メールガールの口コミ情報!収入や安全性、求人と仕事内容について

メールガールの口コミ情報

メールガールに関する体験談、噂などを調べていると、様々な書き込みがあるため戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。

特に、収入や安全性、仕事内容については様々な情報が入り乱れているので、判断に悩む方も多いようです。

果たして実態はどうなのか…
今回は気になる疑問を一緒に解決していきましょう。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

1.口コミ検証① メールだけでは稼げない?

「メールガールは稼げない」という書き込みをよく見かけますが、実際のところはどうなのでしょうか。
まず、収入には「格差」があるということを覚えておきましょう。

メールガールの報酬は出来高払い。仕事のコツを身につけるまでは、なかなか思うように稼げない方も多いようです。

収入の相場は、月収に換算して3万円くらい。つまり、毎月3万円稼いでいれば、一般的な水準はクリアしたことになります。

しかし金額としては少額なので、中には「3万円しか稼げなかった」と感じる方もいるようですね。

メールガールは、あくまで「本業」ではなく「副業」に向いたアルバイト。
「副収入」=「お小遣い」を稼ぐのに適した仕事です。

したがって、3万円以上の月収は「高望み」と考えるべきでしょう。手軽なバイトではありますが、「暇つぶし感覚」でコツコツ稼ぐのが正しい働き方なのです。

また、「メールだけでは稼げない」という言い方には「裏」があります。
「メールのみで高収入は難しいけど、チャットレディやテレフォンレディを掛け持ちすれば稼げるよ」というわけですね。

実際にメール・チャット・テレフォンの3つを兼業している女性は多く、その収入は「メールだけ」で働いた場合の数倍~10倍以上に。
ですから、比較すると「メールのみでは全然稼げない」という言い方になってしまうのです。

つまり、「稼げない」というのは表現上の問題で、実際には「毎月3万円以上を安定して稼いでいる」女性が少なくありません。

仕事内容から見てメールガールの収入を高収入と見るか低収入と見るか、そのあたりの判断にも個人差があるわけですね。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

2.口コミ検証② 個人情報が危ない?身バレの危険

メールガールの口コミ検証2

「メールガールは危ないからやめたほうがいい」、「個人情報が流出してしまう」、「お客に身元がバレる」、そのような噂をよく耳にします。

一般に在宅ワークに関しては、危険性を過剰なまでに指摘する意見が少なくありません。

しかし実際のところは安全に働ける仕事が大半ですし、メールガールも安全性に定評のあるアルバイトの一つです。

まず原則として、メールガールの個人情報がお客に公開されることはありません。
本名や住所はもちろん、メールアドレス、電話番号、ID情報など、全て厳重に管理されています。

プロフィールを作成・公開する必要はありますが、嘘の記載をすることも可能。
例えば年齢や職業など、全てごまかして働く女性も多いようです。

メールガールは顔がお客に見えませんから、「身バレ」や「顔バレ」のリスクはほとんどありません。
プロフィールに掲載する顔写真は、加工・修正すればOK。またはメイクや髪型、マスクを着用するなどしてごまかしましょう。

有名・大手のサービスなら、セキュリティは万全。当サイトでも安全に働ける優良サイトをいくつかご紹介しているので、よければ参考にしてみてください。

心がけとして、お客に個人情報を話さない(漏らさない)注意は必要。
身バレの危険性があるとすれば、それはあなた自身の働き方によるところが大きいといえるでしょう。

たとえ親しいお客が相手でも、個人を特定できるような情報(本名や勤務先、住所など)は話さないでくださいね。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

3.口コミ検証③ 求人が少ない?応募から登録の流れ

メールガールの口コミ検証3

「チャットレディやテレフォンレディの求人は多いけど、メールガールの求人は少ない」とお感じになったことはありませんか?

実は、メールガールはチャットレディの「副業」として取り組んでいる女性が多く、求人数もそれほど多くありません。

雇う側(企業)としても、求人は「チャットレディ」の名称で募集しているケースが多いようです。

ですから、メールガールとして働きたいのであれば、「チャットレディの求人に応募して、メールだけする(チャットはしない)」という働き方を選ぶ必要があります。

もともとメールガールはチャットレディの「裏技」として始まったものなので、このような形になっています。

また、「メールガール」という名称はマイナーで、どちらかというと「メールレディ」の方が一般的。
どちらも同じ仕事を指す言葉ですが、メールレディの方が求人件数は多いはずです。

ネットで検索するのであれば「メールレディ」というキーワードでも求人を探してみてください。

メール、チャット、電話、どの仕事をしたい場合でも求人に応募する方法は同じ。登録の手続きや求人の条件が異なることはありません。
つまり、3種類のアルバイトに同時に応募することになるわけですね。

登録手続きが終われば、働き方はあなた次第。無理にチャットや電話をしなくてもOKです。
メールだけで働くのも良いですし、たまにチャットをしたり通話をしたりするのも良いでしょう。

チャット(テレビ電話)主体のサービスが多いのですが、働き方や手段を強制されることは一切ありません(ノルマも存在しません)。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

4.口コミ検証④ アダルトでエッチなサービス?

メールガールの口コミ検証4

メールガールはエッチな仕事だからキツイ、ストレスが多い…
そのように考えて登録を控える女性も多いようです。

事実、エッチなメールを送信するお客は多いですし、その相手をするのが主な仕事ではあります。

しかし最近では、「ノンアダルト」というジャンルも人気で、徐々に「普通の世間話」や「悩み相談」などで収入を得る女性も増えています。

とはいえ、大半のサービス(またはお客)が「アダルトな要素を目的としてる」ことに変わりはありません。

メール相手は自由に選べますが、選り好みばかりしていては収入が増えません。せめてお客の「下ネタ」に付き合うくらいの「許容範囲」は持ちたいところ。

こちらが無理に「脱ぐ」・「見せる」必要はありませんから、自分にできる範囲でお客さんのニーズを満たしてあげましょう。

例えば、露出癖のある男性は、頻繁に局部の画像や動画を送信してきます。
もちろん「そんなものは見たくない!」と即削除してもOKですが、一応「開封」だけはして、収入を稼ぐのも良いでしょう。

最近では下着や制服などをお客に販売するサイトも人気。抵抗がなければメールでお客を募って、オークションなどで稼ぐ方法もおすすめです。

実状をまとめると、「アダルトなサービスが多いけど、働き方は自由」といった感じになるでしょうか。

また、「エッチなメールだと稼ぎやすいけど、ノンアダルトは稼ぎにくい」ともいえるでしょう。

ただ、チャットレディと比較するとハードルは低めなので、手軽さの面からはおすすめできます。

まとめ

●「メールだけでは稼げない」と言われる原因は
①相場の金額
②人気による収入格差
③兼業した場合の破格の収入(との比較)
以上の3点による
●個人情報は厳重に管理されるので、情報流出の危険はほとんどない
●ただし「自分の身は自分で守る」姿勢は必要。お客に個人を特定できるような情報は話さないように
●メールガール単体の求人は少ない。チャットレディの求人に応募して働く流れが一般的(チャットレディとして登録してチャットはせず、メールのみで働く)
●基本的にはアダルトなサービスだが、ノンアダルト(エッチなし)でも働ける(ただしノンアダルトは若干稼ぎにくいので、相応の時間と努力は必要)

【最終更新日:2020年1月1日】

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

関連記事