくれる男性もいるわけですね。

私自身、「アドレスを聞かれたら困る」というよりは、「どうやってお金を搾り取ってやろうか…シメシメ( ̄▽ ̄)ニヤリ」というスタンスで稼いでます(笑)

このあたりのコツは「疑似恋愛」で稼ぐキャバ嬢、ガールズバーとかに似てますね。

アドレスや出会いを「エサ」に、小悪魔メールで男性を弄びましょう。

強引な男に負けるな全国のメールレディ! 腕の見せどころです!

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部
最終更新日:2020年6月15日
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事