• HOME
  • チャットレディ
  • チャットレディの子育て体験談【育児と両立できる】はウソ!デメリットの多数の実態

チャットレディの子育て体験談【育児と両立できる】はウソ!デメリットの多数の実態

チャットレディの子育て体験談

チャットレディしながら子育ては無理!
チャットレディは育児と両立して稼げる

ネット上ではそんな真逆の意見が対立しています。どちらの口コミが正しいのでしょうか?

チャットレディと子育ての実態を見ていきます。
◆ 文/メールレディ・ハピ編集部

おすすめの求人情報一覧はこちら

私の体験談① 育児中のチャットはいきなり切断される!

育児しながらチャットすれば、普通に稼げる!

そんな風に思っていた時期が私にもありました。

しかし現実は甘くないです!

「ちょっと待ってて!
子どもにミルクあげてくる」

そんな形でチャットを中断するのはNG。

9割のお客から切断されます。
そこでチャットは終了。

育児中のチャットを繰り返していると、常連も離れていきます。

私の体験談② 両親や夫に内緒で働くストレスがやばい

子育て中のチャットレディは「内緒で働く」のが普通。

水商売に近いので、夫や両親から理解を得るのは難しいです。

私の場合は、在宅ワークで働いていることは明言しつつ、

「仕事内容はWEBライター」
「締め切りが近く、仕事に集中したいから子どもを預かってほしい」

そんな風にウソをついていました。
チャットは「夫や子どもが自宅にいないときだけ」するのが基本。

結果として収入は半分くらいになりました。
しかもストレスがやばい…

いつかバレる」「バレたら引退で収入0
そんな覚悟を求められるわりに、収入は月10万~15万円。

苦労に見合うバイトかどうか、微妙なところです。

私の体験談③ 子育て中のチャットレディは「お客にもウソをつく」べき

お客にも、育児中であることは隠しましょう。

アットホームな雰囲気や生活感は、チャットレディにNGな要素。

子どもの面倒を見ながらチャットするときは、

ベビーシッターのバイトを掛け持ちしていて…

甥っ子を預かっているから…

今日はノーメイクだから、通話しかできません

という風なウソや言い訳で「子持ちママ」である事実は隠しましょう。

テレフォンレディなら、ミュート機能を使って育児中でも無難に稼げます。
【関連リンク】
テレフォンレディは安全?危険?おすすめのコツと会話内容!実態は…

私の体験談④ 3つの変化で労働環境が大きく改善!

子どもが大きくなってからは、働き方のスタイルを変えました。

特に「変えて良かった」と思えたのは、

夫には事実を話す
チャット中は部屋に鍵をかける
ログインするのは子どもの就寝後のみ

以上3つのポイント。

夫からは最初反対されましたが、仕事の内容やメリットを丁寧に説明。

ノンアダルト専門サイトのみに登録し、理解を得ました。

部屋に鍵をかけることで、子どもの「乱入」トラブルも回避。
今では安心して、チャットに集中できています。

働く時間を限定するのもおすすめ。

ログインは「自分しか家にいないとき」が最も効率的です。

それが無理なら深夜~朝方。昼夜逆転の生活の方が稼げたりします。

保育園に預けてチャットレディで稼ぐ「収入の限界」

「子供を保育園に預ければ、チャットしながら子育てもできる」

最も効率の良い稼ぎ方ですが、一つ落し穴が…
「収入制限」がある点に注意しなくてはなりません。

保育園は、認可施設を利用すれば、自己負担0円で利用できます。

ただし無償化の対象は「住民税非課税世帯」。
一定の収入を超えると対象から外され、夫の扶養からも外れます。

結果として、出費が大幅に増える恐れも。

確定申告をするつもりなら、収入は103万円以下に抑える必要があります。

在宅ワークでも優先的に入園できる?

「在宅ワーカーは保育園の審査に通りづらい」とよく言われます。

利用する施設によっては「就労証明」の手続きが必要。在宅で働いている「証拠」を求められるわけですね。

とはいえ「チャットレディで稼いでいる事実」なんて知られたくないし…

そんなときは運営会社に相談してみましょう。
大手企業なら、就労の「アリバイ作り」をサポートしてもらえます。

必要な書類も揃えてくれるので、ぜひ問い合わせてみましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

保育料やベビーシッター代は経費になる?

原則として、保育料やベビーシッターの代金は、経費になりません。

ただこれは「建前」としての話。

実際には経費に計上し、問題なく認められる例が多いです。
※税務署はいちいち経費の内訳を見ないので…

確定申告は「自己申告」が基本。
保育料やベビーシッター代もどんどん計上しましょう。

却下されても修正すれば良いだけ。脱税にはなりません。

子育て中のチャットレディにおすすめの求人

「子育て中であることを隠さずにチャットレディで稼ぎたい」

そんな方にはファムとグランがおすすめ。

現役のママさんが数万人在籍する30代~40代専門のサイトです。
※もちろん20代でもOK

育児との兼業に理解のあるお客さんが多く、運営会社のサポートも万全。

私もこの2社に就労証明をお願いしました。
※架空のシフト表と在籍証明書を発行してもらいました

なので、保育園を利用する方にもおすすめ。
手続きの際は「IT企業勤務」で、必要な書類を揃えることもできます。

ファムの口コミ・評判・体験談

グランの口コミ・評判・体験談

子育て中ならテレフォンレディやメールレディもおすすめ

育児とバイトを並行するなら、チャットレディを諦めるのもおすすめ。

もっと手軽なテレフォンレディやメールレディに「転職」しましょう。

転職、といっても求人に改めて応募する必要はナシ。
同じサイトで「音声のみ」「メールのみ」で稼げる仕組みが用意されてます。

収入は減りますが、テレフォンレディなら月10万円以上は稼げます。

メールレディでも月3万~月5万円は稼げるはず。

しばらくは育児を優先して、落ち着いてきたらチャットレディを再開しましょう。

詳しくは下記ページもご覧ください
既婚の私がメールレディやってみた。主婦がメールで稼ぐコツ
30代でメールレディならおすすめはファムとグラン!主婦の稼ぎ方は

もしもこんなことを聞かれたら… バレにくい「おすすめのウソ」

子育てしながら在宅で働いていると、様々な質問に「ウソで回答」しなくてはなりません。

例えば実家に子どもを預けていると、親からは、

「一人のとき何してるの?」
「どこで働いているの?」

と度々聞かれました。

返答に戸惑うと、不審の目で見られる可能性大。
在宅ワークでバイトしてるよ~
と説明しても、詳細について聞かれると…

テレアポ、WEBライター、データ入力など、他業種を挙げる他ありません。

ただ、専門知識がないと説明に説得力がないし…
ウソをつき続ける「鋼のメンタル」が要求されます。

私が思いついた「最も楽なウソ」は「前の職場がテレワークに移行した」というもの。

もともとOLだったので、すぐ納得してもらえました。

ウソとしてもバレにくいし、好奇の目で見られることもありません。

様々な説明を省略できるので、テレワークが流行している「今」を活用しましょう。

結論。チャットレディしながらの子育ては「まあまあ大変」

私の体験をまとめると、

ある程度の「ウソ」は必須
収入は減る。3割~5割の減少は仕方ない
新しい労働環境やルールを作るべき

以上の3点に集約できます。
それなりに大変だし、デメリットも痛感させられました。

効率を考えるなら、一時的にはチャットレディをお休みした方が良いかも。

ある程度、子どもが大きくなって、手を離れたら復帰も楽です。

最近では、
「チャットレディは40代になってからが勝負」
という見方もあるようで…

子育て後の体験談はこちらにまとめています。
メールレディは40代が一番稼げるって本当?求人の悲惨な体験談

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:さおり
最終更新日:2021年9月29日

※メールレディハピは、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第6293416号
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事