プロフィール用の顔写真・画像で集客?テクニックや注意点

プロフィールの顔写真

1.キレイな顔写真で集客力アップ!画像は自由に加工・修正してOK

多くのサイトでは、プロフィールに顔写真の掲載が義務化されています。
インターネット上で自分の顔を公開したくない… という方も心配する必要はありません。

掲載する顔写真は、自由に編集してOK。
思い切り加工・修正したり、顔の一部を隠したりして、「自分だと分らない」写真でも問題ありません。

中には、鼻より上だけ、首から下だけの画像を掲載している女性もいます。
胸元を強調したり、コスプレしたりするのも「テクニック」の一つ。

セクシーな写真やカワイイ画像は「集客力」を発揮します。自分の「自信のある部位」をアップにするのも良いでしょう。

多くのお客さんは、プロフィールの画像を参考にアプローチするメールレディを選んでいます。
当然、美人でカワイイ女性ほど人気が集まるので、「ベストショット」を掲載するよう心がけましょう。

スマホで「自撮り」するなら、画像編集用のアプリなど活用するのもおすすめ。
手軽に「ワンランク上の美人」を演出できます。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

2.家族や友人にバレないためのテクニック!ウィッグやマスクもアリ

バレないためのテクニック

プロフィール用の画像は、スマホやWEBカメラで撮影する方法が一般的。
サイズやアップロードの方法は各サイトによって異なるので、サイト上の指定に従ってください。

できるだけ高画質のものが望ましいですが、色合いやコントラストなど含め自由に編集してOKです。

「顔バレ」や「身バレ」は絶対に嫌!
家族や友人に見つかりたくない!

という方は、「別人」レベルの画像でも特に問題ありません。いつもと違う雰囲気でメイクしたり、ウィッグマスクを着用するのも良いでしょう。

ただし、極端な加工・編集を施すと不自然な仕上がりになることも。

お客から「詐欺写メ」だと反感を持たれてしまう恐れもありますから、適度な編集を心がけてくださいね。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

3.自撮りのコツは?WEBカメラの演出法と「身バレ」防止の注意点

自撮りのコツ

上手に自撮りするためにはコツも必要です。
カメラや顔の角度、ポーズ、表情、照明、メイク、髪型など、様々なバリエーションを試してみましょう。

自信のない部位は「隠す」、チャームポイントは「強調する」のが基本。
年齢をごまかすなら、思い切って若い頃の一枚を使用するのも良いでしょう。

ただし、自身のブログやSNSなどで使用している画像を「再利用」するのはNG。「画像検索」で身元を特定されてしまう恐れがあります。

また、他人の顔写真を流用するのも避けてください。肖像権の侵害など、法的なトラブルの要因になります。

念のため、「背景」に身元が特定されるようなものが写っていないか確認することもお忘れなく。

チャットレディ(ライブチャット)とメールレディを「兼業」するのなら、WEBカメラに自分がどのように写るのかもチェックしておきましょう。

アングルと照明、メイクを少し工夫すれば、より若々しくカワイイ自分を演出できるはず。

カメラに映る範囲は整理整頓して、観葉植物、ぬいぐるみ、ソファなどで「女性らしい部屋」を演出するのもおすすめです。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部
最終更新日:2020年3月27日
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事