登録内容は要チェック!魅力的なプロフィール作成のコツは

プロフィール作成のコツ

1.登録内容の確認と各種機能(オプション)について

メールレディとして登録手続きを完了したら、必ず「登録内容」を確認してください。入力した内容に誤りがないかチェックします。

特に、銀行口座の番号など「金融機関」に関する情報は入念に。入力ミスがあると、お給料の支払いに支障が生じるかもしれません。
すぐに修正しましょう。

年齢や所在地(住んでいる都道府県)、職業など、一部の情報については「公開」か「非公開」を選べるサイトもあります。必要に応じて変更しましょう。

さらに、メールの受信や送信、チャットに関する「機能の設定変更」も行えます。使用可能な機能は一通り確認して、サービスに「慣れる」よう心がけてください。

サイトの利用時、なにか分らないことがあれば、「お問い合わせ」、「ヘルプ」、「Q&A(よくある質問集)」など活用しましょう。

お問い合わせ」の窓口を利用すれば、担当者からメールや電話、チャットで即日返答をもらうこともできます。
窓口のサポートは基本的に無料。どんどん利用してください。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

2.プロフィール作成の流れ。主な入力項目と注意点

プロフィール作成の流れ

登録内容を確認したら、次に「プロフィールの作成」を行います。プロフィールは、サイト上で公開されるあなたの名刺・看板のようなもの。
内容次第では大きな「集客力」を発揮しますから、じっくり時間をかけて作成してください。

主な入力項目は、名前(ハンドルネーム)、年齢、身長、スリーサイズ、所在地、職業、血液型、趣味など。

全て「事実」を記入する必要はなく、ある程度「脚色」するのが普通です。

例えば、年齢は2~3歳若く、スリーサイズは胸を大きく、ウェストは細く…といった具合。
お客に知られたくないポイントは「非公開」・「秘密」など選べるサイトも少なくありません。

プロフィールに関しては、つい「嘘」ばかり書いてしまう方も多いようです。気持ちは分りますが、「嘘の書き過ぎ」には要注意。

お客さんから話を振られた場合、つじつまを合わせることが難しくなってしまいます。プロフィールは「話題づくり」や「話のきっかけ」として活用するもの。

内容は脚色・誇張するくらいにして、まったくの「別人」にならないよう配慮も必要です。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

3.魅力的な自己アピールを!エッチなパフォーマンスが苦手or得意な場合

プロフィールの自己PR

サイトによっては、プロフィールに「自己PR」の記入欄があります。お客さんが最も興味を持つ部分なので、最低でも200~300文字くらいは書き込みましょう。

「絵文字」や「ギャル文字」などを使用して、カワイイ文体が演出できれば集客力アップ間違いなし。
ただし、あまりに多用すると判読が難しくなってしまうので、適度な使用にとどめてください。

「エッチなメール」が苦手なら、そのことを自己PRで明言しておきます。「エッチなことはできません」、「ノンアダルトでお願いします」とはっきり書けばOK。

それでもアダルト目的のお客からアプローチは絶えませんが、比較的「真面目」なメールが増えるはずです。

※サイトによっては、アダルトノンアダルト(エッチ対応・非対応)の選択欄を設けているところもあります

逆に、エッチなサービスに抵抗がないなら、少し誇張して「エッチな女性」を演出するのもアリ。

自己PRの項目に、特殊な性癖、体験談、SかMか…などなど、詳細に記述するのもおすすめです。より多くのお客からメールが届くことでしょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

4.人気メールレディの「真似」もOK!まずは「空欄ゼロ」を目指そう

オリジナルなプロフィール

プロフィールを作成している途中でつまづいてしまったら、他のメールレディのプロフを参考にしてみてください。

なんとなく書き方の「コツ」が分るはず。
ただし、コピペ(丸写し)はNGです。必ずアレンジを加えて、自分だけのオリジナルなプロフィールを作成しましょう。

プロフィールは自由に「書き直す」ことができます。
必要以上に難しく考えず、まずは「空欄を作らない」ことを目標に作成してみましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部
最終更新日:2020年3月27日
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事