メールレディは「なりすまし」で稼げる? 男でも未成年でも応募できる求人がある!

メールレディのなりすまし
2023.01.27

メールレディは「なりすまし」で稼げる…

そんな怪しいウワサを聞いたことはありませんか?
試してみたいという方は、違法性や危険性に注意。実態は以下の通りです。

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部

女性向けの求人情報一覧はこちら

メールレディが「なりすまし」で稼ぐ5つの方法

メルレでよくある「なりすまし行為」。
特に下記の5種類が有名です。

男性が「女性のフリ」をする

出会い系のサクラとして「会えるフリ」をする

未成年が「成人のフリ」をする

芸能人やアイドルなど「有名人のフリ」をする

他人の画像やプロフィールをコピーして「美人のフリ」をする

男性のなりすまし行為 ⇒ 規約違反です

メールレディは本来、女性専用の在宅ワーク。
男性は求人に応募することができません。

しかしごく稀に、性別を偽ってサイトに登録する男性がいます。

これが男性による「女性へのなりますし」行為。
通称「メールボーイ」と呼ばれる存在です。

違法行為ではありませんが、サイト上の規約違反。

なりますし行為がバレれば、厳しい処分を課されます。

アカウントの停止や報酬の没収を覚悟しましょう。

出会い系のなりすまし(サクラ)行為 ⇒ 違法です

出会い系の求人には応募しないでください。
サクラのバイトは違法。

男性に対して「会えるフリ」をするのはNGです。

詐欺の加害者になってしまうので、危険性しかありません。

未成年のなりすまし行為 ⇒ 18歳未満は規約違反

メールレディの求人に応募できるのは18歳から。18歳未満の女性は登録できません

登録時には身分証による年齢確認が行われます。
親・家族・友人など、他人の身分証を使うのはNG。サイト上の規約違反です。

2022年現在、
高校生が登録できるサイトは1つだけ。

18歳でも「高校生は不可」としている求人が大半です。
詳しくは下記ページをご覧ください。

芸能人やアイドルに対するなりすまし行為 ⇒ 違法です

「少し有名な芸能人」になりすまして男性を騙す行為が急増しています。

対象は「地下アイドル」「AV女優」「地方タレント」など。

あまり有名でないからこそ、突然メールが来てもリアリティがあるようです。

実際にチャットレディとして活動するAV女優もいるので、被害に気づきにくい点が特徴。

バレなければ良い… わけではなく、
もちろん違法行為です。

メールでお金を稼ぐことはもちろん、SNSで有名人になりすます行為もNG。

名誉毀損、詐欺行為に該当する恐れがあります。

女性向けの求人情報一覧はこちら

他人の画像やプロフを盗用(コピー)したなりすまし ⇒ 違法です

他人の画像・動画・プロフを転用するのはNG。肖像権の侵害にあたります。

プロフィールを偽装するなら「架空の人物」を作り上げましょう。

年齢や職業、住んでいる場所などを偽るのはOK。
「実在しない人物」になりすます行為に制限はありません。
メールレディの安全についてはこちら

男でもボイチェン(ボイスチェンジャー)を使えば通話でも稼げる?

女性の声色を再現できるボイスチェンジャー。

上手に活用すれば男性が女性になりすましてチャット(通話)も可能です。

メールレディより手の込んだなりすまし行為ですが、もちろん規約上はNG。

「男でもテレフォンレディで稼げる」という口コミに騙されないでください。

バレたら即退会&報酬は全額没収です。

男性が「メールボーイ」で稼げるサイトは「アスリート」のみ

男性で「メールの副業」に興味があるなら、アスリートに登録しましょう。

男性同士のコミュニケーションを提供するSNSアプリです。

メールの報酬は1通15円。
音声通話の時給は2,100円です。
ビデオ(チャット)通話なら時給3,300円。

いずれもメールレディの半額程度ですが、安全性は確か。無料で登録できて、運営会社も大手のネクシブです。

※ネクシブは「モア」「ベリー」など、大手メルレのサービスも提供しています

アスリートの登録はこちら

出会い系の「キャッシュバッカー」は稼げない

出会い系サイトやマッチングアプリで「合法的に稼ぐ方法」もあります。

稼ぎ方は簡単。
「キャッシュバック」の仕組みがあるサービスに登録しましょう。

あとはメールをするだけ。
仕事内容自体は、メールレディと同じです。

ただ、おすすめはできません。
報酬が安すぎて、月収は数千円が限界。

あくまで「出会い」がメインのサービスです。
収入は「おまけ」程度に考えましょう。
関連記事はこちら

男性のなりすましが難しい理由。不正がバレる「3つのハードル」

メールレディのなりすまし行為は、サイト上で厳重にチェックされます。

なりすましがバレる主な理由は、以下の3つ。

  • 身分証明書
  • 銀行口座
  • カメラテスト

身分証明書は、求人に応募(登録)する際に提示する必要があります。

例えば、免許証や保険証など、他人の身分証を利用するのはNG。

もちろん公文書の偽造も違法です。

報酬を受け取る銀行口座は「本人名義」でない場合アウト。
身分証と口座の名義が一致する必要があります。

サイトによっては、面接に近い形でカメラテストも実施されます。

映像と音声を配信する必要があり、なりすましは不可能。

「女装して乗り切れる」くらい才能があるなら、他にもっと稼げるバイトを探しましょう。

カメラテストがない求人はこちら!

なりすましが簡単にできるサイトは危険!

応募する求人によっては、なりすまし行為がわりと簡単にできます。

ただしデメリットが大きいので注意。
おすすめはできません。

2022年現在、なりすましができるのは小規模なサイトのみ。

身分証のチェック(本人確認)が緩い無名サイトに限られます。なので、

  • 安全性が低い(詐欺の危険性もあり)
  • 報酬が安い
  • 届くメールの数が少ない

以上のようにデメリットばかり目立つのが実態です。

一方で、安全に稼げる大手サイトは、なりすましが困難。
性別や年齢も含めて、本人確認が厳重に行われています。

なりすまし不要! 18歳なら未成年でもメールレディで安全に稼げる

もしもあなたが18歳なら、メールレディの求人に応募できます。

未成年でもOK。
高校生が応募できる求人もあります。

なりすまし行為は不要。
しかもノンアダルトでOKです。

チャットレディやテレフォンレディで稼ぐのもおすすめ。

ブログやSNSで稼げる仕組みも用意されています。
在宅ワークの手軽さを知ったら、普通のバイトには戻れないかも。

いつでも辞められるので、まずは実際に体験してみましょう。

女性向けの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部
最終更新日:2023年1月27日

※メールレディハピは、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第6293416号
メールレディハピの商標登録証
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事