求人に応募する前に…メールレディ募集のチェックポイント

メールレディ募集

メールレディは少し特殊な在宅ワーク。

求人に応募する方法が分らない…
募集しているサイトが見つからない

そのような形で戸惑う方も多いようです。

今回は、仕事を始める前に知っておきたいポイント、登録手続きの流れや求人情報の見つけ方、選び方などご紹介していきます。
◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部

1.求人の募集は多い? 少ない? 登録手続きの流れ

基本的に、女性なら誰でもメールレディとして働くことができます。

応募資格など存在しないサイトも多く、採用率100パーセントのサービスも多数。

容姿に自信がない女性、40代以上の女性、
いずれも問題ありません。

学歴、専門知識や技術なども不要。
しいて言うなら「メールができる」ことが唯一の応募資格だといえるでしょう。

メールレディは人材登録制のアルバイト。
ネット上から「登録手続き」を行うことで、仕事をスタートします。

登録の方法は各サイトによって異なりますが、一般的な流れは、

メールアドレスの入力 → 仮登録完了 → 個人情報の入力 → 身分証の提示 → 登録完了

といったもの。
いずれも指定どおりに手続きすれば、15分~30分くらいで登録を完了できるでしょう。

身分証はコピーでOK。免許証や保険証などスマホで写真撮影して、その画像をメールに添付、送信する形が主流です。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

2.メールレディを募集しているのは「ライブチャット」のサイト

ライブチャットサイトに登録

メールレディの求人はネット上で探す方法が一般的。
しかし実際に調べてみると、

「求人情報の探し方が分らない」
「募集しているサイトが見あたらない」

という方も多いかもしれません。

実は、メールレディはチャットレディの「別名」。
チャットレディとして求人に応募して、メールレディの仕事を始める、そんな風に働いている女性が多いのです。

分りやすくいうと、

チャットレディとして人材登録 → チャットをせずにメールだけで報酬を稼ぐ

という働き方が最も多いケース。

ですから、「ライブチャット」のサービスを提供しているサイトに登録すればOKです。

登録後は、チャットをせずにメールのみで働いて問題ありません。

ただ、チャットをしたほうが高収入をゲットできることは間違いないので、チャットとメールを「兼業」するのもおすすめ。
働き方はあなた次第です。

3.メールレディの求人でチェックすべきポイント

求人サイトのチェックポイント

仕事を始めるまえに、まずチェックしたいのが、メール1通あたりの「単価」。

メールレディの報酬は出来高払いですから、
受信したメール数 × 単価」でお給料が決まります。

当然、単価の高いサイトの方が効率よく(短時間で)収入を得られるので、登録先を選ぶときには必ず確認しておきましょう。

チャットのサービスがメインで、中にはメールのシステムを無料で提供しているサイトも。

こうしたサイトでは、お客といくらメールをやり取りしても報酬を得られません。

登録先を選ぶときには必ず「メールのサービスを有料で提供しているサイト」を探しましょう。

サービスの利用者数、知名度(人気)も大切なポイント。
いくら高単価で求人を募集していても、利用者が少ない無名のサービスでは、メールの待ち時間=待機時間が増えてしまいます。

メールを受信しなければお給料はもらえないわけですから、できるだけ利用者の多い、有名・大手サイトに登録しましょう。

当サイトではおすすめのサービスをまとめてご紹介していますから、よければ参考にしてみてくださいね。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

4.危ない求人の見分け方

危ない求人の見分け方

メールレディはごく安全で堅実なアルバイト。基本的に「無料」で始められますから、お金を騙し取られる(詐欺などの)リスクがありません。

もし、仕事を始めるにあたり「登録料」や「会費」、「手数料」などを請求されたら、そのサービスは「悪徳サイト」である可能性が大です。

悪徳業者にお金を騙し取られる危険性が高いので、そんな求人には絶対に応募しないでください。

最近多い悪徳サイトの特徴としては、「ポイント」や「マイレージ」の購入を促すケースが挙げられます。例えば、

男性客からメールを受信 → 開封するためにはポイントが必要 → ポイントを購入 → お金を騙し取られる

というような流れですね。

「相談に乗ってくれたら50万円お渡しします」、「実際に会ってくれたら100万円振り込みます」、そんなメールにも要注意。

何らかの名目で逆にお金を請求されるケースが大半です。

また、「他のサイトに誘導しようとする」、「他サービスへの登録を促す」メールにも要注意。典型的な詐欺の手口です。

気になるサイトを見つけたら、事前に情報を収集して、ネット上の評判など調べてみましょう。
悪評の多いサービス、素性のよく分らないサイトには登録しない方が無難。

評判の良い「優良サイト」に登録するのが安全で確実です。

メールレディ初心者には、とりあえず有名・大手サービスへの登録をおすすめします。

5.アダルト系の求人募集と「カメラテスト」の内容

カメラテストの内容

基本的にはチャットレディとして人材登録することになるため、サイトによっては「カメラテスト」が義務付けられている場合もあります。

映像が正常に配信できるか、音声のやり取りに不具合はないか、実際に担当者があなたとチャットして確認するわけですね。
普通のアルバイトでいえば「面接」に近いです。

そのとき、色々と質問されたり、注意事項や仕事内容を教えられたりすることもあります。

しかし、人事の担当者が応募者に「エッチな行為」を要求することはありません。

風俗業では「研修」と称して、新人にエッチな行為を半ば強要するお店もあるようですが、ライブチャットは別。

もしも要求されたら、きっぱりと断り、そのサイトに登録することは控えましょう。

たとえアダルト系のサービスでも同様。
カメラテストは機材(スマホ)や通信状態のチェックがメインで、「実技試験」など普通は行いません。

募集案件については事前に情報を収集する、そして怪しい求人には応募しない。

そんな姿勢を心がけ、安全に、スムーズに、メールレディの仕事をスタートしましょう!

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ 編集部
最終更新日:2020年9月15日

商標登録出願済み 商願2020-035225
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事