常連客を増やして収入アップ!高収入につながるテクニック一覧

常連客を増やして高収入

1.どうすれば増える?常連客ゲットの基本姿勢

高収入を稼ぐメールレディは、必ず「常連客」をゲットしています。

メールレディの報酬は歩合制ですから、初見のお客ばかり相手にしていては、なかなか収入が安定しません。

定期的にメールしてくれる常連客=お得意様ができてはじめて、高収入への可能性がひらけてきます。

やっぱりお客のリクエストにどんどん応える「サービス精神」は大切。エッチなサービスは高収入への近道といえるでしょう。

とはいえ、アダルトなメールだけが唯一の方法だとは限りません。時間をかけて親しくなり、「悩み相談」や「打ち明け話」で稼ぐメールレディもいます。

ポイントは「聞き上手」な女性になること。
人気のキャバクラ嬢と同じように、お客さんの話を丁寧に聞くメールレディは好感を抱かれやすいです。

お客さんがどんな話に興味を持っていて、どんなことを聞いて欲しいのか…
欲求を先取りするような接客を目指しましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

2.スケジュール調整で効率アップ!「待ち合わせ」で返信率の向上を

スケジュール調整

スケジュール」を上手に調整することも大切です。効率良くすぐに返信できるよう、お客さんと「待ち合わせ」するわけですね。

特に副業で働く場合には、時間を上手にやりくりして、「短時間で一気に稼ぐ」働き方を意識してみましょう。

大体いつ頃の時間帯にメールできるのか、常連さんにはあらかじめ連絡しておくと良いでしょう。プロフィールに明記しておくのもおすすめです。

ただし、基本的には「お客の都合を優先する」姿勢が必要。
お客の生活パターンによって返信率の高い時間帯は異なりますから、できるだけこちらも時間を調整するようにしましょう。

例えば、深夜に返信が期待できる常連さんがいる場合には、多少は夜ふかししてでもメールしてみます。

お互いにどの時間帯なら都合よくメールできるのか、常連さんとはぜひ話し合ってみてください。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

3.「挨拶メール」と「おめでとうメール」で定期収入を。営業メールの注意点

挨拶メール

挨拶メール」を習慣化する方法もおすすめ。
朝の「おはようメール」、仕事終わりの「おつかれさまメール」、就寝前の「おやすみメール」など、毎日コツコツと続けてみましょう。

常連さんになると必ず返信してくれる男性もいますし、「営業メール」としての効果も期待できます。

とはいっても、返信がないのに頻繁にメールしていると、「迷惑メール」扱いされてしまう可能性も。
しばらく返信がないお客に対しては、週に一度メールする程度にとどめましょう。

営業色・宣伝色の強い営業メールもNG。
「お久しぶりです」、「お元気ですか」といった挨拶から始めて、近況をうかがう形がおすすめです。

終わりにはこちらの近況も添えて、お客の興味を惹くような話題を提供してください。

常連さんからは「誕生日」や「記念日」などそれとなく聞き出して、当日に「おめでとうメール」をサプライズで送るのもおすすめ。

感謝の言葉を添えて、少し長文でこちらの好意をアピールしましょう。嬉しい驚きで好感度アップ間違いなしです。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

4.チャットレディとの兼業もアリ!お客の優越感をくすぐるテクニック

兼業もおすすめ

確実に高収入を稼ぎたいなら、「音声通話」や「ライブチャット」などと「兼業」するのもおすすめ。

1時間に数千円単位の報酬をゲットできますし、慣れてしまえば時間も手間もかかりません。メールよりも親密な雰囲気を演出できるため、常連さんもできやすいです。

知らない人と話すのは苦手…
顔を見られるのは不安で…

という方は、まずメールをやり取りしてから、親しくなったお客さんとだけチャットするのも良いでしょう。

実際に、信頼できそうなお客、話の合いそうなお客とだけチャットする女性もたくさんいます。

あえて、「メール以外はNG」だということをお客に伝えておくのもテクニックの一つ。
そして、「〇〇さん(常連客)とはお話してみたいと思って…」とこちらの好意を伝えます。

お客が「自分は選ばれた!」と喜んでくれればしめたもの。「特別扱い」されたという優越感で、そのお客はあなたに対してより大きな好意を抱くことでしょう。

もしもあなたがすでに売れっ子なら、「他に常連客がいない」フリをすることも大切。
お客の方で「自分だけが頼り」という風に「錯覚」してもらった方が、金銭面のリターンは大きくなります。

嘘はよくない?
騙しているようで気分が悪い?

確かにそうかもしれません。しかし、それも仕事の一部。できるだけ割り切った関係をおすすめします。
【最終更新日:2019年10月10日】

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

関連記事

  1. メールレディは掲示板で稼げる

    メールレディより楽!掲示板で稼げるサイトランキング&稼ぐ方法

  2. メールレディにおすすめの一斉送信

    メールレディ初心者におすすめ!【一斉送信】&【定型文】で稼ぐコツ

  3. メールの返信率アップ

    「自己紹介」から「質問」を!返信率とスピードアップのテクニック

  4. メールレディのアタックメール

    メールレディはアタックメールで返信が10倍に!内容はコピペでOK

  5. メールレディは写メで稼ぐ

    メールレディは写メで稼ぐ!プロフィールの顔写真と画像投稿のコツ

  6. 収入アップのコツ

    収入アップのコツは?兼業や同時待機など「時間の使い方」について

  7. 迷惑行為の対処法

    迷惑行為にはどう対処する?方法次第で収入アップも

  8. 副業にメールガールがおすすめ

    チャットレディやテレフォンレディの副業にメールガールがおすすめ

  9. メールレディの集客

    効果的な「集客」の方法は?「宣伝」・「営業」のコツや注意点

人気記事ランキング

  1. メールレディ・モコム
  2. メールレディは稼げる?稼げない?
  3. メールレディ・クレア
  4. メールレディの口コミ
  5. メールレディ・ファム
  6. メールレディのテンプレ
  7. メールレディが怪しい
  8. メールレディ8つの嘘と安全に稼げるサイト
  9. メールレディの経費
  10. メールレディ・ビーボ(VI-VO)

ピックアップ記事

  1. メールレディとは メールレディとはどんなバイト?本当の仕事内容と稼ぎ方
  2. メールレディ8つの嘘と安全に稼げるサイト メールレディ8つの嘘!「安全に稼げる」サイトは5つだけ。本当は…
  3. メールレディおすすめ メールレディ初心者向けのおすすめサイト!【初心者が稼げない理由】

特集記事

  1. メールレディのやり方
  2. 高額案件と出会い
  3. メールレディのデメリット
  4. メールレディで月3万稼ぐ
  5. メールのバイト

最近の記事

  1. メールレディ最大の危険性はスクショ メールレディ最大の危険性はスクショ!チャットレディはもっと危険!
  2. チャットレディ・チャットピアの体験談 30代の主婦がチャットレディをやってみた【チャットピアの体験談】
  3. チャットレディがノンアダで稼げない理由 チャットレディがノンアダで稼げない理由!初心者が稼げるサイトは…
  4. メールレディ・モアの口コミ・評判・体験談 モアでメールレディ【いくら稼げる?】口コミ・評判・体験談の平均額
  5. チャットレディが扶養から外れる金額 【安心】チャットレディが夫・親の扶養を外れる金額【外れない方法】
  6. メールレディが気をつけること メールレディは「稼げない求人」に気をつけること!詐欺以外の注意点
  7. ポケットワークの口コミ・評判・体験談 チャットレディ【ポケットワーク】の口コミ・評判・体験談
  8. チャットレディの開業届 チャットレディの開業届!出してもメリットは微妙。意味ないかも…
  9. チャットレディのウィッグ チャットレディのウィッグ【本当に必要?】おすすめする理由と選び方
  10. チャットレディの確定申告 チャットレディで確定申告してない!バレた!でも大丈夫だった体験談

おすすめ記事

  1. メールレディのデメリット メールレディの怖いデメリット10コ!隠れた危険性・被害・トラブル
  2. メールレディの年末調整・確定申告 メールレディは年末調整が必要?確定申告は?節税の基礎知識
  3. メールレディで儲かるはウソ メールレディで儲かるはウソ!稼げない理由を徹底解説
  4. チャットレディのデメリットと稼げる求人 チャットレディのデメリット10コ!「本当に稼げる」求人は8つだけ
  5. 安全・優良サイトの選び方1 安全・快適に働けるサイトの特徴① 口コミ・運営年数・デザイン
  6. メールレディのプロフ(プロフィール) メールレディはプロフで人気が決まる!正しいプロフィールの書き方
  7. チャットレディの開業届 チャットレディの開業届!出してもメリットは微妙。意味ないかも…
  8. メールレディで月3万稼ぐ メールレディで月3万を稼ぐマニュアル!業者が教える3つの方法
  9. 迷惑メールの対処法 メールレディを始めたら迷惑メールばかりで危険?具体的な対処法は
  10. マナー違反に要注意2 マナー違反に要注意②「コピペ」とメールの冒頭・文末・連続送信
PAGE TOP