メールレディとチャットレディの違いは?仕事内容や収入を比較すると

メールレディとチャットレディの違い

1.メールレディとチャットレディの関係は?ライブチャットとは

ネット上でメールレディの求人情報を探すと、意外に少なく感じられるかもしれません。
仕事自体の知名度もそれほど高くないので、「高収入なのになぜ?」と不思議に思われる方も多いことでしょう。

実は、メールレディはチャットレディの「別名」。チャットレディとして働くついでにメールでも稼ぐ=兼業している女性が多いのです。
求人情報もチャットレディの方が多いですし、知名度も高いです。

チャットレディとは、テレビ電話のような形で男性客とチャットするアルバイト。
映像と音声で、「自宅で働くキャバ嬢」みたいな感じで働くわけですね。

そのサービスは「ライブチャット」と呼ばれ、専門のサイトも数多く存在します。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

2.チャットレディがメールをする理由

チャットレディがメールする理由

メールレディの仕事と同じように、チャットレディのお給料も歩合制。チャットした時間に応じて収入が発生します。

ただし、ネットに接続しても待機状態=お客のアクセスを待っている時間には報酬が発生しません。

「ただ待っている」だけでは効率よく収入をゲットできませんから、「待ち時間にメールをする」女性が多くいます。メールでお客を誘い、「営業」するわけですね。

サイトによっては、チャットの「時間給」だけでなく、メールにも「単価」が設定されています。

お客から「返信」があった場合、1通あたり数十円単位の報酬を獲得できる仕組みです。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

3.メールレディの働き方は?兼業もアリ

メールレディの働き方

ライブチャットで顔を見られたくない…声を聞かれたくない…お喋りは苦手で…そんな方はメールでのみ働いてもOK。

つまり、これが「メールレディとして働く」ケースの実態です。簡単に言えば、チャットレディとして人材登録の手続きを行い、メールでのみお客とコミュニケーションするわけですね。

働き方はあなた次第。メールに専念してもいいですし、ライブチャットと「兼業」しても構いません。

ちなみに、お給料はチャットレディの方がかなり高額。1時間に数千円単位の報酬を得られるので、高収入を狙うのであれば、チャットでがんばってみましょう。

または、「メールで仲良くなったお客とだけチャットする」という方法もアリ。信頼できそうなお客さんとだけチャットするわけですね。

チャットレディの中には、メールでお客さんと「待ち合わせ」をして、上手に待機時間を解消している女性もいます。

メールは「集客」の手段としても有効。毎日の「あいさつメール」、仕事終わりの「お疲れさまメール」、お誕生日の「おめでとうメール」…などなど、どれも「営業のアプローチ」としておすすめです。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

4.両者を比較すると…選ぶときのポイントは?

働き方を選ぶポイント

メールでコツコツと1時間に数百円~1,000円くらいを稼ぐか、ライブチャットで数千円の高収入を狙うか…自分に向いてそうな働き方を選びましょう。

メールが苦にならないならメールレディ、お喋りが得意ならチャットレディ、といった形で選んでもOK。

ただし、ライブチャットではより過激なサービスを要求されることが多いですし、顔と声をお客に「公開」しなくてはなりません。

高収入な半面、仕事はちょっとキツめなので、その点は覚悟しておきましょう。

まずはメールでお仕事を始めて、慣れてきたらチャットに挑戦…そんな方法もおすすめ。

最近では「ノンダルト系」のサイトも増えています。
必ずしもエッチなパフォーマンスが必要なわけではないので、無理のない範囲でチャットレディとして働くのもおすすめです。
【最終更新日:2019年12月24日】

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・体験談はこちら!

関連記事