「チャットレディは安全な副業」のウソ!本当はおすすめできない理由

チャットレディは安全な副業

チャットレディは「安全な副業」だとよく言われます。例えば、

◆ 無料で始められるので、お金を騙し取られる不安がない(詐欺の危険性がない)

◆ 親や家族に内緒で働ける

◆ 収入が増えても会社にバレない

◆ だから秘密の副業におすすめ

ネット上にはそんな口コミが多いです。
さらに、

◆ 在宅で高収入を稼げる

◆ ノルマやシフトがない(働く時間を自由に選べる)

◆ 主婦や学生でも年齢をごまかして働ける

◆ 求人が豊富で、採用率は100%

◆ 副収入には税金がかからない

◆ スマホがあれば誰でもできる

こういう評判を信用している方も多いかもしれません。 しかし実際には…

チャットレディには危険性やデメリットが隠れています!

副業としてどういう点が危険なのか…
本当は【おすすめできない理由】を9コ見ていきます。
◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部:さおり

理由①「費用ゼロだから安全」のウソ! 副業詐欺の危険性

費用ゼロだから安全のウソ! 副業詐欺の危険性
チャットレディとして働くためには「登録手続き」が必要です。費用は一切かかりません。ですから、確かに詐欺の危険性は少ないです。

登録料、会費、手数料など、一切支払う必要ナシ。通信費(パケット代)が別途請求されることもありません。

「お金を騙し取られる」、「費用が無駄になる」、そういう危険がないわけですね。

ただし、在宅ワークに多い「求人詐欺」「副業詐欺」には要注意。登録は無料でも、その後が問題です。

架空請求の用紙が送られてきたり、怪しいメールが届いたり…

詐欺の手口はどんどん巧妙化しています。

「チャットレディは無料だから安全」だという過信は禁物。女性(特に主婦)向けの在宅ワークは、詐欺の標的になりやすいです。

求人に応募する際は十分に下調べしましょう。
安全な求人サイトはこちらにまとめています。

おすすめの求人情報一覧はこちら

理由②「個人情報が守られて安全」「親や家族に内緒で稼げる」のウソ! 匿名性はイマイチ

チャットレディの匿名性
チャットレディの個人情報はお客に公開されません。本名、年齢、住所、職業など、全て「秘密」にできます。

プロフィールにウソを書いてもバレませんし、詐欺写真を載せればさらに安全。
「顔バレ」や「身バレ」の危険性を最小限に抑えられます。

だから普通に働けば、「匿名性がしっかり確保されているので安全」だと思えるかもしれません。しかし実際には…

チャットレディはネット上で映像を公開する必要があります。
お客の中には、その映像を「録画」している人もいます(~_~;)

そして、その内容がネット上で流出・拡散・炎上してしまうトラブルも多発。

チャットレディの映像は、半永久的にネット上で残り続けます。副業としてはあまりにリスクが高すぎるのではないでしょうか…

もし映像の流出を予防できても、親や家族にバレる理由はたくさん考えられます。
例えば、

預金残高が増える(つい贅沢をしてしまう)
チャットの音漏れ
スマホやパソコンの履歴

などなど。
特に家族と同居をしている場合、内緒で働くことは難しいと思います。

理由③「副業しても会社にバレない」のウソ! 確定申告をするとバレる危険性が大

チャットレディの確定申告
副業としてチャットレディを選ぶ女性の99%は、会社に内緒で働いています。

でも確定申告をしてしまうと…
会社に副業がバレる危険性があります。

かと言って確定申告をサボるのも、それはそれで不安ですよね(-_-;)

チャットレディは良くも悪くも高収入を稼げるバイト。月10万円~20万円くらいは、普通に働いていれば稼げます。

だからこそ税務署にバレる(目を付けられやすい)副業でもあります。

確定申告すると会社にバレる。
確定申告しないと、脱税になってしまう。

会社にバレない税金対策については、記事の後半で見ていきます。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

理由④「在宅で高収入を稼げる副業」のウソ! 本当に稼げるのは一部の「売れっ子」だけ

在宅で高収入を稼げるのウソ
チャットレディが副業として人気を集めている最大の理由。それは在宅で高収入を稼げること。

他の在宅ワークと比較すると、収入が全然違います。例えばデータ入力や文章の作成は、時給500円が相場。

でもチャットレディなら、時給3,000円は普通に稼げます。時給で数千円を稼げる在宅ワークを、私は他に知りません(‘ω’)

ただし、チャットレディの報酬は出来高払い。実際にチャットをしている間だけ報酬が発生します。
基本給は0円。人気のない女性は全然、稼げない仕組みになっています。

逆に言えば、「働いた分だけ収入が増える」バイトですが、仕事内容は甘くありません。
接客業ならではのストレスや、性格的な向き不向きもハッキリ出ます。
※一部の「売れっ子」だけが、月収50万円~100万円を稼いでいます。

「誰でも日給で数万円を稼げる」なんて口コミはウソ。チャットレディ初心者は平均的な時給が1,000円~2,000円くらいです。

それでも他の在宅ワークよりは稼げますが…
過大な期待は禁物です。

理由⑤「ノルマやシフトなし。のんびり働ける副業」のウソ! 働く時間はお客次第

働く時間はお客次第
チャットレディにはノルマがありません。
好きなタイミングで仕事を始めて、いつでも「お休み」できます。

事前に働く時間を決める「シフト」制でもありません。気が向いたときにだけ働けばOKです。

だからこそ、他に本業のある方、家事や子育てなどが忙しい主婦などにおすすめ。

実際にOLさんやシングルマザーなど、軽い副業としてチャットレディを始める女性は多いです。

ただし「勤務時間は完全に自由」かというと、必ずしもそうではありません。
ある程度は「お客さんの都合に合わせて働く」必要があるからです。

お客のログインが多いのは、夜~深夜の時間帯。朝~夕方までは男性が少ないので、チャットレディは時間を持て余すことが多いです。

ときには事前に「待ち合わせ」をしたり、メールで「予約」をもらったりすることも。

効率良く報酬を稼ぐためには、スケジュールの調整が必要になります。「お客の都合に合わせてチャットの時間を決める」わけですね。

他の仕事との「兼業」は実際に可能。
ただし「のんびり働く」程度だと、収入は月5万円~10万円くらいが限界です。
不規則にログインすると常連さんは離れていくので…

「本業がお休みの週末だけ働きたい」
「家族が外出中のときだけチャットしたい」

そういう方は要注意。
実際には、それほど勤務時間を自由に選べるわけではありません。

あくまで自分の都合を優先して、収入を犠牲にするか、お客の都合に合わせて、プライベートな時間を諦めるか。

チャットレディは選択を迫られることになります。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

理由⑥「主婦や学生でも年齢をサバ読みして働いている」のウソ! チャットレディの年齢はバレやすい

チャットレディの年齢はバレやすい
「チャットレディは主婦におすすめの副業」なんて口コミをよく見かけます。

「ママさんでも大丈夫」
「子育てしながら副業しましょう」
「30代~40代でもOKです」

そういう口コミは、あまり信用しないでください(~_~;)

チャットレディは映像を配信する必要があります。だからサバ読みは5歳くらいが限界。
若く見える女性でも10歳以上ごまかすのは厳しいです。

学生さんで働く場合は、年齢制限に注意。
18歳未満の女性はチャットレディの求人に応募できません。

理由⑦「求人が豊富。採用率100%」のウソ! 本当に稼げるのは一部の求人だけ

本当に稼げるのは一部の求人だけ
チャットレディは慢性的に「人手不足」の状態が続いています。そのため採用率は100%のサイトばかり。

求人に応募するだけでボーナスがもらえるサイトも珍しくありません。

応募資格など特に厳しい条件もなし。
18歳以上の女性なら、誰でも採用されます。

必要なものはスマホだけ。
※ただし求人に応募した後は、必要なものがいくつかあります。
詳しくは「理由⑨」をご覧ください。

専門知識や技術、学歴、経験など、すべて不要です。美人じゃなくてもOK。「話し上手」である必要もありません。

チャットレディなら「誰でも」、「すぐに」仕事を始められます。

一方で、他の在宅ワークは、わずかな求人に応募が殺到。

「なかなか採用されない…」
「働きたいけど求人がない…」

そんな口コミばかりです。

確かに求人の面では、チャットレディほど恵まれているバイトは他にないかもしれません。
しかしここにも落とし穴が。

実際に安定した収入を稼げるサイトは、一部の大手サービスだけです。

求人に応募するなら、有名企業の運営するサイトを選びましょう。小さなサイトに登録するのはNG

男性の利用者が少ないので、どうしても時間を持て余し気味になってしまいます。

「登録したけどチャットのお誘いがない」
「全然稼げない」

小規模なサイトではそんな体験談ばかり報告されています。

でも大手サイトなら大丈夫。お客が途絶えて「暇」になることがほとんどないです。

集客の手間もかからず、より簡単に安定した収入を稼げるでしょう。

大手の求人一覧はこちら。おすすめサイトのランキングをまとめています。

おすすめの求人情報一覧はこちら

理由⑧「副収入は非課税」のウソ! 副業で稼いだお金にも税金がかかります

副収入も納税の対象
副業で稼いだお金のことを「副収入」と言います。副収入については「税金がかからない」と思っている方も多いのでは?

特に在宅ワーカーは、確定申告をしない人が珍しくないです。

しかし実際には、副収入も納税の対象に。
チャットレディで稼いだ収入も例外ではありません。

副業で得た報酬は「雑所得」となります。
そのため、年間の収入が20万円を超えた場合は要注意。確定申告する必要があります。

在宅ワークで稼いだお金は「税務署にバレない」とよく言われますが、真相は不明。

少なくとも「高収入を稼いでいる女性はバレやすい」と考えた方が良さそうです。

だた、チャットレディやメールレディは経費が多いので、節税は簡単。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

理由⑨「必要なものはスマホだけ」のウソ! チャットレディには必要なものがたくさん

「スマホがあれば誰でもできる」
「スキル不要で手軽な副業」

チャットレディによくある口コミですが、残念ながらこれもウソ。
最低限、必要なものを挙げていきます。

ネット回線(できればパケット使い放題のプラン)

身分証明書

チャット中に着る衣装やメイク道具(接客業なので最低限のオシャレは必要)

静かな環境(スムーズにチャットできる個室)

ソコンを利用する場合はマイクやWEBカメラ

この他にも、照明器具や、PR用の写真(スマホで撮影した画像)も用意をおすすめします。

ここまでのまとめ。チャットレディの危険性とウソ

無料だから安全! ⇒ 詐欺のリスクがある

匿名だから安全! ⇒ 親や家族に内緒で働くのは難しい

会社にバレないから安全! ⇒ 確定申告すると副業は会社にバレる

チャットレディは高収入を稼げる! ⇒ 誰でも高収入を稼げるわけではない

ノルマなしでのんびり働ける! ⇒ 勤務時間はお客の都合次第

年齢をごまかすのも簡単! ⇒ 大幅なサバ読みは、バレる危険性が高い

求人が豊富!即採用! ⇒ 実際に稼げるのは大手の求人だけ

副業の収入は確定申告しなくてOK? ⇒ 副収入も課税の対象に

スマホだけあれば誰でもできる! ⇒ スマホ以外に必要なものがある

安全対策として有効な方法は?

ここまでチャットレディの危険性やウソ(実態)について見てきました。

トラブルを避けるにはどうすれば良いのでしょうか?

最後に、私が実際に取り組んでいる安全対策をご紹介します。

必ず大手の求人を選んで応募する ⇒ 大手サイトの一覧はこちら

映像が録画できないサイトを選んで働く ⇒ 録画できないサイトはこちら

チャット中は、マスクやメイク、ウィッグで「変装」する

確定申告するときは税金を自分で納付する(普通徴収を選ぶ)と会社にバレない

家族と同居している場合は通勤して働く

30代~40代なら熟女向けサイトを選ぶ ⇒ 30代~40代におすすめの求人はこちら

「音声のみ」または「メールのみ」で働く

「音声のみ」で働く方法をテレフォンレディといいます。映像を配信する必要がないので、チャットレディより簡単で安全。時給は2,000円~3,000円くらいです。

「メールのみ」で働く方法をメールレディと言います。テレフォンレディよりさらに手軽で安全。時給は500円~1,000円くらいですが、女性に最もおすすめの副業です。

チャットレディをおすすめできない理由は9コもありますが…
テレフォンレディとメールレディは自信をもっておすすめできます!

チャットレディ・テレフォンレディ・メールレディ、3つの副業は「掛け持ち」も可能。

普段はメールのみで接客して、仲の良い男性とだけチャットする、そんな方法もおすすめです。
お客の「」を見きわめて、より安全に働きましょう(‘ω’)

おすすめの求人情報一覧はこちら

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:さおり
最終更新日:2020年6月17日
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事