メールレディの身バレ・顔バレ対策!テレフォンレディは声バレに注意

メールレディ、テレフォンレディの身バレ・顔バレ・声バレ対策

在宅ワークは
危ない」「詐欺が多い」「稼げない」。
そんなイメージを持っている方が多いです。

女性向けの在宅ワークとして人気の「メールレディ」はどうなのでしょうか。

「安全性」「身バレ」「顔バレ」の実態を確認しておきましょう。

◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部

1.メールレディは安全な在宅ワーク! ただし『有料サイト』は詐欺なので注意

メールレディの始め方は簡単。
しかも安全です。
5分くらいの「登録手続き」が終われば、即スタート。

しかも仕事は「無料」で始められます。費用は一切かかりません。

お金を「騙し取られる」危険性がないので、その点は安心してOK。

「登録料」や「入会費」など支払う必要がありません。

もし、登録料などの名目で費用を請求されたら要注意。
そのサイトには登録しないでください。
お金を騙し取ろうとする悪質な「詐欺サイト」です。

メールレディは「無料で始められて当たり前」。

だからこそ「安全な在宅ワーク」として評判が良いです。
有料サイト(詐欺サイト)だけ注意してください。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

2.安全なサイトの選び方。とりあえず大手に登録すればOK

メールレディは安全だからこそ「在宅ワーク初心者」におすすめ。

ただし、先ほど述べたような悪徳・悪質サイトもわずかながら存在します。

安全に稼げる「優良サイト」に登録することを心がけましょう。

サイトの選び方が分らない…
という方は、とりあえず「有名・大手のサービス」を選べばOK。

有名サイトなら安全性は万全。働きやすい 環境も、大手ほど仕組みが整っています。
※「身バレ」「顔バレ」を予防する機能も豊富です

サイト選びに役立つ情報源としては、以下の5つがおすすめ。

● ランキングサイト
● 比較サイト(まとめサイト)
● レビューサイト
● メールレディの体験談
● SNS(Twitterなど)

登録前に情報収集を行い、より「安全」で「稼ぎやすい」サイトを選びましょう。

3.登録前に情報収集する3つのメリット

メリット① より魅力的な求人が見つかる

メルレ初心者は、まずは「ランキング」「比較」系のサイトをチェック。

各サービスの人気や利用者数、報酬額(単価)や特徴などを把握しましょう。

手軽に「働きやすいサイト」を見つける情報源としておすすめです。

おすすめサイトの一覧はこちら

メリット② 稼ぎ方のコツが分かる

調べるとき少し手間はかかりますが「口コミ情報」は最も役立ちます。

メールレディの体験談や掲示板の書き込み、ブログやSNSなど参考にしてみましょう。

サイトの安全性に加えて、効率の良い「稼ぎ方」や接客の「コツ」など学べます。

初心者に必要なノウハウは1時間もあれば網羅できるでしょう。

メリット③ 安心できる(やる気も出てくる)

在宅ワークに関する不安や疑問は、事前の情報収集で解消できます。

メールレディについての「怪しい」「危ない」イメージも同様。

「自分を安心させる」ためにも、正しい情報に基づいて行動しましょう。
不安や疑問が解消すれば、自然とやる気も出てきます♪

4.メールレディは「ステマ」「ウソ情報」に注意

ネット上の情報は「全て正しい」わけではありません。
中には「古い情報」や、業者による「ステマ」なども含まれています。

騙されないためにも、情報収集は丁寧に行いましょう。

デマやウソを見破るコツは、複数の情報源(ソース)をチェックすること。

「情報の精度を高める」姿勢を心がけてください。

情報収集が面倒
とにかく安全なサイトで働きたい
そんな方は以下のページをチェック。
メールレディの「ウソ」と「本当」を一覧にまとめました。

5.安全性は自分で確保することも大切

メールレディの安全性は各個人の「働き方」に左右される部分も少なくありません。

例えば「個人情報」の取り扱い。
特にメルレ初心者は注意を払う必要があります。

まず、お客に対しては以下の情報を教えないでください。

● 本名や住所
● 勤務先や通学先
● 電話番号やLINE
● メールアドレスやSNSのアカウント

全て「個人を特定できる情報」です。
一つでも教えてしまうと「身バレ」のリスクが高くなります。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

6.メールレディの「身バレ」とは?

身バレとは「身元がバレてしまう」こと。
ネット上で「個人が特定されてしまう」状態を指します。

メールレディは匿名性の高いサービスです。
でも油断は禁物。お客とプライベートの情報を共有するのは危険です。

気づかないうちに「個人情報を漏洩してしまう」かもしれません。

メルレは「偽名を使う」「年齢をごまかす」のが当たり前。
むしろ推奨されています。「自分の安全は自分で守る」つもりで注意しましょう。

最近ではSNSから個人が特定されるケースも増えています。
プライベート用のアカウントは、お客に教えない方が良いでしょう。

私用のメールアドレス、電話番号、通話アプリのIDも同様。
SNSや電話番号、メールアドレスは情報が「連動」している場合もあります。

一つ教えると情報がまとめて流出する危険性もあるので、取り扱いには要注意。

電話番号やLINEを聞き出そうとするお客も多いのですが、絶対に教えないでくださいね。
参考:ライン聞かれたら危険!メールレディの報酬0に!断り方の例文30種

7.「顔バレ」の危険性は?意外に安全な理由

親や友人に働いていることがバレたら…
そのように考えて、登録を控えている方もいるかもしれません。

プロフィールには「顔写真」の掲載を義務付けているサイトもあります。

なので「本当にバレないのか匿名性が気になる」と不安になるのは当然です。

しかし実際には「顔バレ」の危険性は最小限。
顔バレとは「顔写真で身元がバレる」ことを指します。

メールレディが「顔バレしにくい」理由は、対策がたくさんあるから。

顔バレ対策は、身バレ対策にもなります。
ぜひコツを覚えましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

8.メールレディが「顔バレ」「身バレ」を回避するコツ

例えば、顔写真は思い切り加工・修正してOK。「本人でも分らない」くらいに変えてしまえば問題ありません。

中にはマスク・ウィッグ・エクステなど着用しているメールレディもいます。
コスプレで上手に「変装」する女性も増えてきました。

顔写真を掲載しない」のもおすすめ。
胸元だけを写したり、目元や口元を手で隠したりしてもOKです。

または、髪型を変える、厚化粧をする、帽子をかぶる…
などなど、顔バレを予防する方法はたくさんあります。

顔写真は、出来次第で「集客効果」も発揮。
「ワンランク上の美人」目指して、積極的に加工・修正しましょう♪

9.テレフォンレディ特有の身バレ「声バレ」とは

年齢を気にせず稼げる「テレフォンレディ」。
メールレディと同じくらい安全な在宅ワークです。

「音声のみ」で通話するので、匿名性も抜群。
メルレと「兼業」する女性も多いです。

ただし、テレフォンレディには「声バレ」の危険性があります。

声バレとは「声から身元を特定される」こと。
特に注意したいのが、

声や喋り方に特徴がある人

Youtuberや声優など、不特定多数の人に声を知られている人

アダルト(喘ぎ声など)で稼いでいる人

家族(親など)と同居している人

以上の条件に当てはまる人は危険です。

実家住まいで「家族に内緒で働いている」という人は特に注意。
音漏れが原因で「親にバレてしまう」体験談が多いです。

※家族にバレることを「家族バレ」、
親にバレることを「親バレ」といって区別する場合もあります

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

10.テレフォンレディの「身バレ」「声バレ」を回避する方法

ボイスチェンジャー(ボイチェン)を使う

声質を劇的に変える機能が「ボイスチェンジャー」。
簡単な調整で、男性でも少女のような声になります。

声をより魅力的に変えられるので、普段から使用するのもおすすめ。

私みたいに太い声のオバサンも「アニメ声」「萌え声」に(笑)
声バレを予防しつつ、収入アップにもつながる強力なツールです。

大きな声を出さない(または通話しない)

テレフォンレディは「音漏れ」による声バレにも注意。
特にアダルトな演技に没頭していると、大きな声になりがちです。

賃貸物件だと声はお隣に「丸聞こえ」なケースも。
また、実家住まいの方は家族にバレないよう、通話は極力控えましょう。

一人暮らしを始める(または家族の外出中にのみ通話する)

テレフォンレディは高収入。
家賃くらいなら簡単に稼げてしまう人も多いです。

収入が安定してきたら、ぜひ一人暮らしも検討してみましょう。

「家族バレ」「親バレ」を気にせず、より快適な環境で仕事に集中できます。

または「家族の外出中にだけ通話する」姿勢を徹底し、声バレ予防に努めましょう。

今回ご紹介したポイントにさえ注意すれば、メールレディはとても安全な在宅ワーク。

未経験者や初心者でも、安心して働けるアルバイトです。まずは情報収集 → 登録手続きから始めてみましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部
最終更新日:2021年10月5日

※メールレディハピは、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第6293416号
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事