メールレディのキャラ設定は「真面目」「良い子」がおすすめ!

メールレディのキャラ設定

多くのメールレディは、何らかの「キャラ」を演じています。
「ありのままの自分で働きたい」という方は、ちょっと考え方が甘いかもしれません。

とは言っても、難しいテクニックは不要です。
キャラ設定のコツだけ覚えておきましょう。
きっと働きやすくなるはずです。

キャラ設定のコツ① なるべく自分に近いキャラを選ぶ

キャラは本来の自分に近いほど、演じるのが楽。無理のない範囲で設定しましょう。

例えば本当は「40代の主婦」なのに、「18歳の学生」を演じるのは無理があります。
でも、「20代後半の独身女性」なら、まだキャラとしては成立するかもしれません。

キャラを演じる上では、特に年齢が大きなポイント
マイナス10歳くらいが限界だと思います。

趣味や職業など、「プロフにウソばかり書く」のはNG。
本当の自分とキャラが違えば違うほど、色々とボロが出やすくなります。

ウソをつくにしても、すぐにバレるようなウソは危険
できるだけ「本当の自分」に近く、演じやすいキャラを選びましょう。

キャラ設定のコツ② 男性に人気のキャラクターを選ぶ

キャラ設定を考えるなら、男性に需要のあるものを選びましょう。
例えば職業で言うと、

ナース
学校の先生
接客業(CA、受付嬢など)
主婦(人妻)
学生

以上のような設定ならメールが来やすいです。

ただし、専門職の場合は求められる知識・経験談なども特殊なので、必要に応じてネットで調べたりしなくてはなりません。

あくまで無理のない範囲で選びましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

キャラ設定のコツ③「真面目」で「気配りのできる女性」がおすすめ

どんな年齢や職業を選んでも、基本的な部分で男性が魅力を感じるキャラは同じです。
それは、

根が真面目
細やかな気配りができる
性格が良さそう

以上3つのポイントを押さえている女性。

たとえ30代のギャルママを演じるにしても、高学歴の大学生を演じるにしても、キャラ作りのコツはそれほど違いません。

男性に好かれそうなキャラ」には、必ず共通する部分があるのです。

「根が真面目」な女性とは?

挨拶やお礼の言葉を欠かさない

メールの文字数が(メール相手の男性より)やや多め

返信が早く、こまめ(メール相手を長時間放置しない)

返信が遅れた場合は素直に謝る

エッチな話題は控えめでもOK

「細やかな気配りができる」女性とは?

相手の話を丁寧に聞く

自分のことばかり話さない(質問されたときはきちんと答える)

常連さんには毎日の「おはよう」「おつかれさま」「おやすみ」メール

誕生日や記念日の「おめでとうメール」も欠かさない

相手を褒める言葉、お世辞などを言える

「性格が良さそう」な女性とは?

明るくハキハキとした受け答え

汚い言葉を使わない、悪口を言わない(ギャル文字や絵文字はOK)

適度な敬語

自分からお金の話はしない

「迷惑メール」や「出会いメール」にも丁寧に対応する

以上の3要素が人気キャラの原則になります。

次に、具体的なキャラのパターンについて見ていきます。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

キャラ設定のコツ④ 主婦の場合

30代の女性におすすめのキャラ。
ただし「オバサン」の雰囲気を出してはけません。
年齢は5歳~10歳くらいサバ読みして、「年齢の割にキレイな女性」を演じましょう。

例えば「セレブ系人妻」や「美魔女」。
顔写真は「年相応」ではなく、「意識高い系の美人」を目指して修整します。

メール相手の男性が年下なら、「お姉さん」として優しくリードする感じ。
優しさと経験で男性を包み込むような、包容力のある女性が理想です。

メールのみでアプローチしてくる男性には、不器用な人も多いです。相手の話を引き出して、時には褒めて、励ましてあげましょう。

良き理解者」こそ主婦キャラの理想像です。

キャラ設定のコツ⑤ ギャルの場合

もっとも一般的なキャラ。
明るい性格の方、社交的な方には、このキャラをおすすめします。

メール内容は、冗談や下ネタ、ノリの良い返信を多めに。ただし乱暴な言葉遣いは控えてください。

メールはギャルっぽいけど、根はマジメで良い子なんだろうな…」

男性にそう思われたらあなたの勝ちです。

ギャルなのに、恋愛経験は少なめ、意外とインドアで、オタク趣味に理解がある…
そんな「ギャップ」もポイントです。
意識して狙ってみましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

キャラ設定のコツ⑥ 学生の場合

10代~20代前半の女性におすすめのキャラ。
1人暮らし、彼氏ナシ、生活費や学費のために働いている、そんな状況を想定してみましょう。

本当はメールレディなんかやりたくないけど、お金のために仕方なく…」

そのくらいのスタンスでちょうど良いです。

男性が守ってあげたくなるような、世間知らずで純粋な子…。
男性にリードされて、ついついメールで話し過ぎてしまう、押しに弱い女性…。

なんとなく「処女っぽい」感じの雰囲気でいきましょう。

高学歴ならさらに魅力的。
実際に国立大学に通っている、または卒業した女性など、隠さずにプロフに書くと良いでしょう。

キャラ設定のコツ⑦ エッチな女性

アダルトで働く方におすすめ。
積極的に画像や動画を投稿して、高収入を目指しましょう。

露出が無理なら「ちょいエロ」のキャラでもOK。男性の下ネタにノリノリで返信してあげましょう。

「寂しがり屋」アピールや、「かまってちゃん」キャラも良いですね。
男性に甘える感じで返信を誘いましょう。

エッチなキャラを演じていると、男性からは「見せて」「脱いで」「教えて」
といった内容のメールが多く届きます。

サービス精神全開でガンガンリクエストに応えるのもアリですが、あえて「秘密♪」「えーどうしようかなあ( *´艸`)」などと「はぐらかす」のもテクニック。

または「先にそっちが見せてくれたら…」や「~を教えて!」と「おねだり」するのも良いでしょう。

以上のように、エッチなキャラは色々と「駆け引き」できます。
高収入を稼ぎやすいので、抵抗のない方は挑戦してみましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

キャラ設定のコツ⑧ 出会い目的の女性(会えそうなキャラ)

一種の「禁じ手」ですが、メールがどんどん届くキャラ。「出会い」をちらつかせて、男性を「釣る」わけですね。

ただし、大手サイトでは出会い目的の利用が禁止されています。
出会いはあくまで雰囲気を「におわせる」程度にしましょう。

直接的に「これから会いませんか?」と誘うのはNG。
返信率は高いですが、最悪の場合、規約違反で報酬を全額没収されてしまいます。

ギリギリのラインは、「彼氏募集中」や「恋人欲しい」「ネットの出会いに興味があります」といったところでしょうか。

「このサイトで知り合った人と実際に会いたい」と断言はしないでください。

もし誘われたら、

「会ったらどうします?どんなデートがお好みですか?」(仮定の話)

「もう少し仲良くなってから…」(先延ばし)

「出会いは求めていないので…ゴメンナサイ」(拒否と謝罪)

以上3つの方法で回避しましょう。

キャラ設定のコツ⑨ 複数のキャラの組み合わせ

メールレディのキャラクターは、いくつかのパターンを組み合わせることでよりリアルになります。

例えば、「ギャルギャルの学生」「エッチ目的で会えそうな女性」、「気配り上手な主婦」など、キャラ作りの方法は様々です。

ただし、あまりに複雑なキャラ設定にしてしまうと、あとで辻褄を合わせるのが大変。
できるだけシンプルに、自分に近いキャラをおすすめします。

もしキャラを考えるのが面倒なら、無理に演じる必要はありません。
メールをやり取りしているうちに、自然と自分のキャラクターが定まってくる人も多いはず。

まずは普通にメールして、ある程度仕事に慣れてきたら、ちょっとした「隠し味」程度にキャラのスパイスを利かせてみましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部
最終更新日:2020年3月31日
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事