危険な行動① 個人情報の扱いと詐欺(サクラ)の求人、架空請求に注意

メールレディの危険な行動1

1.個人情報の取り扱いには要注意!「身バレ」を防ぐために

チャットレディとは違い、メールレディは顔や声を公開する必要がありません。匿名性に優れたサービスなので、「身バレ」の危険性がほとんどありません。

それでも個人情報の扱いには要注意。お客さん相手に個人を特定できるような情報はメールしないでくださいね。

具体的には、氏名、住所、勤務先や通学先、電話番号など教えないようにします。
念のため、プライベートで利用しているSNS、ブログなどのアドレスも教えないほうが良いでしょう。

私用のメールアドレスも同様です。
「画像」の取り扱いにも要注意。「画像検索」で出どころを知られてしまう可能性があります。使いまわしは避けましょう。

メールレディは、ネット上で不特定多数のお客と接します。

特に掲示板やライブチャット、音声通話などのシステムを利用する場合は、常に録画・録音されているくらいの気持ちで働いてください。
用心はし過ぎるくらいでちょうど良いです。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

2.「出会い系」の求人は詐欺かも…「サクラ」の募集に気をつけて

サクラの募集に注意

メールレディのサービスに違法性は一切ありません。しかし、中にはメールレディと称して、出会い系サイトの「サクラ」を募集している求人もあるようです。

「ネット上で恋人ができる」、「出会った女性とエッチができる」そんな風に男性を騙して、女性にメールをさせるわけですね。

これは完全な詐欺行為。なぜなら、男性客は女性がメールレディであることを知らない(知らされない)からです。

こうした違法なサービスには応募しないでください。たとえ高収入が提示されていてもNG。詐欺行為に加担すれば、法的な処罰の対象になる可能性があります。

悪徳サイトでは、雇用条件や仕事内容など、曖昧にしか説明されないケースが多いようです。

気付いたら違法行為に協力していた…
なんてことにならないよう、サイト選びは慎重に。

当サイトでご紹介している優良サイト、有名・大手のサービスなど参考にしてくださいね。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

3.「登録料」や「手数料」は払わない!登録は無料が当たり前

登録は無料が当たり前

メールレディとして働く際には「登録」の手続きが必要。人材登録制で女性を採用しているサービスが大半です。

仕事は基本的に「無料」で始められるので、「損」をするリスクはありません。

もしも「登録料」や「手数料」などを請求されたら…
そのサイトで働くのはやめましょう。悪徳サイトである可能性が高いです。

「絶対に稼げる!」、「誰でも儲かる!」なんて甘い誘いに乗らないように!お金を騙し取られるだけです。

金銭だけではなく、他のサービスへ「同時登録」することが必要だったり、仕事用の「機材」と称して「商品の購入」を求められたり…。
詐欺のパターンは多種多様。いずれも登録はNGです。

「費用がかからない」、「無料で始められる」のがメールレディの大原則。架空請求にはくれぐれも注意してくださいね。
【最終更新日:2019年12月24日】

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

関連記事