仕事の始め方は?登録手続きの流れと入力内容・本人確認まで

メールレディの始め方

1.面接(カメラテスト)とメールアドレスの入力(仮登録)

メールレディの仕事を始めるためには、最初に「人材登録」の手続きを行います。
全ての手続きはネット上で行うことができ、採用試験や面接など受ける必要はありません。

ただし、チャットレディの求人に関しては、「カメラテスト」と称して簡単な面接を行うサイトもあります。

チャットレディとメールレディの「兼業」を考えているのであれば、WEBカメラを準備しましょう。ライブチャット形式で担当者との面接が行われます。

登録手続きに際しては、はじめに「メールアドレス」の入力を求められるサイトが多いようです。
「メールアドレス入力 → 仮登録完了 → 本登録へ」
という流れが一般的。

登録時に入力したアドレスがお客に公開されることはないので、私用のメアドを入力して問題ありません。

仕事を始めると専用のアドレスが支給されます。お客とのやり取りは全て専用アドレスから行ってください。

お客からしつこく聞かれても、プライベートなアドレスは教えないように。トラブルの原因になります。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

2.入力する個人情報と本人確認(身分証明)に必要な書類は?

個人情報と本人確認

続いて「個人情報」を入力します。
主な項目としては、氏名、住所、電話番号、生年月日(年齢)などが挙げられます。

ただし、入力内容は各サイトによって異なるので、良く確認した上で記入するようにしてください。

入力した個人情報がネット上で公開されることはありません。「プロフィールの作成」は別途行うので、嘘偽りなく正しい情報を記入しましょう。

サイトによっては「本人確認」を行うために「身分証明」の手続きが必要です。名前や生年月日、顔写真、現在の住所など確認できる書類を用意してください。

具体的には、運転免許証、健康保険証、学生証、パスポート、公共料金の納付書などが挙げられます。

いずれもコピーを提示する形でOK。
FAXか、画像(写真)をスマホで撮影するなどして、メールに添付します。

ただし、必要な書類の種類や提示方法は各サイトによって異なります。サイト上の説明を確認してください。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

3.銀行口座を登録しても危険じゃない?お金に関する確認事項

お金に関する確認事項

お給料を受け取るために「金融機関の情報」も入力します。銀行の口座番号や支店名など、必要な情報を記入してください。

「暗証番号」を聞かれることはないので、不正にお金が引き出されるなど、トラブルの心配はありません。

オプションで「入金日」や「報酬を受け取る方法」など選べるサイトもあります。あらかじめ確認して希望に沿ったものを選びましょう。

あわせて「手数料」、メール1通あたりの「単価」、「ボーナス」や「ペナルティ」の制度などチェックすることをおすすめします。

お金に関するシステムは、サイトによって大きく異なる場合もあります。
「知らないと損をする」情報も少なくありませんから、入念な確認をおすすめします。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

4.最後にチェックするポイントは?どうしても登録方法が分らない場合は?

最後にチェックするポイント

最後に「利用規約」、「注意事項」など確認すれば手続きが完了します(サイトによっては「同意」を求められる場合もあります)。

一般的な流れでは、10分~15分もあれば全ての手続きを終えることができるでしょう。登録後、すぐに仕事を始められるサイトも少なくありません。

続いて「登録内容の確認」や「プロフィール」の作成を行い、メールレディの仕事をスタートしてみましょう。
※今回ご紹介した内容は、あくまで一般例。途中で分らない点があれば、専用の「お問い合わせフォーム」、「サポート窓口」など利用しましょう。担当者が分りやすく説明してくれるはずです。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部
最終更新日:2020年3月27日
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事