メールレディのよくある失敗15コ!稼げない理由と失敗談

メールレディのよくある失敗

メールレディに登録したけど、失敗ばかりで稼げない…
そんな口コミが多いのは、メールレディが「在宅ワーク」だからこそ。

仕事を教えてくれる人がいないので、稼ぎ方や働き方のコツは、自力で覚えなくてはなりません。
つまり、メールレディは「失敗しながら仕事を覚える」のが普通。

…とはいえ、失敗続きではやる気が持ちませんし、効率も悪いです。

そこで今回は、私の失敗談をお話ししたいと思います。多分どれも「よくある失敗例」ですから、同じミスを犯さないよう、注意してくださいね。

私の失敗談が皆さんの参考になれば嬉しいです(‘ω’)ノ
◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:ちはる

報酬の安いサイトに登録してしまった

はじめて求人に応募するときは、必ず報酬をチェックしましょう。
おすすめはメール1通30円~40円くらいのサイト。
例えば、

クレア       メール1通 40
グラン       メール1通 40
キャンディトーク  メール1通 40
モコム       メール1通 15
ガールズチャット  メール1通 35
ファム       メール1通 24~36

以上のような大手サイトは高額報酬で有名です。

一方で、出会い系のキャッシュバックは、メール1通で2円くらい。
出会い系はハッキリ言って稼げないので、登録はおすすめできません。

もし、報酬の安いサイトに登録してしまったら、早めに見切りをつけて、別のサイトに乗り換えましょう。

メールレディの求人を募集しているサイトはたくさんあります。採用率はほぼ100パーセント。だからこそ、応募するサイトは厳選すべきです。

実際に私は、出会い系で働いたこともありますが、ほとんど稼げませんでした…。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

お金を振り込んでしまった!

詐欺の危険性が高いので、お金は払わないでください。メールレディは無料が当たり前。
だからこそお金を騙し取られる危険性がなく、安全です。

しかし「詐欺サイト」は、色々な理由で費用を請求してきます。

登録料、会費、手数料、システム料金…

どんな名目であっても、お金を支払うべきではありません

私は「振込手数料」として5000円払ったことがあります。でも結局は詐欺でした。
一度だけですが、これがメールレディとして最も大きな失敗談

先ほどご紹介した大手サービスなら、こうした詐欺の危険もないと思います。

手数料を引かれた!

メールレディのお給料は「銀行振込」で受け取る方法が一般的。そのとき500円くらいの手数料を引かれます。

これは詐欺でもなんでもなく、在宅ワークなら当たり前の費用。

でも、手数料は節約できます。
報酬を受け取る「回数」を減らして、「まとめて入金する」わけですね。

以前、私は数千円単位ですぐに振込していました。毎回500円くらい引かれていたので、年間で1~2万円くらいは損していた計算になります。

でも、月に一度だけ振り込むようすれば、手数料は
500円 × 12ヵ月で約6,000円。

かなり節約できますね。
「今すぐお金が欲しい!」という場合を除いて、お給料はまとめて受け取ったお得なのです。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

メールが来ない&稼げないからすぐに辞めた!

メールレディの失敗で最も多いのが、「稼げないからすぐ辞めた」というパターン。

知恵袋やブログにも、そんな体験談(口コミ)が多いです。
しかしそれは単に、「辞めるのが早すぎた」だけかもしれません。

メールレディは徐々に収入が増えていくバイト

稼ぎ方のコツやテクニックを覚えていくことで、収入は少しずつですが着実に安定します。

つまり、「働きながら覚える」ことの多い仕事なのですね。

しかし、あまりに早く辞めてしまうと、

思い通りに稼げない=失敗=ダメなバイトに騙された!

という風に勘違いしてしまう方も多いようです。

自慢ではありませんが、私も一度はメールレディを「引退」したことがあります。
でも、ネットでいろいろと調べて、そのあと再挑戦しました。

はじめのうちは苦労する人も多いかもしれませんが、とりあえず1週間、続けてみてください。

当サイトの情報を活用すれば、少しずつでも着実に、収入がアップするはずです。

メールが増える方法はこちら

メールを無視&放置してしまった!

メールレディを始めると、誰でも一度はこの失敗を経験します。

お客さんからメールが来たのに、忙しくて返信できなかった
気づかずに無視してしまった

もっともありふれた失敗談と言っても良いでしょう。

そんなときは、できるだけ早く返信して、謝ってください。丁寧にお詫びすれば、その後お返事をくれる人も多いです。

同じ失敗を繰り返したくない場合は、

プロフィールやメールであらかじめ「メールができない時間」を伝えておく

できるだけ頻繁にスマホをチェックする

メールの通知機能(サウンド)をオンにする

などなど、基本的な対策を講じましょう。

メールのコピペがバレた!

営業メールや挨拶、自己紹介などは「コピペ」が普通です。

いくつか文例を用意して、メールの「時短」「量産」をするわけですね。

ただし、コピペはお客さんにバレないようにしなくてはなりません。
バレると「手抜き」だと思われるので、お客にかなりの不快感を与えることに…

男性の方は例外なく、過去に大量のコピペを受け取っています。

「コイツもコピペかよ…」と思われたらアウト。二度とメールは送られて来ないかもしれません。

コピペによる失敗を回避するために、文例は適度に「リメイク」しましょう。
例えば、

メール内に男性の名前を書き込む(○○さんこんにちわ!)

語順を入れ替える(今日の夜お待ちしてます♪ → 今日もお待ちしてます♪夜お話しましょう!)

文末を変える(またメールしましょう♪ → またメールくださいね( *´艸`))

といった具合です。

または、相手のプロフィールやメール内容に触れることも大切。

質問を挟んで「聞き上手な女性」を意識すると、コピペはバレにくくなります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

エッチなメールが送られてきた!

ノンアダルトで働きたいのに、お客さんからエッチな画像ばかり届く!

メールレディが必ず体験する迷惑行為です。
プロフィールに「アダルトNGです!」と書いても、エッチなメールをゼロにすることはできません。

ただ、画像は「見ない」「開かない」「削除する」といった方法で対処可能。
変なメールを送って来る人は、遠慮なく「受信拒否」しましょう。

お客さんに個人情報を話してしまった!

安全に働くために、個人情報はできる限り話さないでください。
本名や住所はもちろん、電話番号、メールアドレス、LINEのIDなども教えない方が良いです。

よくある失敗談として、
メールアドレスを教えたら、常連さんから有料のメールが一切来なくなった
という話があります。

男性の立場からすると、女性のメルアド、電話番号など、積極的に聞き出そうとするのは、仕方ないのかもしれません。

メールの料金を節約できるわけですから、女性の個人情報には数千円~数万円という価値があるわけですね。

一度「無料でメールする関係」になってしまうと、再びお客とメールレディという関係に戻るのは難しいです。

私も似たような失敗をしたことがあって、せっかくの常連さんがただの「メール友達に」…。ご注意ください。

お客さんを間違えた!(誤送信)

複数のサイトを「掛け持ち」すると、同時に2~3人の男性とメールすることも珍しくありません。
そのためメール相手を間違えて「誤送信」する危険性も増えます。

さらに、誰が誰なのか、メール相手がよく分からなくなることも…。

同じ失敗を何度も繰り返した結果、私は「顧客メモ」の作成を習慣化するようになりました。

常連客の特徴、メール内容など、簡単なメモを作成して、情報を整理するようになったのです。

すると誤送信は激減。
メール相手を忘れてしまったり、混乱したりすることも減りました。

2人以上常連さんができたら、ぜひメモの作成をおすすめします。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

お客さんとケンカになってしまった!

メールレディは毎日と言っていいほど「迷惑メール」を受信します。
「ブス」とか「死ね」とか暴言メールも届くので、ときには腹が立つこともあります。

でも、お客とケンカしてしまうと、メール内容をネットでさらされたり、掲示板に悪口を書かれて炎上したり、良いことはありません。

売り言葉に買い言葉」にならないよう、暴言や悪口はスルーしましょう。

※または、腰を低くしてとにかく礼儀正しく対応してみましょう。すると意外に「メールが長続きする」こともあります。

エッチな写真&動画を送ってしまった!

そのときの勢いで、ついエッチな画像を送ってしまった…
チャットや電話でエッチなプレイをして、その後に超後悔…

押しに弱い女性は、そんな失敗が多いです(私がそうです( ;∀;)。

あとは、お酒に酔って大失敗した話とか、雰囲気に乗せられて脱いじゃった話とか、特にチャットレディの失敗談が多いようです。

押しに弱い女性は、チャットはしない方が良いかも…

メールを送るときは、一呼吸置いて考えてみてください。

万が一、この画像は流出・拡散しても支障がないか…身バレや顔バレの危険性はないか

とはいえ、神経質になる必要はないと思います。基本的な注意点は、SNSを利用するときと同じ。

最低限の注意さえ忘れなければ、大きな失敗を後悔するようなこともないはずです。

メールレディのバイトが家族にバレた!

メールレディのよくある失敗「身バレ」「顔バレ」「親バレ」。特に家族にバレると深刻です。
おすすめの対策は、

スマホにロックをかける
家族の前ではメールしない
メールの通知機能はオフにする
顔写真は修整する

などなど。
詳しくは別ページもご覧ください。

お客さんと実際に会ってトラブルに…

メールレディは「出会い行為」が禁止されています。
もしお客さんから誘われても、直に会うことは控えてください。
実際に会うとトラブルに巻き込まれる危険性が高いです。

報酬が振り込まれない!

報酬が入金されない主な理由は、

① 口座情報の入力ミス
② 報酬が安いので支払額に到達できない
③ 詐欺サイトに騙されている

以上の3つ。

このうち②と③の失敗は、大手サイトに登録することで回避できます。
すでに登録済みの方は、口座情報を見直してみましょう。

確定申告が大変だった!

年収が38万円を超えた場合、メールレディも確定申告が必要になります。

ただ、高収入を稼ぐ「売れっ子」以外は、特に気にしなくても大丈夫。毎月万円くらいの収入なら、申告しなくてもペナルティはありません。

ただ、チャットレディやテレフォンレディも「兼業」すると、年収が数百万円になることも。

そんなときは経費を計上したり、税率を計算したりと、手続きはかなり大変です。

年収が103万円を超えると家族の扶養からも外れなくてはなりません。

「稼ぎすぎて失敗」とは贅沢な悩みですが…
毎月10万円以上稼ぐ「売れっ子」さんは注意しましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:千遥
最終更新日:2020年9月18日

商標登録出願済み 商願2020-035225
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事