チャットレディのキモイあるある! 一度は経験するトラブルの対処法

チャットレディ10のあるある!

チャットレディの仕事内容には、ストレスがつきもの。例えば、

  • 男性の露出行為
  • しつこい「会いたい」攻撃
  • ストーカー被害

など、迷惑行為やトラブルの危険性が潜んでいます。

今回は読者のみなさんに「キモイあるある」をアンケート。
中でも「メンタルに響く」あるあるの体験談を聞きました。

誰でも一度は経験するトラブルの対処法とは?
「笑えるあるある」と一緒に見ていきます。

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:hitomi

おすすめの求人情報一覧はこちら

あるある① いきなりの露出行為

もちろん法律違反!
カメラがオンになるといきなり「モロ出し」の男性もいます。

不快なら「即切り」でOK。
オマケで「通報」もしておきましょう。
運営会社が対応してくれます。

収入を優先するなら「わざとオーバーなリアクション」もおすすめ。

すご~い!」「大きいですね!
みたいな感じでお客を喜ばせてあげましょう。

または、
キモイ!」「小さっ!
という風にネガティヴに反応してもOK。

Mな男性はむしろその方が喜びます。
【チャットレディの詳細についてはこちら】

あるある② 会えないと分かった瞬間の「即切り」

チャットレディは「出会い系」でも「パパ活」でもありません。

でもお客の中には、

「どこに住んでるの?」
「今日これから会える?」

そんな風にチャットレディを口説く男性もいます。
もちろん断るべき。ただその瞬間に「即切り」される場合が多いです。

チャットの報酬が確定するまでに必要な時間は、15秒~1分。
時間稼ぎで「交渉するフリ」だけしてみましょう。

「え~どうしようかな~」
「交通費は出ますか~?」
「どこで会いたいの?」

という風に、曖昧な態度で時間稼ぎ。

「会う」と明言しなければ、サイトの規約上も問題ありません。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

あるある③ 常連客の「ガチ恋」

常連客と何十時間もチャットしていると、
もしかしてこの人、私にガチ恋してない?
と不安になるタイミングがあります。

特にノンアダルトのチャットレディは、ガチ恋の体験談が多数。

「実際に会った」「付き合った」そんな経験者も10人に1人くらいはいるようです。

お金持ちで親切で「まともに見える男の人」も、たまにいるので面倒。

この人なら大丈夫かも…
そんな風に思えてきたら危険です。

この体験談を一読して、ネット恋愛の危険性を確認しておきましょう。

【体験談はこちら】

あるある④ 稼げるときの「罪悪感」

お客のガチ恋は、高収入のチャンス。
恋心を上手く利用すれば「夢の3ケタ万円」も見えてきます。

ただし、あなたがチャットレディに向いているかどうか、ここからが本当の勝負。

  • 貢がせ過ぎて辛い
  • 騙しているような罪悪感

そんな複雑な感情とも折り合いをつける必要があります。

普通にキモイお客なら「金づる」として割り切れるのですが…
問題は「そうじゃない」とき。

「優しくて良い人」ほど、ガチ恋で一途になりがちです。

関係を清算するか、恋心を弄んで稼ぎ続けるか…
恋愛に「正解」はありません。

地下アイドルのように、金銭で関係を維持するのも、サービス業のあり方の一つです。

チャットのプロに徹して、前向きに稼ぎ続けましょう!

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

あるある⑤ 夜型の生活になって意外と「体調が良くなる」

チャットレディにとっての「ゴールデンタイム」は、夜9時以降。

深夜頃に「リッチな男性客」のログインが増えます。
なので、生活はどうしても夜型になりがち。

不規則な生活で体調を崩す人も多いです。
ただ、意外と多いのが「逆に体調が良くなる」パターン。

一定数は「生まれつき夜型」の人がいて、むしろ健康状態が改善されます。
※特にメンタルが「明るく」「前向き」になる人が多いです

これもチャットレディにとっては一種の「才能」ですね。
マイペースで働けて、睡眠時間をしっかり確保できるのもメリット。

結果的に、在宅ワークで「健康的な生活」を実現できる人が多いようです。

あるある⑥ 才能ナシ? 引きこもり生活で「メンタル崩壊」

チャットレディは「向き不向き」が出やすいお仕事。
夜型の生活で快適に暮らせる人もいれば、体調を崩す人もいます。

順調に稼げる人ほど「外出の必要がなくなる」ので注意。
引きこもり生活から、メンタルの調子を崩す危険性があります。

私が実践して効果を実感できた対策は、

  • できるだけ毎日、20分~30分は日差しを浴びる
  • 買い物ついでの散歩を習慣化
  • 無理やりでも毎日7~8時間は寝る

稼げるときに一気に稼いで、あとはひたすら「のんびり」しましょう。

その他の対策はこちら

あるある⑦ 高額を貢ぐ男性ほど、なぜかキモイ

体験談の多くは「男性のキモイ言動」を指摘するものでした。
ただ、中には男性が可哀想に思える意見も。

特に目立ったのが、

「高額のチップや、プレゼントをくれる男性ほど、キモイ人が多い」

という口コミ。

気前が良くて、ガンガン貢ぐ男性ほど、異性としては魅力に欠ける人が多いようです。

チャットで変態プレイを要求してきたり、自慢話ばかり喋り続けたり…

多額のお金を払ってくれる以上は、丁寧に接してあげたいのですが…
我慢にも限界があります。

もうこの人とチャットしたくない!
そう感じたら、メンタルを優先しましょう。

お客を選べる」のもチャットレディの大きなメリットです。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

あるある⑧ どうせ見えないから「ノーパン」「ノーブラ」

ノンアダルトのチャットレディは、仕事中も普段着が基本。
衣服で「手抜き」する人が多いです。

なんと「ノーパン&ノーブラ」が約3割。

「カメラ越しならバレない」
「ルームウェアは下着みたいなもの」

そんな意見が目立ちました。

ただ、飲み物を取りに行くときや、トイレに立つときは要注意。

意図せずセクシー」にポロリしてしまう体験談が多いです(笑)

カメラに映らないので、

「何も履いてなかった」
「ノーブラなのを忘れてた」

という風に「うっかりミスでアダルトなサービスを提供してしまう」人も多数。

他人事なら笑えますが…「モロ出し」は規約違反です。ご注意ください。
関連記事はこちら

あるある⑨ ストーカーみたいなメールが大量に届く

一線を超えた男女関係は、どうしても愛憎がこじれやすいもの。
ネット上の関係や接客業は、特にそのリスクが高いです。

チャットレディも例外ではありません。
常連客から逆恨みされたり、一方的に感情をぶつけられたり…

「毎日数十回の着信」
「ブロックしても別アカでコンタクトしてくる」
といった体験談も多数ありました。

ストーカー気質の男性からは、キモイメールが大量に届いたりします。
メンタルを病んでしまう人もいるかもしれません。

ただ、迷惑行為は必ずしも疲れるだけのトラブルではありません。

チャットレディは「疑似恋愛」を提供するサービスです。
ネットを通じて、恋愛感情を抱かせることに成功したなら、あなたに才能がある証拠。

ストーカー行為は「あなたの魅力に取りつかれている」男性の敗北宣言に他なりません。

キモイメールは無視して、自信をもって稼ぎ続けましょう♪

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

あるある⑩ 金銭感覚が激変する

  • チャットレディで稼げる人ほど、お金で失敗しやすい
  • 普通の仕事には戻れなくなる
  • 買い物依存症になるリスクが異常に高い

インタビューの際、ライブチャット運営会社の方からそんな話を聞かされました。
実際に体験談を見ても、

  • 収入に比例して無駄遣いが増えた
  • 同年代の女性より倍は稼げてるけど、貯金ゼロ
  • 以前は興味のなかったブランド品に手を出すようになった

そんな口コミが目立ちます。

人によっては「驚くほど簡単に稼げてしまう」チャットレディのお仕事。

金銭感覚がマヒしてしまうのも仕方のない話かもしれません。
定期預金を活用するなどして、無駄遣いの予防に努めましょう。

その他のデメリットはこちらにまとめました。

おすすめの求人情報一覧はこちら

口コミ・評判・体験談はこちら!

◆ 文/メールレディ・ハピ編集部:hitomi
最終更新日:2022年8月12日

※メールレディハピは、株式会社ユーテックの登録商標です【登録商標 第6293416号
在宅・テレワークに関する相談窓口はこちら

関連記事