メールレディの遭遇するトラブル一覧!迷惑行為や金銭の被害など

メールレディのトラブル

1.エッチな画像や卑猥なメールが送られてきたら…無視してOK!

メールレディはエッチなメールを日常的に受け取ります。卑猥な言葉をメールに書くだけならまだしも、中には局部を露出した画像を送りつけてくる困ったお客も…。

「ノンアダルト系」のサービスでも、そんな
「特殊な性癖の持ち主」は珍しくありません。基本的な対応策は「無視」すること。

「見たくない」という方は、画像ファイルを開かずに破棄してしまいましょう。

局部を露出する行為は法律的にもアウトなので、運営窓口に「通報」してOK。
サイトによっては「アクセス禁止」の処分など、厳しい対応がなされています。

エッチなメールに抵抗がないのなら、わざと大げさにリアクションを返す方法もおすすめ。
興奮したお客からどんどんメールが来るので、短時間でも高収入を期待できるかもしれません。
お客さんを「釣る」ことで、きっちり稼ぐわけですね。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

2.プライベートのメールアドレス、電話番号を聞かれたら?

メルアド・電話番号を聞かれたら

お客がメールレディの私用アドレス・電話番号を聞いてくる理由は主に3つ。
「出会い」目的かサービスの「利用料を節約」したいか、もしくはその「両方」です。

これまでにも繰り返し説明してきましたが、
メールレディは「出会い系サイト」ではありません。
サイト上でも出会い目的の利用は禁止されているので、全ての誘いを断ってくださいね。

私用のアドレスや電話番号、通話アプリのIDなど教えてしまうと、仕事とプライベートを混同するお客が多いようです。

私用のアドレスからメールしても、当然お給料はもらえません。たとえ親しい常連さんが相手でも、プライベート用のアドレスは教えないようにしましょう。

ただ、素っ気無く断るとメールが途絶えてしまう可能性も。
「もう少し仲良くなったら…」という風に期待を持たせて、上手にはぐらかすのもテクニックの一つです。

「教えそうで教えない」微妙な距離感を維持してコツコツ報酬をゲットしましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

3.お客からの暴言や中傷行為にはどう対応すべき?

嫌がらせの対応方法

心ないお客は「うさ晴らし」のためにサービスを利用しています。
「ブス」、「キモイ」などとメールレディに暴言を浴びせて楽しんでいるわけですね。

中傷や暴言にいちいち対応する必要はありません。無視するか「受信拒否」の機能を利用するなどして、軽くあしらいましょう。

暴言メールは嫌がらせの「証拠」です。運営企業に「通報」して、「アクセス禁止」、
「強制退会」などの処分を課してもらうことも可能。

しつこい迷惑行為にはこちらも厳しく対応し、快適に働ける環境をあなた自身の手で取り戻しましょう。

エッチなメールと同様、わざと大げさな反応を見せるのアリ。お客が面白がってどんどんメールしてくるかもしれません(どんどん報酬を稼ぎましょう!)。

ただし、こちらの方で暴言を返すと、あなたが処分の対象になる可能性も。「言葉遣い」には注意してくださいね。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

4.報酬が振り込まれない!金銭トラブルに遭遇したら

金銭トラブルについて

お給料が支払われない場合、その原因の大半は「金融機関の登録情報」にあります。例えば、記入内容に「ミス」があると、手続きが正常に行われません。

または、入金される「金額」、「期日」などあなたの方で「勘違い」しているかもしれません。

入金のシステムは各サイトによって違い、ポイントから「換金」するタイプや、「1万円以上」といった形で「最低金額」が指定されている場合もあります。

正しく入金の仕組みを把握できているかどうか、念のためもう一度チェックしてみましょう。

「調べても原因が分らない」そんな場合は担当の窓口に問い合わせてみてください。

数日待っても返事がない、音信不通で連絡できない…ごく稀にそんなケースも。

金銭トラブルの可能性がありますから、弁護士など専門家に相談することも検討してみましょう。

「少額訴訟」の制度など利用すれば、未払い分のお給料を法的に請求できるかもしれません。
【最終更新日:2019年12月24日】

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

関連記事